04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

レストラン バスク(函館市松陰町) 

今は旭川で暮らしていますが、ブログはまだ函館での食べ歩きが続きます。
今回は松陰町にあるバスクでのランチのことを。
函館では有名なスペイン料理の店ですが、それよりもオーナーシェフの深谷宏治氏の方がバル街や世界料理学会を開催した人として有名かもしれません。
ずっと行こうと思いながら行けていないまま転勤が決まってしまったので、引っ越す前にと思い予約して行きました。

ランチはA、B、C3種類のコースでどれもプリフィクスになります。
このときは引越しで忙しく時間がないのもあってMenu A(1,945円)を。
内容は本日のスープ、本日の魚介料理または肉料理、本日のデザート、サラダ、自家製パン、コーヒーまたは紅茶となっています。
因みにB(2,700円)だとそれに本日のオードブルが付き、C(4,320円)だとオードブルが2皿になって魚と肉両方が出ます。

まずはアペリティーボ。シェリーやサングリアもありましたが、グラスのカヴァを。
セグラ・ヴュータス(1,000円)です。

vascu-gsv.jpg

スペイン料理店なのでシャンパーニュじゃなくてカヴァがラインナップされていました。
セグラヴューダス、カヴァの中でもかなりメジャーなものかと。
カヴァらしく辛口でキリッとした泡が美味しいと思いますが、グラスのシャンパーニュを1,000円~1,500円で出している店が多いことを考えるとカヴァでこの値段はちょっと高いかなって気もします。


では料理を。
スープは2種類から選べ、北斗市のニンニク使用スペインのニンニクスープを選択。

vascu-la1.jpg

vascu-la2.jpg

vascu-la3.jpg

スペイン料理でいうソパ・デ・アホです。
コンソメがベースなのかな?それにラスクのようになったバゲット、卵、たっぷりのスライスされたニンニクが入った、なんだか風邪に良さそうスープです。
ニンニクはかなり多く使われていますが、風味がきつ過ぎるということはなく、ニンニクが丁度良く活かされた美味しさです。


自家製パン。

vascu-la4.jpg

vascu-la5.jpg

vascu-la6.jpg

薄めのパリッとした皮でふわっとしたパンでこれも好い感じ。
バターが使い切れないくらいたっぷりなのが勿体ないけれど嬉しいポイントです。


メインは魚、肉合わせて9種類から選べて、肉が食べたい気分だったので肉料理から選択。
木村牧場はこだて男爵黒豚のすね肉のリヨン(コンフィ)です。

vascu-la7.jpg

vascu-la8.jpg

vascu-la9.jpg

vascu-la10.jpg

函館男爵黒豚のコンフィです。
味が滲みていて悪くないのですが、濃いめの味にしっかりと煮込まれて火が通っているためブランド豚の良さがあまり感じられないのではって気もします。
添えられたポテトとロールキャベツ?は良い具合に仕上がっていて美味しかったのと、ブロッコリーと人参ももう一工夫欲しいところではありますが、適度な歯応えが残った火加減は好かったと思います。


サラダ。

vascu-la11.jpg

これももうちょっと凝ったものが欲しいところではありますが、酸味の利いたドレッシングは美味しいと思います。


肉料理に合わせてグラスの赤を頼みました。
アルト・デ・イヌリエータ(1,600円)。

vascu-gadn.jpg

これもスペインのワインでナバラ州のものです。
フルボディのしっかりした味わいで、果実味が強くてこれは美味しいなと思えるものでした。


デザートは2種で、蕗の薹のアイスとカタルニア風焼きカスタード。

vascu-la12.jpg

vascu-la13.jpg

vascu-la14.jpg

vascu-la15.jpg

蕗の薹のアイスは珍しいなと思います。
食感は家庭で作ったようなシャリっと感が強いもので、綺麗な色あいと甘さの中に蕗の薹独特の苦味が感じられる味わいが好印象でした。
それとカタルニア風焼きカスタード・・・クレマカタラーナのことでいいのかな?
とろりとしたカスタードにパリッとしたカラメリゼが美味しく、アイスもですがお代わりしたいくらいでした。


最後はコーヒー。

vascu-la16.jpg

いつもはそのままブラックで飲むのですが、ミルクが美味しそうだったので半分飲んだあとはミルクをたっぷり入れていただきました。
以上になります。
フレンチやイタリアンに比べると地味な印象ではありますが、スペインらしさが感じられて美味しい料理でした。
ただ、メインの付け合せやサラダなんかは普通の洋食っぽくて、もうちょっと凝ったものでも良いのではというのもあります。
でも全体的には満足なランチでした。


店内は上から沢山の生ハムが吊るされているのが特徴的です。

vascu2.jpg

vascu1.jpg

あとはランチのラストオーダー近くに入ったため、他のテーブルはディナーの準備に入っていたようですが、ほぼ予約で満席になっているのは流石人気店だと思いました。
魚介料理やオードブルも食べてみたいので再訪したいところですが、旭川からだと遠いため気軽には行けないのが残念なところです。
スポンサーサイト
2017/04/09 Sun. 04:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

バスクの料理よりも、シェフの名前の方が有名ですね。
深谷氏はイベントで忙しく
お店で料理を作っていないのでは?
15年前にAランチを食べた記憶があります。
ランチの種類でも2倍以上の値段が違うのは
食材の違いなのでしょうか。
ディナーだと1万円超だと思うので
多分行けないな・・・

kome #- | URL | 2017/04/10 06:40 * edit *

Re: タイトルなし

>>komeさん

ランチの値段の差は食材ではなく、皿数の違いですね。
この店、プリフィクスなのでABCどのコースも食材は一緒ですし。
ディナーは4,645円~10,800円とのことですが、内容を見ると4,645円のコースで十分だなと思いますよ。

iceicelc #- | URL | 2017/04/10 19:31 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/863-b994543c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)