01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

カレー屋 いっぺこっぺ(東京都大田区蒲田) 

再び東京での週末のことを。
昼食にカツカレーを食べに蒲田にあるいっぺこっぺへ行きました。
週末はほぼ一人で歩き回っていたのですが、このときは久々に東京の友人と一緒です。

このいっぺこっぺ、以前とんかつ檍を記事にした際にちょっと話題にしましたが、檍の左隣にある姉妹店で、檍のとんかつでカツカレーが食べられる、カツカレー専門店です。

檍へ行ったときはこの店は満席が続いていたものの、行列まではなっていませんでしたが、この日は雨にも関わらず数人が並んでいました。
それでも檍ほどには並んでいなく、10分程度で店内へ。
カウンターのみ7席の小さな店になります。

メニューはカツカレーのみで、ロースカツ、メンチカツ、ヒレカツと選べます。
ロースカツのみ檍同様にロース、上ロース、かたロース、特上ロースと種類があります(リブロースはなくて特上までです)。
今回は私が特上ロース、連れがロースを頼むことにしました。

まずは特上ロースカツカレー(2,300円)。

cryipkp-tjrkcr1.jpg

驚いたことに、カツカレーなのにカレーとカツが別皿になっています。
まずはカレー。

cryipkp-tjrkcr2.jpg

cryipkp-tjrkcr3.jpg

ほぐした肉がたっぷり入っています。
そこそこスパイシーな味わいですが、ロースカツを主体にしているからか、辛さはあまり強くありません。


それと特上ロースカツ。

cryipkp-tjrkcr4.jpg

cryipkp-tjrkcr5.jpg

cryipkp-tjrkcr6.jpg

檍同様、林SPFを使っていて、芯がピンクな揚がり具合に濃い色で綺麗に付いた衣と、これは確かに檍のとんかつです。
ちゃんとキャベツに辛子まで添えられていて、普通に一皿のとんかつとして成立しています。
ただ、カレーと食べることが前提だからか塩加減は控えめになっていて、これは流石だなと思いました。


テーブルには檍と同じようにソースの他、岩塩も用意されています。

cryipkp3.jpg

カレーはカレーライスとして食べて、カツは普通にとんかつとして食べることもできるかと。

かなり贅沢なカツカレーでとても美味しいとは思いましたが、正直なところカツカレーと考えるとどうなんだろう?とも思います。
カツカレーと言うよりはとんかつ+カレーライスで、カツカレーを食べたって気にはあまりならないかと。


次はロースカツカレー(1,000円)。

cryipkp-rkcr1.jpg

cryipkp-rkcr2.jpg

cryipkp-rkcr3.jpg

こちらは普通にイメージするカツカレーのスタイルですが、ライスとキャベツの上にとんかつが載せられていてカレーが付かないように配慮されています。
カレーは特上と同じもの。
肉が違いますが、一番安いものでもこの厚さの肉で、芯がちゃんとピンクになっています。
しかもこれで千円!
林SPFを使った厚みのあるロースカツカレーがこの値段なのはかなりのコスパかと。

とんかつとカレーライスを一緒に食べたいのなら特上も悪くはありませんが、カツカレーを食べたいのだったら普通のロースカツカレーがおススメだなと思いました。


cryipkp2.jpg

cryipkp1.jpg

行列は殆ど檍の方になりますが、人気店だけあって雨でもこんなに並んでいます。
ただ、いっぺこっぺも結構並びだして、店員が両方の行列を分けるのに苦労していました。
両方食べてみましたが、どちらも並ぶのが納得な満足できる店です。
スポンサーサイト



2016/12/09 Fri. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/813-31aeb430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)