01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

Manoir d'Inno(東京都渋谷区) 

結構間が開いてしまいましたが相棒ロケ地巡り~Langueで紹介したマノワール・ディノでの食事を。

ここのところフレンチの記事が多いようですが一応此処は居合ブログです苦笑

このお店も他の東京でのお店同様、一か月くらい前に予約したのですが流石に一人では入れません。
なので東京在住の友人に連絡し、高いお店で悪いんだけど酒代は自分が持つから・・・と付き合わせました。

マノワール・ディノ、有名な井上旭シェフのシェ・イノの姉妹店で、奥様の井上みほさんがオーナーマダムのレストランです。

かなり前に予約していたからか、庭がとてもよく見える席を用意してくれました。


まずは席に並べられていたお皿やカトラリー。お店のサイトによるとお皿はレイノー社、カトラリーはエルキューイ社のようです。

mndin-vsl.jpg

これらはどちらもハウス食品のサイトから買うことができるようです。


食事、今回はディナーメニューからメニューBのコース(12,600円)、それに追加料金かかりますがメインをマリアカラスに変えて注文。
まずはアペリティフにグラスのシャンパーニュを注文。
銘柄はペリエジュエのグランブリュット。グラスも花柄が特徴的なペリエジュエのものです。

mndin-pjgb.jpg


グジュールが2個付いてきました。
グジュール、一口サイズのシュークリームのシュー部分にチーズの味がするお菓子です。
ワインになかなか合います。

mndin-ggr.jpg


パンとバター。
バターは2種類あって、左がの白っぽいのがカルピスバター、右は岩塩をかけた発酵バターです。

mndin-pn.jpg

mndin-bur.jpg


さてコーススタート。
まずはアミューズでかぼちゃのムース。

mndin-mdp1.jpg

mndin-mdp2.jpg

上に乗っているクリームはベーコンの風味をつけています。


ここでグラスの白ワインを。
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌの2010年で生産はドメーヌ・ジャン・シャルトロン。
食事が終わった際に空いたボトルが出たので、とエチケットをいただき詳しい銘柄までわかりました。
地域だとピュリニー・ モンラッシェとのこと。

mndin-bhcdb.jpg


次に出てきたのがオードブルでオマール海老、手長海老、帆立貝のテリーヌ。

mndin-gdf1.jpg

mndin-gdf2.jpg

mndin-gdf3.jpg

特に椎茸とホタテが美味しく、キャビアと一緒に食べるとかなり好い感じ。
海老も美味しかったけれど食感がちょっとカニカマっぽかったかな。


その次にがフォアグラのフラン ポルト酒ソース。

mndin-fdf.jpg

このお店のスペシャリテとのこと。
フォアグラで作った茶碗蒸しのような料理。それにフォアグラのソテーと黒トリュフが乗っています。
これ、今回の料理で一番美味しかったかも。
もっと大きいので欲しかったくらいです。


ここで赤ワインを注文。
ワインリストを見せてもらい、どれにしようかいろいろ迷います。
私はボルドーのサンテミリオン地区が結構好みなのですが、それとは別にリストで見つけたジャック・カシューのヴォーヌ・ロマネがちょっと気になってました。
ソムリエといろいろ話したところ、シャトーバレスタール ラ トゥネルの1998年がこの後の料理、私の好みとも合うし、かなりおススメのワインとのこと。
まあそれなら、と言うことでシャトーバレスタール ラ トゥネル(19,000円)を注文。

mndin-chbllt.jpg

流石プロのソムリエ、抜栓もデキャンタージュも見事なものです。

mndin-sml.jpg


そして魚料理として舌平目のルーロー、ハーブのソース。

mndin-ssfh1.jpg

mndin-ssfh2.jpg

バジルのソースと上に乗ったネギ、白身魚にハーブ系のソースは白ワインが進みます。
あと添えてあるポルチーニが美味しかったな、と。


ここでグラニテ。
グレープフルーツとブラッドオレンジのシャーベットです。

mndin-grnt1.jpg

mndin-grnt2.jpg

この組み合わせはとても好み。地味に美味しかったです。


その後メインの肉料理で仔羊のパイ包み“マリアカラス”。

mndin-mrcl1.jpg

mndin-mrcl2.jpg

mndin-mrcl3.jpg

このお店を代表する料理ってことでお願いしたものです。
井上シェフがパリのマキシムで修業していた頃、そのお店に客で来ていたマリア・カラスが仔羊を好み、帰国後にそこから考案された料理とのこと。
パイ包みは好みな上に肉の火加減が好く、これもフラン同様フォアグラとトリュフが使われています。
やはりこの組み合わせはベタですが美味しいな、と。


ここで水は如何ですか?ということでミネラルウォーターを注文。
友人はガス入りでオレッツァ、私は通常のでアクアパンナを頼みましたが一人1本までは飲めなかったので勿体なかったかもw

mndin-orz.jpg

mndin-apn.jpg

一時期川越シェフのお店で話題になった水1本800円じゃないけれど、オレッツァが1,000円、アクアパンナが800円なんでどっちか1本だけでよかったとちょっと後悔涙
因みに両方飲んでみましたがオレッツァがかなり美味しかったです。


それからデセールでタルトタタン。

mndin-dsttt1.jpg

mndin-dsttt2.jpg

輪切りの林檎のベースになっているのはピスタチオのアイス。
林檎とピスタチオのお菓子、どちらもとても好みのためこれまた嬉しいデセールでした。


そして食後にコーヒーか紅茶で私は紅茶を、あとプティフールでマカロンに抹茶のフィナンシェ、ガトーショコラ。

mndin-the.jpg

mndin-ptfr.jpg


料理は以上ですが、気が付いたらあっという間に4時間近く経過。
とてもゆったりとした贅沢な時間を過ごしました。

さて、支払いですが二人で6万超汗
流石はグランメゾンですが、機会があればまたこんな時間を過ごしたいと思います。

mndin4.jpg

この後、前回の記事の写真を何枚か撮ってお店を後にした次第です。
スポンサーサイト



2014/02/10 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/286-2b8ddf60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)