11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

洋食とcafé じゅんぺい(上川郡美瑛町本町) 

もう一軒美瑛の店を。今月中旬のことでランチでじゅんぺいに行きました。
洋風おにぎりのジュンドッグの元祖としても有名な店で、混むらしいとは聞いていたものの場所が美瑛町だしちょっと待てば入れるかと思って昼時に行ったら認識が甘かったようで、とんでもなく混んでいてなんと1時間半も待つことに汗
場所は道の駅から歩いて5~6分程度の場所なので、待っている間に道の駅まで行って青い池ソフトを食べて軽く駅前を散策して戻ってもまだ全然余裕があったくらいです。

さて、入口で名前を書いて待つこと1時間半、やっと店内に入ることができました。
店内は入口正面から左右に分かれていて席数は結構あるようです。
この店は海老丼が有名なのですが、なかなか厚い肉のとんかつがあるとの情報を得ていたので迷わずとんかつ定食を~と思ったらまさかの完売涙
日をあらためて出直そうかとも思いましたが、1時間半も待ってやっと入れたんだし他のものを頼むことに。
メニューを見るとフライ料理が中心で、組み合わせが様々で12パターンもあるフライ盛り合わせの定食も魅力的ではありましたが、折角なのでこの店の名物の海老丼にしました。
海老丼は松と竹の2種類があり、違いは松が海老4本、竹は海老3本となります。

今回は海老丼(松)(1,310円)を注文。

junpei-ebdm1.jpg

海老丼、味噌汁、サラダ、それと写真では何かわかりにくいと思いますが、辛子茄子の構成になっています。


海老丼。

junpei-ebdm2.jpg

junpei-ebdm3.jpg

junpei-ebdm4.jpg

フライ料理がメインの店だけあって、海老丼は天ぷらではなくエビフライです。
濃いめな色の衣は自家製の生パン粉を揚げたもの。
油はキャノーラ油、コーン油、ラードのブレンドとのことです。
かなりサクッとした食感、それに中の海老も固くならず仕上がっていて、なかなか好い火加減の揚がり具合かと。
それに醤油ベースの天つゆやタレかつ丼にちょっと似たタレがかけられています。
サラッとしたタレで甘さが結構あり、エビフライによく合っていると思います。
ご飯は固めで粒が立っています。旭川市内の飲食店はご飯が柔らかい傾向にあるので、固めのご飯が好きな私としては好印象です。


味噌汁、サラダ、辛子茄子。

junpei-ebdm5.jpg

junpei-ebdm6.jpg

junpei-ebdm7.jpg

味噌汁は庄内麩、水菜、ワカメで濃すぎず、家庭的な味噌汁って感じでしょうか。
サラダのドレッシングも自家製で果物をたっぷりと使っているとのこと。結構甘めな味わいのドレッシングです。
辛子茄子は甘辛いけれど辛さが結構強く、ご飯が進む味かと。
以上になりますが、とんかつの代わりに頼んだものではありますが、絶品とまではいかないまでも思った以上に美味しくて、これだけ混むのも納得だなと思いました。


店は最初に書いたとおりかなり混んでいて、外で待つ客が沢山です。

junpei2.jpg

junpei1.jpg

アジア系の外国人客もかなりいました。ガイドブックなんかにも載っているのでしょうか?
揚げ物が得意な店だけあって好い感じに揚がっていて美味しかったので、とんかつも期待できそうです。
再訪するつもりでいますが今度はもっと早い時間に行ってとんかつを食べてみたいと思っています。
スポンサーサイト
2017/09/01 Fri. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/909-4e7ac9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)