01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

中華料理 星龍軒(函館市若松町) 

年が明けて1月になってからの話で、函館駅前のエリアにある星龍軒へ行ってきました。
函館屈指の有名な塩ラーメンの店で、折角函館に住んでいるんだから塩ラーメンは食べてみたいし、そのうち行ってみようと思いながら3年近く経ってしまいました。
と、言うかラーメン自体とても久しぶりに食べます。
これまで、つけ麺まぜそば刀削麺なんかは食べに行きましたが、普通のラーメンを食べるのは2014年の3月、根室のホームランやき以来です。
以前も書いたことがありますが別にラーメンが嫌いな訳ではないものの、何故か人から誘われでもしない限り行かない上(ということは3年間誰からも誘われていないということですね苦笑)、この店はかなり混んでいて早々に売り切れてしまうということもあって、そのうちでいいやとここまで引っ張ったのもあります。

前置きが長くなりましたが、この日は11時開店のちょっと前にこのエリアに来ることがあったので、今日こそと思って行った次第です。
開店10分くらい前に着いたのですが既に並んでいる人がいて、私は2番目。
開店直前になると後ろに10人くらいが並んでいました。

店内はカウンター5席に4人掛けのテーブルが4とそんなに広くはないのもあって開店と同時に満席で、外にも何人か並んでいる状態でした。
ラーメン屋なのかと思っていましたが、メニューを見るとラーメンがメインではありますが店名どおり中華料理の店のようです。

さて、注文ですがここはやはり塩ラーメン(580円)を。
待ってる途中で肉まんがあったので追加しようとしたところ1人前は2個とのこと。
ちょっと多いかなと思ったら塩(正油)ラーメンと肉まん(あんまん)1個のセットがあるとのことなのでそれに変更。

あんまん/肉まんセット(700円)です。
まずは塩ラーメン。

srykn-sio-nm1.jpg

srykn-sio-nm2.jpg

srykn-sio-nm3.jpg

澄んだスープにチャーシュー、メンマ、三つ葉、ネギと、とてもシンプルな仕上がりです。
麺はストレートで細くも太くもなくってところでしょうか。
塩はきつくなくあっさりしたやさしめの味わいで、麺の歯応えもなかなか好い感じです。
チャーシューも味が濃すぎず、うまく合っているように思います。
三つ葉が好いアクセントになっていますが、これは好みが分かれるところかもしれません。
際立って絶品という訳ではないですが、オーソドックスながら全体的に完成度が高い印象でした。


それと肉まん。

srykn-sio-nm4.jpg

srykn-sio-nm5.jpg

srykn-sio-nm6.jpg

せいろに入っているのが好印象です。
そんなに大きくはないので、単品注文で2個でも食べられたかもしれません。
筍、椎茸、肉が結構大きめに切られていて食べ応えがあります。
こちらも比較的やさしめながらもしっかりとした味付けで美味しいと思えるものでした。

他のラーメン店に行ったことがないので比較のしようがありませんが、確かに美味しいラーメンだったと思います。


srykn2.jpg

srykn1.jpg

メニューを見ると焼きそばや中華飯、焼売やザンギなんかもあるので、近いうちに再訪してそれらも食べてみたいと思います。
ただ、本当に混むので早く行かないとならないのが難点でしょうか。
スポンサーサイト



2017/02/01 Wed. 23:00 | trackback: 0 | comment: 8edit