09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ガレット・デ・ロワ~Pâtisserie SHIIYA(札幌市中央区) 

新年を迎え、謹んで初春のお慶びを申し上げます。
平素から当ブログにつきまして深い御理解と暖かい御支援をいただき、厚くお礼申し上げます。
昨年を振り返りますと、3年間を暮らしました函館を離れて此処旭川に異動し、変化と新たな出会いに満ちた一年でありました。
さて、その旭川に目を向けますと・・・って、偉い人の年頭所感っぽく書いてみましたがそろそろ普通に書きます。

年末年始もいろいろと予定が入って更新が滞っていて、まだ秋~冬のネタが沢山あるのですが、今回は先に正月らしい話題を一つ。
毎年のことですが、ガレット・デ・ロワを今年はエピファニーの翌日、1月7日に食べました。

今回選んだのはパティスリーシイヤ、札幌では大人気の洋菓子店で、食べログのランキングでも北海道1位の店です。
今年のガレット・デ・ロワはさて何処にしようと思った際に、そう言えばシイヤでも作っているだろうか?と思い付いて電話で訊いてみたところ、チョコレート、マロン、ピスタチオの3種類を作っているとのこと。
チョコとマロンは14cmと17cmがありますがピスタチオは14cmのみ。
それが1日各1台限定とのことです。
丁度店が開く頃に電話したのでどれも選ぶことが出来、ピスタチオを予約して買いに行きました。

ガレット・デ・ロワ ピスタチオ(1,700円)。

ptshiiya-gltdrpst1.jpg

ptshiiya-gltdrpst2.jpg

ptshiiya-gltdrpst3.jpg

ちょっとパイが膨らんで空洞が出来ているところはありますがなかなか綺麗に仕上がり。
いろいろな店のものを食べましたが、綺麗さだと去年のパティシエ・シマは別格だと思います。

さて、パイはかなりパリッとしていて香ばしく焼かれています。
クレームダマンドにピスタチオを使っていて、こちらはしっとりとした食感、パイのパリッと感とうまく合っていると思います。
味ですが、ピスタチオの風味は強くはないものの、 杏仁霜が使われているのか杏仁の風味が結構強く出ています。
これは好みが分かれるところかもしれませんが、私は結構気に入りました。
因みにガレット・デ・ロワと土台の紙はアプリコットジャムで留められています。これが意外に好いアクセントになっていて美味しかったと思います。


それからフェーヴ。

ptshiiya-gltdrpst4.jpg

王冠型のブリオッシュを模したものです。
最近は殆どの店がフェーヴは別添で代わりにアーモンドが中に入っているのですが、この店は今どき珍しくフェーヴそのものが入っています。
今年は二人で食べましたが私が引き当てました。
去年は一人でしたが最初のピースで当たったので、2年連続の当たりとなります嬉


ptshiiya1.jpg

流石は№1の人気店だけあってかなり混んでいて、店内を撮るのは断念しました。
予約しなければガレット・デ・ロワを入手するのは無理かと思います。
イートインのコーナーもあったので、そのうち普通のケーキで記事にしたいなと思っています。

それでは今年も宜しくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
2018/01/11 Thu. 01:16 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/942-e8853708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)