01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

元祖大沼だんごvs二色だんご 

今回は以前からやってみたかった企画で、大沼の団子対決です。
大沼の団子と言えば、沼の家の元祖大沼だんごが有名ですが、もう一軒、谷口菓子舗の二色だんごも知られています。
どちらも醤油と餡、みたらしと胡麻が一パックになった団子を販売しているのですが、食べ比べてみるとどうなんだろうということで大沼まで買いに行ってきました。
今回は沼の家、谷口菓子舗それぞれで2種類、4パックを買っての比較です。

まずは沼の家の元祖大沼だんごから。
団子はそれぞれ大と小があり、食べ比べで大は流石に食べきれないので、どちらも小です。
左があんと醤油、右が胡麻と醤油で、どちらも390円です。

nmny-onmdng1.jpg

nmny-onmdng2.jpg

あん、胡麻が多めで醤油だんごが少ないのですがこれはそれぞれ大沼湖、小沼湖を表しているとか。
それと串に刺さっていないことも特徴的ですが、これも湖面に浮かぶ126の島々に見立てているとのことです。
内容量はどちらも210gです。

創業明治38年の老舗で、店舗は大沼公園駅から歩いて1分ほどの場所で、いつも混んでいるのですぐにわかるかと思います。

nmny2.jpg

nmny1.jpg

元祖大沼だんごの他、紅葉ようかん 、薄皮まんじゅうなんかも製造、販売しているのと、店内では他に函館はじめ道内各地のお土産も扱っています。


次は谷口菓子舗の二色だんご。
こちらはこの大きさのみで、容器の大きさは沼の家の小とほぼ同サイズです。
左があんとしょうゆ、右がごまとしょうゆでどちらも350円です。

tngcksh-nsdng1.jpg

tngcksh-nsdng2.jpg

団子のスタイルは沼の家と同様ですが、こちらはあん、ごまとしょうゆの量が半々になっています。
内容量はどちらも310g、沼の家より100g多くて値段が40円安いのは嬉しいポイントかと。


こちらは沼の家から歩くと5分かからないくらいかな?
函館から車で向かうとこちらが先です。

tngcksh2.jpg


店内にはレトロなわたがしの機械があります。

tngcksh3.jpg

今でも動くのでしょうか?


こちらは昭和18年の創業とのこと。沼の家ほどではないけれどなかなかの老舗です。

tngcksh1.jpg

ここの団子は注文してから容器に詰めてくれて、二色だんごと言いながらも一つのパックに三種類入った三色だんごもあります。


それでは双方を比較。
餡と醤油、胡麻と醤油で、左が沼の家、右が谷口菓子舗のものです。

nmny-tngcksh1.jpg

nmny-tngcksh2.jpg

容器は沼の家の方がしっかりしていて、谷口菓子舗のものは隙間から醤油ダレが漏れやすい作りです。
楊枝は谷口菓子舗の方が長く、使いやすいかと。

団子自体の大きさはほとんど一緒です。
沼の家のものは柔らかくてとても滑らかで甘さもあり、上品な印象でしょうか。
谷口菓子舗は沼の家に比べるとザラッとした食感で、甘さは控えめで米の味がよく出ています。


次はそれぞれの団子を。
まずは醤油。上が沼の家、下が谷口菓子舗です。

nmny-onmdng3.jpg

tngcksh-nsdng3.jpg

沼の家の方が照りが出ていて鮮やかです。
一般的な醤油の団子に近く、オーソドックスな味わいでしょうか。

谷口菓子舗のはややスモーキーな色あい。
甘さよりも醤油の味が強く、しょっぱさが感じられます。


次は餡。これも上が沼の家、下が谷口菓子舗です。

nmny-onmdng4.jpg

tngcksh-nsdng4.jpg

沼の家の餡はマットな色あいで滑らかな食感。
甘さは谷口菓子舗より強いと思います。

谷口菓子舗のは艶があり、濃いめの色あいで水分が多いように思います。
甘さは控えめですっきりとした味わいです。


そして胡麻。これも同様で上が沼の家、下が谷口菓子舗です。

nmny-onmdng5.jpg

tngcksh-nsdng5.jpg

沼の家の胡麻は艶のある色あいで、胡麻の風味がしっかりと出ています。

谷口菓子舗のものは胡麻の粒感が強く、そのため色あいは餡と逆にマットな印象です。
胡麻の風味は沼の家と比較すると弱いのですが胡麻らしい食感があります。

以上です。見た目やコンセプトは似ているものの、食べ比べてみると味、食感ともに結構違いがあります。
全体的に沼の家の団子は甘さがあり洗練された感じで、谷口菓子舗のものは甘さ控えめで素朴な感じです。

醤油は沼の家の方が慣れた味で、谷口菓子舗のは塩気が感じられて個性的かと。
餡は谷口菓子舗が好みで胡麻は沼の家の方が好みに感じました。

どちらも消費期限はその日限りなので遠くへのお土産には向きませんが、自分用や近所へのお土産には良いなと思います。
スポンサーサイト



2016/04/08 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

おもしろい企画ですね。
沼の家の方がメジャーでおいしいと思いますが
私は谷口菓子舗の団子が好きです。
谷口菓子舗の歴史も気になりますね。
大沼団子って、入れ物がほぼ同じですが
あえて合わせているんでしょうか・・・
北海道新幹線も開業したことだし
「新大沼団子」に期待したいです。

kome #- | URL | 2016/04/08 20:44 * edit *

Re: タイトルなし

谷口菓子舗は創業が昭和18年らしいですよ。

醤油は方向性が違ってどっちが上かは難しいところですが、餡は谷口菓子舗、胡麻は沼の家って思いました。

iceicelc #- | URL | 2016/04/09 17:27 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/702-87bd8756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)