05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

高砂明治酒蔵直売店(旭川市宮下通) 

ここ数日すっかり暖かくなってきたので、冬の記事はちょっと後回しにしてここ最近のことを。
ソフトクリームを食べに高砂酒造へ行ってきました。
実は去年も何度か食べに行って写真も撮っていたのですが、記事にしそびれて年を越してしまったので今回あらためて写真を撮って、やっと日の目を見ることになりました。

旭川、実は酒処でして、男山や高砂酒造がある街です。
今回紹介する高砂酒造は前身の小檜山酒造店からだと明治32年創業の老舗です。日本酒だと国士無双が有名でしょうか。
場所は駅から歩いて10分~15分くらいかな?駐車場があるので車でも問題ありませんが、歩けなくもない距離です。
ここでは各種日本酒や酒器、オリジナルグッズの他にソフトクリームとアイスクリームも扱っています。

さてそのソフトクリーム、酒蔵だけに普通のミルクやバニラじゃなくて酒粕入りのものになっています。

酒粕ソフトクリーム(350円)。

tksgms-sksc1.jpg

tksgms-sksc2.jpg

紋別郡興部町にあるノースプレインファームのソフトクリームをベースに大吟醸酒、旭神威の酒粕を使ったものになります。
フリーザーはカルピジャーニで食感はとても滑らか。やや軽めですがオーバーランが高過ぎるって程ではなく、適度な感じかと思います。
そして味も甘さは結構強いのですが、砂糖の甘さではなく酒粕の甘さがちゃんと感じられるものになっています。
酒粕の風味が強すぎない程度にちゃんと主張していてとても美味しいソフトクリームです。
ちょっと面白いのがコーン。スリーブは日世なのですがコーン自体は守山乳業のファイントップコーンです。


tksgms3.jpg

tksgms4.jpg

中は売店の他、結構席数があって広い休憩所もあります。


おまけで、入口にある鹿威し。

tksgms5.jpg

日本酒を造る際に使う仕込み水で自由に飲むことができます。


tksgms2.jpg

tksgms1.jpg

建物の奥には資料館もあるのですが写真撮ってなかったというか、今回入るの忘れていました苦笑
ここのソフトクリームはまた食べに行くつもりなので、次回は中に入るつもりです。
2018/05/31 Thu. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

cantine SEL(札幌市中央区) 

前回の記事でちょっと触れた、その土曜日の夜のことを。
狸小路5丁目にあるカンティーヌ・セルへ行ってきました。
この店、記事にするのは初めてなものの今回で3回目なのですが、最初はどこか軽く飲むのに良い店はないだろうかと大通り~すすきのを歩き回っていてなんとなく目に入った店です。
と、言ってもビルの3階に入っている地味な店で目立つ看板などがある訳でもなく、本当にたまたま目に付いてピンと来て入ったら思いの外好い店で再訪し、3回目の今回は予約して二人で行った次第です。

店主が一人でやっている、カウンター6席とテーブル12席の小さな店でジャンルとしてはビストロになるのかな?
メニューの食材は肉、魚、野菜、チーズも道産のものが主体で、料理もワインも結構リーズナブルだったりします。

さて、この日予約したのはメニューの中に予約限定の食材があって、それが目当てだからです。
その食材は北海道産ウサギ。
1羽仕入れてもらって料理は1品だけの注文でも良いのですが、折角なのでこれをお任せで3種類の料理にしてもらいました。

ワインはグラスやボトルもありますが、グラス3杯、5杯、8杯から選べるおまかせワインsetもあって今回はそれを。
おまかせワインset 5glass(2,950円)にしました。
最初は泡。

cntnsel1805-5g1.jpg

銘柄は聞きませんでしたが、辛口の泡でどちらかというと黒ブドウ系の味かな?と思いました。
なかなか美味しいスパークリングです。


それでは料理。

-- 続きを読む --
2018/05/30 Wed. 01:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

ゴジラポケモン凛音 

去年の食べ歩き記事がまだ残ってはいるのですが、今回はちょっと週末のことを。
いくつか目的があって札幌へ行ってました。
まず一つが映画。土曜日の朝一番でアニメのゴジラ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を観ました。
これ、去年公開された前作を観に行ったのですが、2016年のシン・ゴジラが私の中では傑作過ぎて次作のハードルがかなり上がっていたのとアニメーションってことでこれはダメだろうと期待せずに観たのですが、意外に面白かったのと、エンディングで判明したまさかの3部作ということで、続編を観なくてはと行った次第です。
あまり書くとネタバレになるので控えますが、今作はメカゴジラをそんな風に使うのか、ってのと自作はやっぱりあれが出るかーってところでしょうか。
グッズも前作ほどではないもののいろいろ売っていて、今回はアクリルジオラマを入手しました。

