07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

La Giostra(札幌市中央区) 

前回に続いてラ・ジョストラ、今回はジェラートではなく本店のバールへ行きました。
場所はジェラートのラ・ジョストラのすぐ近く、狸小路7丁目にある狸スクエア内です。
この狸スクエア、下町っぽい雰囲気ではありますが、このラ・ジョストラをはじめ気になる店が集まっています。
他の店もそのうち行ってみたいと思っているのですが、それは置いといてラ・ジョストラ、こちらもジェラテリア同様、イタリアらしさに拘った店で、メニューもイタリアのバールっぱくアルコールとコーヒー主体で、食事はアンティパストが殆どです。
店内は狭く、立ち飲みのカウンターとテーブル席があって、立ち飲みだとメニューによって50円~100円安くなります。

このときは二人で食事に行ってここで3軒目のため、軽くアンティパスト2種くらいをつまみながらビールって感じでいただきました。
立ち飲みの方が安いんだよなと思いつつも昼からかなり歩いているため、今回はテーブルに着席で。
まずはビールで乾杯。
ビッラ・モレッティ(GRANDE・900円)です。

lgstr-brmrtg.jpg

私も連れもワインが好きなのでこの手の店だといつもは泡のワインを頼むことが多いのですが、この日は暑いのもあってビールな気分だったのと、モレッティの瓶は飲んだことがあるものの、生ビールは初めて見るなと思い、モレッティを選択しました。
プレーンな味わいの比較的軽めなビールで、食前酒でも食事にも良く合うと思います。


それでは食事。
まずはパスタフリッタ(500円)。

lgstr-pstfrt1.jpg

lgstr-pstfrt2.jpg

lgstr-pstfrt3.jpg

パスタにツナとリコッタチーズを詰めて揚げたものが6個。
衣はスパイシーで、マイルドなツナ、チーズにうまく合っていてビールにとても良いおつまみです。
添えられた生パセリも好いスパイスになっています。
東京のアンビグラムでもツナを使ったアンティパストを食べましたが、イタリアンってツナの使い方が上手いなと思います。


続いてパスタメニューからボローニャ風ラザニア(780円)。

lgstr-blnlsn1.jpg

lgstr-blnlsn2.jpg

lgstr-blnlsn3.jpg

3種類の豆とジャガイモが入ったラザニアで、なんとなくイタリアの家庭料理っぽい雰囲気のものです。
ミートソースの挽肉が大きめで、カップヌードルの謎肉っぽい食感です。
パスタ自体はもうちょっと固めの方が好みではありますが、トータルではなかなか美味しく、私も連れも豆が使われたヨーロッパの家庭料理っぽいものが好きなのでこれは結構気に入りました。

こんな感じでしっかり食事した訳ではなく軽く食べて飲んだだけでしたが、これが本来のバールの使い方なんじゃないかと。


いつもはとても混む店らしいのですが、この日は入った時間が閉店に近く遅かったからか他に一組の客がいるだけでした。

lgstr2.jpg

lgstr1.jpg

他に食べてみたいものが沢山あったのですが、それらはそのうち再訪してからと思います。
2017/07/29 Sat. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

GELATERIA ITALIANA La Giostra(札幌市中央区) 

さて、フローズンヨーグルトソフトクリーム居合を記事にしたところでまた札幌の話に戻ります。

狸小路7丁目にあるラ・ジョストラへジェラートを食べに行きました。
7丁目の端っこでこの界隈の老舗、う月食堂(そう言えばまだ入ったことないな)の隣なので場所はすぐわかるかと思います。
このラ・ジョストラですが、同じ名称の店がすぐ近くにもう一軒あり、元の店は其方の方でジャンルはバールです。
元々はそこでジェラートを提供していたとのことなのですが、去年別に専門店を出したようです。
実はこの店も炎屋同様に何度か食べに行っていて写真も何度か撮っていたのですが、そのうち記事にしようと思いながら機会がなく、5月に再訪して今回やっと記事にできました。

この店、14時~0時半まで開いていて、おやつにちょっとジェラートを食べたいとか、夜に酒の後の〆に食べるなんかにも使えます。
中は長椅子に数人座れるだけの小さな店なのですが、結構人気があって特に日中はいつもそれなりに客がいるイメージです。
ジェラートは日替わりで概ね6~8種類くらいの日が多いでしょうか。
イタリアで学んできた本格的なジェラートらしくフレーバーもイタリアンなものが殆どで、抹茶等の日本的なものは扱っていません。
値段も円ではなくユーロ表記(1€=100円なのでわかり易くなっています)で、店内のBGMもイタリアのラジオ放送、ジェラートの他にエスプレッソやイタリアのワイン、ビールもあったりと、なかなか拘っている店です。

