06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

暮らしと居合と食べ歩き

’20.4.3から釧路で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

AMBIGRAM(東京都港区南麻布) 

東京での仕事も終わりに近付き、東京滞在中の最後の週末のことを。
一人で予約して南麻布にあるイタリアン、アンビグラムへランチに行ってきました。
場所は地下鉄日比谷線の広尾駅から5分くらいの場所です。

店内は結構席数がありましたが昼時なのもあってほぼ満席。
予約していなければ入れなかったと思います。

このときは土曜日のみのコースランチ(4,104円)を注文。

まずはグラスのスプマンテを。
アルメリータブリュット(1,296円)です。

abgrm-bsalmrt.jpg

シチリアのもので、そう言えばシチリアのスプマンテって飲むの初めてです。
柔らかく広がる泡としっかりした味わいが美味しく、これはなかなか好いなと。


では料理を。

パンが最初に出ました。

abgrm1610-1.jpg

abgrm1610-2.jpg

2種あってフォカッチャとチャバタかな?
結構量があってしかも美味しいのでお得な気分になります。


アンティパスト。
シェフおすすめ4種類の前菜盛り合わせ。

abgrm1610-3.jpg

4種じゃなくて5種になっていますが、これ多分このうちの一つが本来はサンマを使ったもので、あまり得意な食材じゃない旨伝えたところ別のものになったからだと思います。


手前からヴィッテロトンナート。

abgrm1610-4.jpg

仔牛をスライスしたものにツナ、ケッパー、アンチョビ、マヨネーズのソースが載せられていて、赤タマネギとピクルスが添えられています。
これが特に気に入りました。


カポナータ。

abgrm1610-5.jpg

茄子とトマトソースで煮ていて、トマトソースは結構甘め。上に干しブドウが載せられていました。


パルマ産生ハム。

abgrm1610-6.jpg

しっとりとしていて塩は控えめ。
これも地味ながら美味しかったです。


メカジキのインヴォルティーニ。

abgrm1610-7.jpg

パンと松の実と干しブドウとチーズでたねを作り、開いたメカジキで巻いています。
これもかなり好みでした。


最後は名称はわかりませんが、パネッレとラルドです。

abgrm1610-8.jpg

ヒヨコ豆の粉を練って揚げたものをラルドで巻いています。
お酒のつまみにピッタリな感じでした。


プリミ。
パスタは3種類から選べるのですが、その他にタヤリンをバターとチーズでシンプルに仕上げたものに、アルバ産の白トリュフを削ってかけてくれるものがあるとのことなので、それを選択。

まずは白トリュフ。

abgrm1610-9.jpg

1gで900円とのこと。
最初に重さを量り、好みの量を削ってくれて、最後にもう一度重さを量ってその差で料金を出します。
一皿丁度良いくらいに削ってもらったらピッタリ1gでした。


パスタはこんな感じです。

abgrm1610-10.jpg

abgrm1610-11.jpg

チーズはパルミジャーノ。
トリュフの香りを楽しむためにとてもシンプルな味付けです。


パスタに合わせて白ワインをグラスで。
ブルーノ・ジャコーザ ロエロ アルネイスの2014年(1,296円くらい?)です。

abgrm1610-bvb.jpg

ピエモンテ州のワイン。軽めではありますが味はしっかりとしています。
パスタがピエモンテのものなのでピッタリかと。


セコンディ。
肉と魚が選べて、肉を選択。
仔羊のグリル サルサヴェルデと粒マスタードソースです。

abgrm1610-12.jpg

abgrm1610-13.jpg

abgrm1610-14.jpg

メイン料理になります。
仔羊の火加減がとても良いのと風味が強く、生のジンギスカンのような感じです。
サルサヴェルデはソースはイタリアンパセリとセージで、それともう一種はフォン・ド・ヴォーに粒マスタードのソースとのことです。
仔羊が強いからか添えられたインゲンにも肉の風味がついていて、これも結構好いなと。
タマネギはビーツで色を付けているとのことで、酢のような酸味があります。
かなり美味しい一皿でした。


これも肉料理に合わせてグラスの赤ワインを。
ザヴァローニ アメーデオ サンジョヴェーゼ リゼルヴァの2011年(1,296円くらい?)。

abgrm1610-bvr.jpg

ロマーニャ地方のワインで、セパージュはサンジョヴェーゼ。
しっかりしたボディで果実味も強く感じられ、仔羊に合っているかと。
なお、グラスワインの値段ですが、白も赤も値段を確認しませんでしたが支払総額から考えると多分それくらいかなと。


ドルチェ。
5種類から選べて、アンビグラム定番 3種レモンクリームのオペラにしました。

abgrm1610-15.jpg

abgrm1610-16.jpg

この店自慢の一品とのこと。
オペラと言うと以前紹介したダロワイヨのようにコーヒーとガナッシュのイメージですが、これはレモン風味のものになります。
3種のクリームの詳細は聞きませんでしたが、リキュールとホワイトチョコとかでしょうか?
見た目のイメージどおり軽くて爽やかな味わいです。


そしてエスプレッソで〆です。

abgrm1610-17.jpg

白トリュフを追加したのとワインを3杯飲んだので約9千円くらいの贅沢なランチになってしまいましたが、約4千円のコースでこの内容だったら悪くないと思います。
どれも美味しく、イタリアの地方の郷土色もちゃんと出ているのが好印象でした。


abgrm3.jpg

abgrm2.jpg

abgrm1.jpg

ディナーでも行ってみたい店でしたが、この翌週には函館に戻ることになっていたので流石に無理でした。
ただ、東京へ行った際には再訪したい店の一つとなりました。 
スポンサーサイト



2016/12/22 Thu. 13:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

ランチで9千円、私には無理です・・・
東京ではコース料理の店が多いですね。
有名な店を事前に調べて行っていたのかな。
ワインを注文しないでコース料理を食べると
店側に失礼になるのかな・・・

kome #- | URL | 2016/12/26 00:17 * edit *

Re: タイトルなし

>>komeさん

返信が遅くなりましたm(__)m
ワインを頼んだので高くなってしまいましたが、お酒飲めない人もいるんだし別にワインを頼まなくても大丈夫ですよ。
単に私がワイン好きなだけですw

iceicelc #- | URL | 2016/12/28 01:49 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/824-8767da54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)