11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

中華料理 星龍軒(函館市若松町) 其の三 

函館の続きです。
立待岬の記事でちょっと書きましたが、ポケモンGOのジム戦をやった後は元町近辺で地元の方と一緒にバンギラスのレイドバトルをやって、その後は駅前で暫く野生のポケモンを探して時間を潰し、昼食へ。
そのポケモンGOですが、函館はかなり魅力的な街でして、札幌や旭川よりも野生で捕まえられるポケモンの種類が多いように感じます。
住んでいた当時はそんなに意識していませんでしたが、他の街ではあまり見かけないものが普通にいて、遊んでいてかなり楽しい街です。

話を戻して昼食のこと。色々再訪したい店はありましたが、今回選んだのは星龍軒。
目的はやはり有名な塩ラーメン・・・ではなく、ソース焼そばです。
3月の記事でも書きましたが絶品という訳ではないけれど何故か食べたくなる焼きそばで、久々の函館ということでまた食べたくなった次第です。

混む店なので早めにと思って開店10分前に着いたら既に行列が汗
以前行った際は10分前だとそんなに並んでいなかったのですが、見通しが甘かったようです。
30分くらい並んでさて店内へ。

二人で行って注文は勿論ソース焼きそば、これを各自頼んで、それと今回は炒飯と餃子(こちらはシェアで)も頼んでみました。
ソース焼そば(630円)。

srykn201709-syksb1.jpg

srykn201709-syksb2.jpg

srykn201709-syksb3.jpg

srykn201709-syksb4.jpg

具材の大きめな海老2個、豚肉、キャベツは前回と同様です。
固めで弾力のある麺で、独特のねっとりとした食感です。
それと薄味ながら旨味のあるソースは塩のスープとソースの味なのかな?これがまた美味しく、麺の食感とソースの味わいがくせになるポイントなのかと。

スープも前回と同様、塩ラーメンのスープと同じものです。
淡いけれど塩は利いていて、味はしっかりと伝わってくるスープです。


炒飯(650円)。

srykn201709-ch1.jpg

srykn201709-ch2.jpg

具材は卵、椎茸、チャーシュー、タマネギで、卵の黄色と椎茸の茶色主体のかなり地味な見た目です。
こちらもスープの味になるのかな?それに椎茸の旨味があるのと、あとは胡椒がかなり強く出ている味で、見た目に反して美味しい炒飯って印象です。


餃子(480円)。

srykn201709-gyz1.jpg

srykn201709-gyz2.jpg

srykn201709-gyz3.jpg

srykn201709-gyz4.jpg

一皿6個。辛子が添えられたタレが特徴です。
皮が厚くてもっちりとしているのが結構好みです。
餡はたっぷり入っていて、ニラが利いている味です。
淡泊ながらしっかりした味わいは他のメニューと共通しているように思います。
食べると肉汁が溢れるのと、焼き色が綺麗なのも好印象です。

以上になります。半年ぶりの焼きそばでしたが、変わらない美味しさなのと炒飯や餃子も美味しく満足な昼食になりました。


srykn2017092.jpg

srykn2017093.jpg

最初はカウンター席に座りましたが、少ししてテーブル席が空いたらそちらを案内されました。
基本的にカウンターは一人客向けのようです。


これは開店10分前の外観です。

srykn2017091.jpg

帰りもこんな感じでしたが、地元客にも観光客にも人気の店です。
スポンサーサイト
2017/11/05 Sun. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/927-7d394141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)