01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

グラン・シェフ(根室市昭和町) 其の三 

これまでランチ(肉)ランチ(魚)と2回記事にしたグラン・シェフですが今回はディナーで登場です。

ディナーで使うのはかなり久しぶり。今回は5千円のコースをお願いしました。

ディナーのコースだと前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート、パン、コーヒーとなります。
これに夜ということでタクシーでお店へ行ったのでワインを注文。

まずはワインリストからワインを注文。
グラスは赤と白のみで泡はないとのことなので、泡をボトルで頼み、魚と肉のときにそれぞれ白と赤をグラスで頼むことにしました。
シャンパーニュが切れていたので、リストからおススメなのとちょっと値引きしていて安かったのでスペインのカバ、ディボンをボトルで。
シェフが結構気に入っているスパークリングワインとのこと。初めて飲みましたがなかなか美味しかったです。

grch-d-dibon.jpg

それから料理。今回も書いてもらったメニューをそのまま書きます。
オードブル
・道産牛舌の生ハム仕立て
・石持鰈の子と真かじかのトマト風味ジュレテリーヌ
・鉢鮪テリーヌ
・北洋産紅鮭のスモーク
・自家製からすみ
・摩周そば粉のブリニ、鱒の助と紅鮭のスモーク、タルタル仕立て

grch-d-hdv1.jpg

grch-d-hdv2.jpg

grch-d-hdv3.jpg

スープ
・紅あずまのポタージュ、フェッデした生クリームを添えて

grch-d-sp.jpg


・青ゾイのポワレ、春菊のソースで
・帆立貝のピカタ、ラタトゥユ添え、バルサミコのソースで

grch-d-psn1.jpg

grch-d-psn2.jpg

grch-d-psn3.jpg


・道産牛尾の煮込み、マデラの風味で

grch-d-vad1.jpg

grch-d-vad2.jpg

grch-vad3.jpg

デザート
・ロールにしたティラミスにムラング・シャンティ
・王林のパイ
・ラ・フランスのコンポート、ショコラ添え

grch-d-dst1.jpg

grch-d-dst2.jpg

grch-d-dst3.jpg

grch-d-dst4.jpg

パン

コーヒー

grch-d-pnb.jpg

grch-d-cf.jpg

以上です。

オードブル、今回はディナーだからか品数も多めです。
牛タンの生ハムは自家製で、添えてあるトマトと一緒に食べるとさらに美味しさがプラスです。
鰈と鰍のテリーヌは苦手なジャンルかと思いましたが、ここの魚料理ホント美味しく食べられます。
鮪のテリーヌは小さめだったのでもう一個欲しかったくらい。
スモークとからすみも塩加減が好い感じでワインが進みます。
それと肉メインのランチにも登場してかなり気に入ったそば粉のブリニ、今回はスモークサーモンですが、これも好い感じで美味しくいただけました。

紅あずま、銀座の水響亭でも出ましたが、程よい甘さが美味しくポタージュにしてもいい感じ。寧ろポタージュの方が好いかも。

魚は2品、ここでグラスの白ワインを注文。

grch-d-gvb.jpg

青ゾイは春菊のソース。
見た目は綺麗ですがどんな味だろうと思ったらこれがまたいけます。
作り方も簡単とのことで、レシピ教えてもらいましたw

帆立のピカタはオヒョウのムース6とヨード卵4くらいで仕上げているとのこと。
これだけでも美味しいのですが、乗っているラタトゥユと一緒に食べるとかなりの美味しさでした。

肉料理で今度はグラスの赤ワインを注文。

grch-d-gvr.jpg

牛テールのマデラ酒煮込み、ランチのときは牛タンで同じ調理法でしたがまた違った味わいです。
これ、ポーションは結構な大きさw
煮込まれた肉も美味しいですが、添えられた野菜類が相変わらずの美味しさです。

デザートのティラミスは特にムラングの食感と見えにくいけれど下に敷いてあるカスタードクリームが絶品でした。
パイとコンポートも本体、ソース共に満足です。
コンポートはこのお店定番のデザートでしょうか、毎回登場しますがいつも美味しくいただけます。

おまけでスパークリングワインのワイヤー部分で作ったイスをいただきました。
シェフの娘さんが作ったとのことです。
これ、面白いかも。今度自分でも作ってみようと思います。

grch-prs.jpg

grch4.jpg

と、まあ長い記事になりましたが汗、満足できるディナーでした。
今度はもっと高いコース(ディナーは5千円~で特に設定はないようですw)でいただいてみたいと思います。
スポンサーサイト



2013/12/17 Tue. 20:44 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://iceicelc.blog.fc2.com/tb.php/262-3fc5471a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)