この日のジェラートは6種類。
その中から気になるものをカップで2フレーバー×2の4種類を食べました。
MEDIO(2フレーバー)(460円)でまずはアマレーナとピスタッキォ(+80円)。

gilgstr-amrn-pstc.jpg

ピスタッキォはプレミアムフレーバーになるので80円追加です。
上がアマレーナ、下がピスタッキォです。
以前紹介したことのあるソッリーゾのように綺麗に左右に盛ってくれると両方同時に楽しめるのと、写真映えもするのですが、これは店員さんにもよるのでしょうか?
まずはアマレーナ。
チェリーのシロップ煮×ミルクで、チェリーはとても好きなフレーバーなので迷わず選びました。
チェリーを使ったものは殆どがそうなのですが、これも美味しいけれどミルクが強く、チェリーの風味は淡い感じです。
特に下のピスタチオの風味が強いため、余計にそう感じるのかもしれません。
それとピスタッキォ。
こちらは結構強いピスタチオの風味が出ていて、滑らかさもありかなり上質なピスタチオジェラートかと思います。


もう一つもMEDIO(2フレーバー)(460円)で、今度はスペチャーレ(+80円)とメンタ チョコラータ。

gilgstr-spcl-mntcclt.jpg

スペチャーレは内容は決まっていなく、日替わりのスペシャルジェラートになります。
こちらもピスタッキォ同様、プレミアムフレーバーで80円追加です。
この日のスペチャーレはスフォリラテッラ。
パイ生地の中にリコッタチーズ、カスタード、オレンジピールが入った南イタリアの菓子で、それをジェラートで表現したものです。
リコッタチーズの風味の中にパイのサクッとした食感とオレンジピールのアクセントが美味しく、スペシャルらしい完成度です。
メンタチョコラータはわかり易くいうとチョコミント。
刺激の強いミントではなく、ベースは甘さが結構あって後味に優しいミントの爽やかさが感じられるような味わいです。


ジェラートを食べた後に目に付いたものが。
この店ではジェラートの他にホールのアイスケーキもあるのですが、それらが保存されている冷凍庫の中に美味しそうなものがあって食べてみました。
ジェラート アル カンノーロ(650円)です。

gilgstr-gltacnl1.jpg

gilgstr-gltacnl2.jpg

gilgstr-gltacnl3.jpg

シチリアの伝統菓子、カンノーロをジェラートで再現したもので、パスタ生地で作ったパイの中にピスタチオのジェラートが詰まっています。
パイは堅めでパスタ生地がベースだからか香ばしく、食感も独特です。それにピスタチオのジェラートがとても合っていて、値段は結構高めではありますがこれは美味しいなと思えるものでした。
あと、これ-20℃で凍らせているためかなり固く、数分置いてから食べた方が良いかと思います。

かなりイタリアに拘った店でどれも美味しく、特にジェラートは先ほど名前が出たソッリーゾとここが札幌では2強じゃないかなと思える質の高さです。
因みに以前食べに行った際、イタリア人らしい男性が一人でピスタッキォを1フレーバーで食べていたのを2度ほど見たことがあります。
そんな風景もイタリア的だなと。

gilgstr2.jpg

gilgstr3.jpg

gilgstr4.jpg

gilgstr1.jpg

札幌へ行った際にはまた立ち寄りたいのと、この店にはジェラートじゃない本来のスフォリラテッラも扱っているので、今度はそれをワインと一緒に食べるのもいいななんて思っています。
2017/07/26 Wed. 01:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

風の恩恵 

20170723.jpg

今日の昼に居合の稽古に行きました。
ここのところ週末は続いて用事が入ってしまい、約一ヶ月振りの稽古になります。
旭川では今のところ週末しか稽古できないため週末に何かあると暫く間が空いてしまい、どうしても稽古不足になりがちです。

さて、連日暑い日が続いていて今日も30℃近い気温だからなのか、心なしか体育館も空いているように思います。
それもあってか今日も貸切状態の第4体育室でした。
そんな暑さの中、体育館の中は冷房は入っていないようですが、外よりは暑さは感じません。
それでも結構暑いのですが、有難いことに工場扇が置かれていたので風力を“強”にして稽古しました。

刀礼後、まずは素振りと抜刀、基本を長めにやりましたが、暑さで体に力があまり入らないせい?か良い感じに脱力できているような気もします。
ただ、暑いと残心や納刀が雑になりがちなのでそこは気を付けなければと思いました。

その後は形をやったのですが、やってるうちに段々汗が出てきます。
稽古着って風通しは良いのですが、生地は厚めなので流石にこの時季は暑いなと汗
最後に形を20本、間の取り方や形と形の間の立ち位置等、集中してやってみました。
今日はそんな感じで終了。
暫く稽古できていなかったのですが今回は刀を重く感じることもなく、漸く躰が戻ってきたのでしょうか?
でも出来はあまり良くないので今後もできるだけ続けて稽古しなくてはな、と思います。
2017/07/23 Sun. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

旭山公園売店 Shop Asahiyama Park(旭川市東旭川町) 其の三 

札幌ネタをいくつか続けて記事にしようかと思っていたのですが、ちょっとタイムリーなネタを先に紹介します。
先月紹介した、メガ盛りのソフトクリームが食べられる旭山公園の売店を再訪しました・・・と言っても先月、今月と数回食べに行ってるんですけどね。
どちらも目当ては期間限定のソフトクリームです。

