04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

蕎麦とわいん関(札幌市中央区) 

連休はずっと旭川で過ごし、何軒か食べ歩きもしたのですが、まだ札幌ネタがいくつか残っているので旭川編はもうちょっと先になります。
さて、先日紹介したバディバディでのランチの後の夜のこと。
そのまま二人で前から気になっていた関に行きました。
ここは店名どおり蕎麦とワインがメインの店で、函館で紹介したやまななんかもそうですが、蕎麦とつまみをいただきがらお酒を愉しめる店は結構お気に入りです。

一応と思い、行くちょっと前に電話して予約したのですがそれが正解だったようです。
店内はカウンター6席、2人掛けのテーブルが2、4人掛けのテーブルが2と、そんなに席数はない上に結構混む店のようで、我々の予約で満席になってしまい、あとは予約で一杯で飛び込みでは入れませんでした。

まずはグラスのシャンパーニュで乾杯。
ニコラ・フィアット(1,000円)です。

swseki-gnclflt.jpg

蕎麦の店でシャンパーニュをいただけるとはなかなか高ポイント。因みにボトルのシャンパーニュは6種類と結構選べます。
これはピノ・ムニエが主体かな?柔らかく細かい泡の口当たりが好い感じです。


では食事を注文。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



2017/05/09 Tue. 01:00 | trackback: 0 | comment: 0edit