08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

若鶏時代なると本店(小樽市稲穂) 其の三 

今度は5月の話で久々に小樽のなるとへ行ってきました。
かなり久々の再訪で、前回の記事以来なので3年振りとなります。
その間にも2~3度行こうとしたことはあったのですが、いずれもあまりに混んでいて断念した経緯があります。
相変わらず混むと言うか、近年ますます混むようになったんじゃないかと。

さて、この日は入った時間が比較的早かったからかそんなに待たずに入れました。
前回はカウンター席でしたが今回は座敷の席へ。因みに座敷は全て堀座卓となっています。

いつもと同じく若鶏定食を注文。そう言えばこれまで書いていませんが、注文の際にレジで料金を前払いするシステムになっています。

それでは若鶏定食(1,200円)。

wdjnrtht-wdts1.jpg

構成はずっと変わらず、若鶏半身揚げ、ご飯、味噌汁、冷奴、漬物です。
因みにこの定食、平日の11時~14時だと1,000円なので平日に行けるのでしたらそっちのがお得です。
あと、若鶏半身揚げは単品だと980円となります。


まずは若鶏の半身揚げ。

wdjnrtht-wdts2.jpg

wdjnrtht-wdts3.jpg

これまで同様、揚げ具合、塩加減ともに好い感じです。
ただ、偶々かもしれないけれど3年前より小さくなっていないでしょうか?
勿論ランチとしては十分なボリュームではありますが、かつてのようにこれ以上もう無理って感じではないかな、と。
・・・って、この店を記事にすると毎回これ書いていますが、10年くらい前は本当に大きくて成人男性でもかなりきついサイズだったことを記憶しています。


それとご飯、味噌汁、冷奴、漬物。

wdjnrtht-wdts4.jpg

wdjnrtht-wdts5.jpg

wdjnrtht-wdts6.jpg

wdjnrtht-wdts7.jpg

漬物の内容は白菜から変わったようですが、豆腐とワカメの味噌汁や小鉢の冷奴などはずっと変わらないようです。
でも前回と写真比べると冷奴少し小さくなったような。
値段が3年前と同じため、こういうところでコストを削減しているのかなとか思っちゃいます。
どれも変わらず美味しかったけれど、漬物は以前の白菜の浅漬けの方が良かったなと思います。
もしかしたら漬物は変わったのではなくてこの日だけなのかもしれませんが。


wdjnrtht2.jpg

wdjnrtht1.jpg

さて、このなると、この店が元祖ですが暖簾分けされた小樽なると屋は小樽の他、札幌や函館、旭川にも店舗があります(旭川は確か3店舗だったかな?)。
元祖の此処以外行ったことがありませんが、折角旭川にもあるので一度行ってみようかなとも思っています。
スポンサーサイト
2018/09/09 Sun. 19:00 | trackback: 0 | comment: 2edit