まずは6月の限定でチョコレート。
毎回ですがメガ盛りでいただきました。
メガ盛りチョコソフトクリーム(420円)です。

sashymp-mgcsc1.jpg

sashymp-mgcsc2.jpg

チョコレートは人気商品だそうで、6月の他、10月にもやるそうです。
濃いめの色ですが味も色のイメージと同様で、しっかりとしたチョコレートの風味が感じられます。
ソフトクリームに多いミルクチョコな感じではなくて、ビターなチョコって味わいでなかなか美味しく、人気があるのも納得なチョコソフトかと。


それと今月のものを。タイムリーというのはこちらの話になります。
今月はフローズンヨーグルトソフトクリームで、これは美味しそう!と、始まってすぐに食べに行きました。

フローズンヨーグルトソフトクリームのメガ盛りソフト(420円)です。

sashymp-mgfysc1.jpg

sashymp-mgfysc2.jpg

ソフトクリームには珍しいヨーグルトのフレーバーです。
こちらは日世が新しく開発したフローズンヨーグルトミックスを使ったもので、これまでもヨーグルト風味のソフグルトミックスはあったのですが、規格がラクトアイスのソフグルトとは違い、植物性乳酸菌(ラブレ菌)が入っていて種類別名称がはっ酵乳(殺菌)となっています。
これ、実は結構画期的な商品かと。
食感はとても滑らかで軽め、ヨーグルトの味わいがとても美味しく、ヨーグルト独特の酸味もしっかりと感じられます。
かなり気に入ってしまいメガ盛りをお代わりしたのと、その数日後また食べに行ってしまいました。

ただ、残念なことがあって、写真ではとても上手に巻かれているのですが、とても柔らかくてすぐに傾いてしまい、この店の売りである真っ直ぐ綺麗に巻かれたメガ盛りができないため現在はメガ盛りをやっていないのと、数量も少なくあと数日で終わってしまうとのことです。
かなり美味しかったので残念ではありますが、この柔らかさのせいか滑らかさがある上に絶妙なオーバーランとなって、味も食感も見事な出来になっていました。


それともう一つ、フローズンヨーグルトのシリーズで、アップルヨーグルトワッフル(400円)をいただきました。

sashymp-ayw1.jpg

sashymp-ayw2.jpg

こちらは手焼きのワッフルにフローズンヨーグルトソフトクリーム、それに林檎のジャムがかけられています。
林檎は果肉がたっぷりで、林檎の香りと酸味もあってヨーグルトととても合っています。
ワッフルのサクッと感も好いアクセントとなっていて、シンプルながら完成度の高いものになっていると思います。

この店では月替わりで限定のソフトクリームを出していて、来月は生メロンパフェ、9月が抹茶、10月が再びチョコレートとのことなのですが、このままヨーグルト続投でいいんじゃないかってくらいに美味しいと思いました。


sashymp1707.jpg

美味しいソフトクリームが食べられるのと、近隣の美味しい店の情報やソフトクリームのマニアックな話も楽しいので、来月以降も限定ものを食べに再訪しようと思っています。
2017/07/20 Thu. 02:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

炎屋 榮焼鳥商店(札幌市中央区) 

ちょっと日が空きましたが今度は札幌での話を。
北一条西10丁目の炎屋(ほむらや)へ行きました。
ここ、かなり前と言うか開業時から知っている店で、数年前から記事にしようと写真は撮っていたのですがなかなか機会がなく、写真も没になってしまったことがあります。
今回は5月に再訪したときの話で、今度こそ記事にしようと漸く日の目を見た次第です。

実はここ、私が大好きな洋服のブランド「ヨウジヤマモト」の元スタッフで、当時私を担当してくれた方がヨウジを辞めて起業した店になります。
ヨウジヤマモト、系列のY’sともに担当の方が何人か変わりましたが、この方との付き合いが一番長かったと思います。
当時は単に“炎屋”という名前でしたが、現在は“炎屋 榮焼鳥商店”と名前を変えたようです。
札幌に住んでいた頃は何度か行ったことがあるのですが、根室に引っ越して以降は足が遠のき、数年前に再訪したときには失礼ではありますが正直もう店はないと思っていたので、ちょっと感激しました。
そのときは久々に訪れたものの、驚いたことに私の顔だけじゃなく、名前まで憶えていてくれました。
私、昔からほとんど容姿は変わっていないと思いますが、それでも会うのは10年近く経っています。
客商売の方の記憶力は凄いなと思いました。

さて、それでは5月に行った際の話です。
店内は開店当時と変わっていなく、広めのスペースに正面がカウンター、左に小上がり席、中央と右はテーブル席となっています。
今回は身内と二人で行き、右の壁側にあるカウンターに近い二人掛けのテーブル席に座りました。と、言うかこの席にしか座ったことないです。

前置きが長くなりましたが、注文を。
まずはビールで乾杯。
キリン一番搾り生中ジョッキー(400ml)(432円)、それとお通し(席料込みで324円)。

hmrysys-nb_ots.jpg

-- 続きを読む --
2017/07/14 Fri. 01:00 | trackback: 0 | comment: 3edit