05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

暮らしと居合と食べ歩き

’20.4.3から釧路で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

グラン・シェフ(根室市昭和町) 其の八 

職場の送別会ですっかり遅くなり日付が変わってしまいましたが、昨日に引き続いてグラン・シェフ。
今回はランチで、これが根室に住んでいるうちでの最後のグラン・シェフです。

2,500円のランチコースにスープを追加しての注文です。


オードブル
・根室産北寄貝、標津産帆立貝のカルパッチョ、レッドキャビアとクラブキャビアを添えて

grch-l5-hdv1.jpg

grch-l5-hdv2.jpg

歯舞のホッキ貝と標津のホタテ。どちらもかなり好みなカルパッチョです。
レッドキャビアと蟹の外子、どちらもあまり得意ではない食材ですが毎度のことこのお店では美味しくいただくことができます。
ハーブ類は庭で取れたものとのこと。いつの間にか春が近いようです。

ここでパンとバター。
それとグラスで赤ワインを注文しました。

grch-l5-pn.jpg

grch-l5-br.jpg

grch-l5-gvr.jpg


それから予約の際に追加でお願いしていたスープ。
・和牛のコンソメ 細切野菜入り

grch-l5-sp1.jpg

grch-l5-sp2.jpg

前回のディナーでのコンソメがとても美味しく、またリクエストしたものです。
今回もパイ掛けにしますか?と聞かれましたが、今回はシンプルなものでお願いしますと頼みました。

細切りにしたささげと人参、セロリが入っています。
澄んだスープですがしっかりしていてスパイシーな味わいです。
作り方を教えてくれましたが、これは自分で作るものじゃなくお店でいただくものだな、と。


肉料理
・チェルバリー鴨のポワレ、新生姜のソース

grch-l5-vad1.jpg

grch-l5-vad2.jpg

grch-l5-vad3.jpg

grch-l5-vad4.jpg

このお店で鴨は初めてです。
実はこれも予約の際にメインは鴨で、とお願いしていました。

シェフのオリジナル料理とのことで、鴨のポワレに深谷ねぎ、写真ではわかりにくいですが大根が下に敷かれています。
グレープシードオイルで焼き、塩の花が振られています。
このお店では塩はそのままじゃなく、炒って水分を飛ばしてからから使っていると教えてもらいました。
スープでもそうですが味が決まりやすいとのこと。
塩の味わいもやわらかな感じになっています。

ソースはお酒の風味が好い感じで、刻んだ新生姜にブランデーとグランマニエ、赤ワイン酢、それにフォン・ド・ヴォー、バター、あとは生姜をさらしておいた水も使っているとのこと。

ポーションもたっぷりでかなり満足な一皿でした。


デセール
・チョコレートのミルフィユ、ティラ・ミス、はっさくのジュレ、アイス・クリーム

grch-l5-dst1.jpg

grch-l5-dst2.jpg

grch-l5-dst3.jpg

grch-l5-dst4.jpg

かなり好みの組み合わせなデセールです。
板チョコとガナッシュは苦めで粘りが強く濃厚です。
添えられたオレンジの皮といただくとかなりの美味しさ嬉
八朔は荒めにほぐして使っているとのこと。プルプルな食感でこれも甘さが控えめで美味しいです。
そしてアイスクリームですが、バニラの粒が入っていて、これもチョコレート同様濃厚な味わいで粘りもあります。
これまた美味しい一品。添えられたメレンゲのお菓子も和三盆の落雁のような食感で好みでした。


最後はコーヒー。

grch-l5-cf.jpg


とても気に入ったお店なので根室を離れても年に一度くらいは行きたいと思ってはいますが、一応は最後のグラン・シェフ。
集大成の食事として大満足なランチでした。
スポンサーサイト



2014/04/01 Tue. 02:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/311-106752b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)