201805-godzilla.jpg

5㎝程度のアクリルのベースにガチャガチャサイズのフィギュアが乗ったものです。
こんなので850円もするのかとは思いましたが、折角の機会ということで。
3作目は今年の11月とのこと。次も勿論観に行くつもりです。


映画を観た後は12:00~15:00までポケモンGOで大通公園へ。
この日は月に一度のコミュニティデイで、今月はヒトカゲが大量発生します。
ただ、残念ながら雨で天候ブーストがかからないせいもあってか、全然大量発生してくれません涙
運が良ければ色違いもゲットできるのですが、3時間粘って色違いは2匹のみ。
流石札幌でかなりやっている人がいましたが、周りでも出てないなーなんて声が上がっていてちょっと盛り下がったイベントになってしまいました。
ただ、この日はレイドバトルでホウオウが再登場。
タイミング良く大通公園に出現したのでやってみたらまさかの一匹目から色違いゲット嬉
翌日は天候ブーストがかかって高CPのものが出ていたのですが、なんとブースト+個体値100%の個体をゲット驚

SS_houou1.png SS_houou2.png

ヒトカゲは今一つでしたが、こちらはかなりついている週末となりました。


その日の夜は最近見つけたフレンチの店~ビストロになるのかな?~を予約して食事に行ったのですが、こちらは近日中に記事にしたいと思います。

で、日曜日。
タワーレコードへ 吉田凛音のインストアイベントを観に行きました。
吉田凛音、私が最近注目している札幌出身の17歳の高校生ラッパーです。
最近アルバムが発売されて購入すると特典でイベントに参加できるということで、以前札幌へ行った際にタワーレコードでCDを入手しておきました。
ゴジラやポケモンもありますがこれが週末のメインです。
開始30分くらい前に着いたのですが、既にかなりの人が・・・こんなに混むとはちょっと甘く見ていたかもです汗
本人の到着が遅れたせいで公開リハーサルをやってそれから本番と、ちょっと長く観られたのはラッキーでした。
20分程度ではありましたが生で観られたのと、生で見たかった「パーティーアップ」も聴けて大満足なイベントとなりました。


曲はこんな感じです。




それとスマホの写真ですが会場の様子。

20180520-tr-rinne.jpg

終了後はツーショット撮影かCDにサインかを選ぶことができて、ブログ的には写真かなとも思いましたがサインを選びました。


さて、写真で彼女が持っているドリンクは、上の階にあるタワーレコードカフェで提供しているこの日限定のコラボドリンクで、この日のみならということでいただいてみることにしました。

5月20日限定 特典付イベントドリンク 吉田凛音(500円)です。

20180520id1.jpg

20180520id2.jpg

イチゴミルクのドリンクにホイップクリームと冷凍のミックスベリーがトッピングされています。
特典は一緒に写っている缶バッジで、私、実は以前ちょっと紹介したダムカードの他、ポストカードや缶バッジもコレクションしているので地味に嬉しかったりします。

こんな感じのかなり盛りだくさんな土日で、久々に充実した週末を過ごしました。
2018/05/21 Mon. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

梅光軒 本店(旭川市2条通) 

連休を挟んでまた更新が滞ってしまいました汗
旭川はすっかり暖かくなり、春よりは初夏に近くなりつつありますが、このブログではまだ冬のネタが残っていて今回は1月のこと。
夜に駅方面へ行った際に梅光軒へ行ってみました。
普通のラーメンとしてはみづのに続いて旭川に来て2軒目となります。
旭川はラーメンの街ってイメージで、ラーメンの店はかなり多いと思いますが、ここはそれらラーメン店の中でも特に有名で、旭川に3店舗の他、札幌、東京、千葉、沖縄、さらに海外5ヶ国にも展開しています。
函館のあじさいのような立ち位置でしょうか。
勿論、店舗数は梅光軒の方が圧倒的に多いですけれど。

