01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

とんかつ檍(東京都大田区蒲田) 

お久しぶりです。

以前の記事でちょっと書きましたが、長期の出張のため現在は東京で生活しています。
東京でもブログの更新ができる環境だったのは良かったことなのですが、平日は夜まで仕事絡みでPC使っているし、外食も土日じゃないと時間なくてできないしで、結構忙しい日々だったりします。
しかも出掛けてしまうと流石は東京、見所が多すぎて朝出たのに帰宅は23時過ぎになってしまい、ブログの更新がなかなかしにくい環境です。

そんな中ではありますが、土日と祝日にとんかつと洋菓子を中心に何軒か外食したので紹介します。
東京はとんかつのレベルがとても高く、以前紹介した豚組も大満足できた店でしたが、他に日本屈指の名店がいくつもあります。
そんな中からまずは先週の土曜日、とんかつの激戦区と言われている蒲田にある名店の一つ、檍(あおき)へ行ってきました。

開店が11時で私は出遅れて13時近くに着いたのですが、20人くらい並んでいました。
北海道でとんかつ店で並ぶことはまずないので流石は東京です。
30分くらいは待ちましたが、カフェと違ってとんかつ店は食べ終わったらすぐ客が出るので思ったほどではありませんでした。

店内はカウンター10席のみ。
並んでいる途中で注文を聞かれるので、席に着いてからはそんなには待たされないと思います。
今回注文したのはリブロースかつ定食(2,800円)。

tnktaoki-rbkts1.jpg

この店で一番高いものになります。
ロースかつだとこの他に上ロースかつ定食(1,500円)、特上ロースかつ定食(2,000円)、カタロースかつ定食(1,800円)、あとは平日昼限定のロースかつランチ定食(1,000円)があって、特上とリブロースの差を聞いたところ、名前からも当然ですが肉質が違うことと、特上は300gに対してリブロースは400gくらいあるとのことです。
かなりのボリュームです。


まずはリブロースかつ。

tnktaoki-rbkts2.jpg

tnktaoki-rbkts3.jpg

肉は千葉県の銘柄豚、林SPFを使用していて、こんなのとんかつにできるのかってくらいに厚くて芯がピンクなのが特徴です。
実は揚げるところを見ていたら、揚がってから暫く放置されていました。
肉が厚いので中まで火を通すためだと思います。
衣は結構濃いめの色で肉はとてもジューシーで柔らかく、脂身もかなり多めです。
赤身、脂身ともに美味しく、最初の2切れは他のものを食べるのも忘れて食べてしまいました。

ただ、このボリュームで脂身も多いのでグラム以上に量を感じます。
赤身主体のロースかつならこれくらいそんなに時間かけずに食べてしまうのですが、今回はかなりきつかったです。
全部食べましたが最後の一切れは残そうかなって思ったくらいです。


この店にはソースと醤油の他、世界各地の塩がいくつか用意されています。

tnktaoki4_201609252330435c3.jpg

tnktaoki5_20160925233044e36.jpg

この他に食べ終わってから気が付きましたが、もう1種類岩塩があったようです。
岩塩や海水塩といろんな塩を試して楽しめるのは良いなと思いましたが、とんかつ自体の塩加減も悪くなかったので何も付けずに食べても十分美味しいかと思います。


それからご飯と味噌汁。

tnktaoki-rbkts4.jpg

tnktaoki-rbkts5.jpg

ご飯は盛りが結構良く、好みな固さで悪くなかったなと。
味噌汁は豚汁で、大根やタマネギ等大きめに切られていて食べ応えがあります。
肉も大きなものが入っていて好印象です。


それと海苔の佃煮と冷たいお茶で、写真は前後してしまいましたが実はこれが最初に出ました。

tnktaoki-rbkts6.jpg

tnktaoki-rbkts7.jpg

漬け物じゃなくて佃煮なのは珍しいかと。
ご飯に良く合っていて美味しいのですが、とんかつとご飯で食べるのと、とんかつのボリュームが凄いので食べるのをつい忘れがちになります。
それとまだまだ暑い東京なので冷たいお茶は嬉しかったです。

かなり満腹になってしまい、その日は夕食なしにしたくらいでしたが、満足感はかなり高かったランチになりました。


tnktaoki3.jpg

tnktaoki1.jpg

tnktaoki2.jpg

人によってはここが日本一という意見もあるくらいの店だけあって、確かにこれは並んで食べた価値はあったなと思いました。
それと、このレベルの店がまだいくつもある東京の層の厚さがこれまた凄いな、と。

ところで、写真でわかるでしょうか?この店の左隣にいっぺこっぺというカレー屋さんがあります。
この店も檍の系列で、檍のとんかつをカツカレーにして食べられるそうです。
こちらは並んではいませんでしたが、常に満席な状態のようでした。
東京にいる間にこちらも食べてみたいと思います。
スポンサーサイト



2016/09/25 Sun. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

お久しぶりです。
さっそく「東京価格」を注文しましたね。
函館のとんかつ屋さんで「リブロース」ってないのかな?
東京には色々なお店があるので
やっぱり注文するのは、そのお店の一番価格の高いメニューかな。
リピートしてたら、大変ですね。

kome #- | URL | 2016/09/27 20:05 * edit *

Re: タイトルなし

>>komeさん

東京は流石レベルが高い店が沢山あります。
リブロースは以前ひこま豚食堂で扱っていたはずですが、メニューが変わってしまって今はないかと思います。
基本はロースかつの一番高いのを食べるようにしています。
価格よりもまだ何軒も行きたい店があるのでリピートは難しいかなと思います。

iceicelc #- | URL | 2016/09/27 20:54 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/773-949a21f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)