09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

Black&White Truffe 波紋 de TOYA 

今回はちょっと遡ってクリスマスケーキのことを。
ここ3年くらいクリスマスケーキはピエール・エルメのアイスケーキを取り寄せているのですが、久々に生ケーキにしてみました。
10月に入ったらすぐに各デパートのサイトやカタログをチェックし、今回選んだのは大丸札幌店。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパのBlack&White Truffe 波紋 de TOYA(12,960円)です。

twht-bwthdty1.jpg

twht-bwthdty2.jpg

お値段なんと1万2千円!カタログの他のものが高くても5千円~6千円程度のため別格のケーキです。
私がこれまで買ったケーキの中でも最も高いものになります。
30台限定ですぐに予約したので買えましたが、そんなに長くはかからずに完売だったようです。
2017年はありませんでしたが、エルメやラデュレのケーキなんかが出ると初日で完売になるそうです。
これは数が30台(それでもかなり少ない方ですが)なのと値段がかなり高いため暫くは残っていましたが、それでも売り切れてしまうのはやはり景気が回復基調にあるということでしょうか。

さてこのケーキ、商品名の“Black&White Truffe 波紋 de TOYA”のとおりホテルから眺めた洞爺湖の青くきらめく波紋をイメージしたものとのこと。
金箔に包まれた球体は洞爺湖中心にある中島ってところでしょうか。
綺麗な青と金の組み合わせはいかにも高そうなケーキって外観です。


中はこんな感じ。

twht-bwthdty3.jpg

本体は表面に青いピストレ、その下のメインの部分はホワイトチョコレートとバニラのムース、中心部は上からレモン風味のビスキュイ、ハスカップと月浦ワインのコンフィチュール、クリームチーズムース、一番下はホワイトトリュフ風味クリスピーとなっています。
使われている食材は殆どが地元のもので、小麦は洞爺湖町産のきたほなみ、塩も洞爺湖町産の小粒海塩でこれはオリジナルのものとのこと、卵も同じく洞爺湖町のもので三四郎卵、それと発酵バター、生クリーム、クリームチーズは登別市ののぼりべつ酪農館のものですが、このケーキのためだけに作られたものとのこと。

ムース部分はバニラビーンズがふんだんに使われていてホワイトチョコレートよりはバニラの風味がかなり強く、甘くてとても滑らかな食感に仕上がっています。
中心部のビスキュイはレモンの風味がしっかりと感じられる味です。
ハスカップとワインのコンフィチュールですが、ハスカップは厚真町の山口農園のオリジナル希少品種、ワインは洞爺湖町の月浦ワインを使ったものとのこと。
酸味はあまり感じられず濃厚な果実味が強い味わいでしょうか。
クリームチーズムースはかなりクリームチーズが美味しく主張していてこれと表面のムースの存在で全体がバニラとチーズのムースな印象に仕上がっています。
下のクリスピーはイタリア産の白トリュフフレーバーを使用しているとのこと。フレーバーオイルを使っているということでしょうか?
トリュフよりもナッツっぽさが強い味わいですが、カリッとよりはしっとりした食感でこれも美味しいと思います。
どれもかなり拘った食材を使っているのと、それぞれのパーツが上手いバランスで絶妙な美味しさになっているイメージです。


それと上部の中島。

twht-bwthdty4.jpg

twht-bwthdty5.jpg

黒トリュフと余市ウイスキーのチョコレートを金箔で包み、中はプラリネとなっています。
黒トリュフはフランス産のもので、ウイスキーはニッカウヰスキーのシングルモルト余市20年、これは現在市販されていなく、ホテルでは1ショット2万円もするものだとか。
ネットで調べてみると現在入手しようとすると1本15万円以上するようです汗
プラリネはかなり柔らかく、とろけるような食感。
ナッツとチョコレートが濃厚ですが、小粒海塩の塩気が結構強く、それに黒トリュフの香りがアクセントになっています。
ただ、それよりもウイスキーの香りとアルコール感がかなり強く出ていて、これのみ食べてもかなり美味しいのと、本体と一緒に食べるとプラリネの塩気とムースの甘さ、それにウイスキーの香りでまた違った味わいになって楽しめます。

大きさは径20cm、高さ4.5cm、約7号ってところでしょうか。
結構大きいサイズなのと使用された食材を考えると、1万2千円という値段は納得というか思ったよりは割高ではないのかもしれません・・・まあ、それでも高いですけど。


因みに箱はこんな感じ。

twht-bwthdty6.jpg

黒一色のしっかりした箱で、ケーキの青と金に合う高級感かと。

かなり贅沢してしまいましたが、綺麗な見た目に負けない美味しさで、満足度はかなり高いクリスマスケーキでした。
スポンサーサイト
2018/01/14 Sun. 02:30 | trackback: 0 | comment: 4edit

コメント

ケーキで1万2千円・・・
庶民のケーキではないですね。
「波紋」の商品名を見て何かなと思ったら
実物を見て納得です。とても綺麗な仕上がりですね。
味は大人向けでしょうか。
子供用「波紋」も作ってほしいですね。
手頃な価格で。

kome #- | URL | 2018/01/14 08:26 * edit *

Re: タイトルなし

>>komeさん

確かに庶民的なものではないですね。
年に一回なので買ってみましたが、こんなの何度も買えないです苦笑
見た目も味も上品で、まさに大人向けかと思います。
小さいサイズと普通の素材でお求めやすいものがあってもいいのにとは思いますが、クリスマスならではの贅沢ってことでこれはこれでいいのかな、と。

iceicelc #- | URL | 2018/01/14 19:14 * edit *

ケーキ

これは、立派なケーキだね
お値段も立派だけど箱も立派。

でも・・・!何よりブルーのケーキが目を引きますね(#^.^#)

銭右衛門 #- | URL | 2018/01/14 20:33 * edit *

Re: ケーキ

>>銭右衛門さん

年に一度のクリスマスなので贅沢してみました。
青い色の食べ物って珍しいですよね。
高級感だけでなく青くても美味しそうに見える(実際美味しかったですけど)のが見事かと思います。

iceicelc #- | URL | 2018/01/15 00:20 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/943-2c6625e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)