09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ファームレストラン千代田(上川郡美瑛町春日台) 其の二 

先日のソフトクリームの記事の続きです。
11時を過ぎたのでレストランへ入ることに。
このレストランはびえい和牛を使った料理がメインで、ステーキや希少部位のグリルなど魅力的なものもあるのですが、4千円~6千円と結構な値段なのと、それよりもこの日はハンバーグが食べたかったのでびえい和牛のハンバーグを頼むことに。

びえい和牛100%のてごねハンバーグ(ライス又はパン付き)(1,980円)です。

frcyd-tgnhbg1.jpg

-- 続きを読む --
2017/10/10 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

ファームレストラン千代田(上川郡美瑛町春日台) 

先月のことで美瑛にあるファームレストラン千代田へ行ってきました。
美瑛の街中から車で15分前後かな?結構離れていて、車じゃないと行けない場所にあります。
このときはランチで行ったのですが、11時の開店ちょっと前に着いてしまったのでレストラン隣の売店でソフトクリームを食べて待つことに。
ここではレストランに併設された牧場のジャージー牛から絞った牛乳で作られたソフトクリームをいただくことができます。

ジャージー牛乳ソフトクリーム(350円)です。

frcydbt-sc1.jpg

frcydbt-sc2.jpg

ジャージー牛は乳量が少ないため、ジャージー100%のソフトクリームはなかなか食べることができなく貴重なソフトクリームかと。
フリーザーはカルピジャーニ、コーンは日世のワッフルコーンを使用しています。
牧場のソフトクリームながら洋菓子店に多く見られるオーバーランが高めのふわっとしたホイップクリームのような食感ですが、軽いのにコクがあるのは流石ジャージー牛乳かと。
甘さも結構ありますが、優しい感じがするのはてんさい糖や安定剤にいなご豆ミックスを使用しているからでしょうか?
思わぬ場所になかなかレベルの高いソフトクリームがあるものです。


この日は天気が良いからか結構人がいて、多くの客がソフトクリームを食べていました。

frcydbt.jpg

レストランが目当てだったのでソフトクリームを食べただけに留めましたが、この売店、びえい和牛100%のハンバーガーや同じくびえい和牛のフランクフルトサンド等なかなか魅力的なメニューもありました。
特にハンバーガーは機会があれば是非食べてみたいと思います。
2017/10/05 Thu. 00:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

自由軒(旭川市5条通) 

暫く家を空けていて久々の更新になります。
ネタがかなり貯まっていて記憶が薄れる前に記事にしなければと思いながらもなかなか更新出来ずにいますが、年内にはなんとか全て消化したいと考えています。

さて、7月に遡りますが平和通買物公園沿い(実際にはちょっと奥に入りますが)にある自由軒へとんかつを食べに行きました。
1949年創業の老舗の定食屋で、旭川では元々有名な店のようなのですが、テレビ番組の「孤独のグルメ」で取り上げられたことから現在は全国的にも有名な店なのではないでしょうか。

このときは仕事帰りに寄ってとんかつを食べに行きました。
事前にネットで調べてとんかつが美味しそうだったのと、看板に焼肉 とんかつとあるだけあって、これは期待できそうです。
店内はそんなに広くはなく、カウンターが7席、4人掛けのテーブルが3と2人掛けのテーブルが1となっています。
ただ、その他に2階にも席があるようで、こちらは宴会にも使えるみたいです。

メニューは結構バラエティに富んでいて気になるものもいくつかある他、孤独のグルメで井之頭五郎が頼んだものに因んだ五郎セットなんてものまでありましたが、ここは迷わずとんかつを。
とんかつ ロースかつ 味そ汁・ライス付(1,400円)です。

jykn-rkts1.jpg

jykn-rkts2.jpg

jykn-rkts3.jpg

そこそこ厚さのあるロースかつで、衣は細かいパン粉が薄く付いていて、色は濃いめにカリッと揚がっています。
そのせいか、網なしで直接皿に置いているのに底がふやけないのが好いなと思います。
肉は芯が微かに赤く、絶妙な火加減なのが見事です。
火加減もですが油切れも良くて衣の剥がれもなく、とても上手な揚げ方だと思います。
塩と胡椒は適度に利いていて、ソースなしでも十分な美味しさの塩加減なのと、肉もロースらしく脂身が適度にあってしかも美味しいのがこれまた好いなと。
ポテトサラダはマカロニも入っていて、キュウリやニンジン、卵が大きめに切られているのが特徴でこれもなかなか好いのと、キャベツも瑞々しくて美味しいと思います。


ライス、味そ汁、漬物。

jykn-rkts4.jpg

jykn-rkts5.jpg

jykn-rkts6.jpg

ご飯は柔らかめ。何軒か旭川市内の飲食店を食べ歩きましたが旭川ってご飯が柔らかめな店が多いなって印象です。
固めなご飯が好きな私としてはちょっと残念ではありますが、こっちではその方が好まれるのでしょうか?
味噌汁は写真ではわかりませんが小さく切られた豆腐とネギのみのシンプルなもので、出汁が強く出ていて家庭的な味わいが好印象です。
漬物はご飯が進むくらいの適度な塩加減でこれも結構好みでした。

以上です。流石は看板にとんかつと掲げている老舗の人気店だけあって、とんかつ専門店ではないのに旭川ではトップレベルの美味しいとんかつだと思います。


jykn2_20171001233607bea.jpg

jykn1_20171001233608d08.jpg

古い店ですが、気さくな店主に美味しい料理で常連客が多いのも納得なのと、テレビの影響がまだ大きいのか観光客も結構来るようでなかなかの人気店です。
実はもう何度か通っていてロースかつ以外にもいろいろ食べていまして、まだ先になりますがそのうち再訪記事を紹介するつもりです。
2017/10/02 Mon. 22:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

FUKUYOSHI cafe 旭橋本店(旭川市常盤通) 其の二 

昨日に続いて福吉カフェ。
昨日の記事でまた立ち寄ったら記事にするかもなんて書きましたが、早速です。
と言ってもこれもは4月のことでして、このときはソフトクリームが目当てで行きました。

牛乳ソフトクリーム 3.5巻(330円)。

fkyscfah-gsc1.jpg

fkyscfah-gsc2.jpg

カップとコーンが選べてコーンにしました。
因みにこれは3.5巻となっていますが、2.5巻のちびっこソフト(250円)も選べます。
興部町のパインランドファームの生乳で作られた無添加のソフトクリームとのこと。
コーンは日世のNo.1フレアートップコーン、店の奥で作って出てくるのでフリーザーは不明ですが、滑らかさの中に微かなシャリっと感があるのは日世でしょうか?
ゆるめでさっぱりした食感、その中に甘さが結構強く感じられ、練乳的な味わいのソフトクリームです。


6月に再訪してまたソフトクリームを食べましたが、このときはカップにしてみました。

fkyscfah-gsc3.jpg

カップは福吉らてに使われているものと同じもののようです。
ところでこれ、4月に食べたときには300円だったのですが、6月には330円に値上げされていました。
ちびっこソフトは200円→250円なので結構な値上げかと。


fkyscfah4.jpg

fkyscfah3.jpg

ここのソフトクリーム、どうやら冬もやっているようです。
殆どの店がソフトクリームは10月くらいまでで終わってしまうのでこれは嬉しい点です。
2017/09/21 Thu. 01:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

FUKUYOSHI cafe 旭橋本店(旭川市常盤通) 

ここのところ週末はほぼ用事があるのと、平日も帰宅が遅いためブログの更新が滞りがちになっています汗
週末に予定が詰まっているので居合の稽古には行けてない状態が続いているのですが、反面食べ歩きネタはどんどん貯まっていて早く記事にしなくてはなんて思っているところです。

さて、今回は6月頃の話。旭橋すぐにある福吉カフェへ行ってきました。
週末の散策に旭橋はよく歩くのですが、そのすぐ傍にあるカフェなので結構行く機会があります。
このときは休憩がてら軽くお茶でも~と立ち寄りました。
この店、福居製餡所と茶舗の吉川園、それとライナーの編集者によるコラボプロジェクトとして誕生したカフェとのこと。
餡子とお茶がメインの和風なカフェになります。

店内は2人掛けのテーブルが4のスペースと8人掛けの大きなテーブルとカウンター席のスペースに分かれたような造りで、席数はそこそこあるけれど店内が結構広く、それから考えると贅沢にスペースを使っているように思います。
空いているテーブル席に座り、メニューでもおすすめになっているトキワ焼きと福吉らてを頼みました。

まずはトキワ焼きですが、一番スタンダードなつぶあんを。
トキワ焼き つぶあん(230円)。

fkyscfah-tkwykan1.jpg

fkyscfah-tkwykan2.jpg

この店オリジナルのおやきで、パイのような生地を使ったクロワッサンたい焼きのようなイメージのものです。
かなり独特な形をしていて、何だろう?と思ったら旭橋の形とのこと。
中の餡は美瑛町産の小豆「しゅまり」で作られたもので、軽めですっきりした甘さが感じられます。
生地はバターの香りとパリッとした食感があって、しゅまりの餡とも合っていてなかなか美味しいものかと。


もう一つ、日向夏カスタード(250円)。

fkyscfah-tkwykhc1.jpg

fkyscfah-tkwykhc2.jpg

夏の期間限定となっていたので今はもうないかもしれません。
生地はつぶあんと同じものですが白ゴマがトッピングされていて、中はカスタードクリームに宮崎産日向夏の果肉とピールが使われています。
かなり甘いカスタードで、その中に蜜柑の風味が感じられます。
カスタードが粉っぽく感じられるのが残念なところですが、日向夏が美味しくていかにも夏らしい味わいかと思います。


それとドリンクで福吉らて(420円)。

fkyscfah-fkyslt.jpg

ホットとコールドがあって、コールドにしました。
ドリンクは他にも抹茶や抹茶らて、しるこなんかもありますが、ここはやはり店名が付いたこの店の看板メニューかな、と。
この福吉らて、上から宇治抹茶、北海道牛乳、美瑛産しゅまり小豆のつぶあんの3層となっています。
要は抹茶ラテにつぶあんという構成です。
抹茶がしっかりとした味で流石は茶舗だなと思うのと、抹茶の苦さにミルクのコク、餡の甘さのバランスが美味しく、思ったよりドリンクとしてうまくまとまっています。


店はこんな感じ。

fkyscfah2.jpg

fkyscfah1.jpg

大正14年頃に建築された旧北島製粉所をリノベーションした建物で、函館にはこの手の古い建物を活かしたカフェは多いのですが、旭川では珍しいかなと思います。

トキワ焼きの他にもキーマカレーやワンプレートのランチなんかの食事メニューもあり、カレーはつぶあんを隠し味に使っているとのことでちょっと気になるところです。
また何かの機会で立ち寄ったら他のものを食べてまた記事にするかもしれません。
2017/09/20 Wed. 00:30 | trackback: 0 | comment: 0edit