店は買物公園内のビルの地下1階で中は奥に細長い造り、カウンター12席に4人掛けテーブルが4となっています。
中華料理店ではなくラーメン屋って感じでメニューはほぼラーメンのみ。
基本は醤油、塩、味噌の3種類でそれにそれぞれバター、野菜、チャーシューのバリエーションがあります。
今回注文したのはやっぱり旭川ということで醤油、あとは初めてなので基本的な醤油にしました。

醤油ラーメン(760円)です。

bkkht-syrm1.jpg

bkkht-syrm2.jpg

bkkht-syrm3.jpg

醤油ラーメンというと濃いめで澄んだ感じのスープをイメージするのですが、この店のは一見味噌ラーメンのような明るめで濁ったスープです。
豚骨、鶏ガラのスープに煮干し、昆布のスープをブレンドしたものとのことで、この動物系と魚介系のWスープは旭川ラーメンの特徴とのことです。
味は醤油が強めですが、Wスープだけあって旨味も感じられます。ただ、塩がちょっときつめでしょうか。
麺は縮れていてコシがあり、食べ応えがあってなかなか好印象です。
その上に大判で厚めに切られたチャーシューが2枚、太めなメンマ、厚めに切られてたっぷりのネギとこれらも存在感があってなかなか好く、特に大きなメンマが気に入りました。
スープ、麺、具材とそれぞれに主張がしっかりしているラーメンって印象です。


店はこんな感じ。

bkkht3.jpg

bkkht2.jpg

bkkht1.jpg

壁にずらっと並べられたサインが特徴的と言うか、有名店らしいなと。

私はラーメンって殆ど食べることがないのですが、折角旭川に住んでいるんだから他の旭川ラーメンも食べてみようかなと思うのと、醤油だけじゃなく塩や味噌、特に塩ラーメンは函館のものとどう違うのかなと気になります。
2018/05/17 Thu. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

洋食とcafé じゅんぺい(上川郡美瑛町本町) 其の三 

昨日から更に遡って11月初めのまだ雪が降る前のこと。
これまでに2回紹介した美瑛町のじゅんぺいでとんかつを食べた話です。
前回の記事でとんかつ定食の松がいつ行っても品切れで全然食べられないと書きましたが、このときは肉の入荷に合わせて行くようにし、しかも事前に予約までしました。
それでもこの日は一人前しか用意できないとのことで、友人と二人で行ったのですが今回は譲ってもらうことに。
当日ではありますが開店前に連絡したんですけどね・・・本当に用意できる数が少ないようです。

それではとんかつ定食(ロースかつ)松 250g(1,580円)です。

junpei-tktsm1.jpg

竹の定食と同様でロースかつ、ライス、みそ汁、サラダ、辛子茄子の構成です。


ロースかつ250g。

junpei-tktsm2.jpg

junpei-tktsm3.jpg

前回の竹も結構な厚さがありましたが流石は限定の松、さらに肉厚なのと脂身も多めです。
竹よりも50g多いけれど大きさはそこまで差がないように見えるので、ほぼ厚さの差になるのかな、と。
前回も書きましたが自家製の生パン粉を使っていて、薄く付いた衣は濃いめの色に揚がっています。
前回は芯が微かなピンク色なくらいの火加減でしたが今回は中心部まで火が入っています。
勿論火が入り過ぎと言う訳ではないので柔らかく美味しい仕上がりですが、前回~もうちょっとピンクが強い方が好みではあります。
塩加減が控えめなのも竹と同様で、そのまま食べるとやや物足りないかもですが、自家製のソースもこの店の自慢なので、ソースと食べるがのが前提の塩加減なんだと思います。


ライス、みそ汁、サラダ、辛子茄子。

junpei-tktsm4.jpg

junpei-tktsm5.jpg

junpei-tktsm6.jpg

junpei-tktsm7.jpg

これらも前回と同じ内容です。
このあたりは柔らかいご飯の店が多い中、固めで粒が立ったご飯が好印象なのと、味噌汁、サラダ、辛子茄子も満足な味わいです。

4度目(かな?)にしてやっと食べられたロースかつの松でしたが、厚さがあって脂身が多い、私好みなとんかつでした。
これでもうちょっと芯が残った火加減と、ソースなしでも良いくらいの塩加減だったらなとも思うところではありますが、十分満足な美味しさだと思います。


junpei7.jpg

junpei6.jpg

今回のとんかつ定食(ロースかつ)松を食べたいと思っている方は、事前に肉の仕入れを確認して予約することをお勧めします、と言うかそうしないと食べるのは無理のようです。
2018/05/01 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit