12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

暮らしと居合と食べ歩き

’20.4.3から釧路で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

méli mélo(札幌市中央区) 

12月の食べ歩きネタがいくつかあるので紹介します。

まずは札幌でのこと。
出張で札幌へ行った際、ランチはどこかフレンチにしようと思ってそこそこの有名店に予約の電話をしたのですが、ラストオーダーの1時間前に行くつもりだけれど雪のせいでもしかしたらちょっとだけ遅れるかもしれない旨伝えたところ、来てほしくないような態度で感じの悪い対応です。
実際には遅れることはないだろうけれど念のためと思って伝えたのですが、もうラストオーダーまでには来られないんでしょ、やめておいたら?って態度のため、歓迎されない店にわざわざ行くことはないと思い「すいませんそれなら結構です」とやめました。
私が好きなレストラン評論家の言葉で「性格の悪い料理人の店にうまいものなし」というのがありますが、まさにそんな感じかなとその言葉を思い出してしまいました。

そんな訳で店が決まらないまま札幌に到着し(予定の時間どおりに着きました)、暫く歩き回った後で大通り周辺のフレンチを検索していて見つけたのが今回のメリメロです。
ここは電話したところ、とても感じの良い対応で(それが普通ですが)、これから行きますとこの店にすることに。

前置きが長くなりましたが今回のメリメロ、南3西3のメッセビルの2階に入っています。
このビルはかなり昔ですがカフェコムサが入っていたことがあり、中に入ったのはそれ以来かもしれません。
店内は2人掛けのテーブルが3と4人掛けのテーブルが1で広くはないけれどお洒落なカフェっぽい雰囲気です。
2組ほど客がいましたがどちらも常連客のようでした。

ランチは3千円と5千円のコースの2種で今回は3千円のコースを選択。
Menu Déjeuner(3,240円)です。

melimelo1612-md1.jpg


その前にまずはグラスでシャンパーニュを注文。
シャピュイカルトノワールトラディションNV(1,296円)。

melimelo1612-gccnt.jpg

グラスが歪な形に見えますが、写真のせいではなくて実際こんな形です。
名前は忘れてしまいましたが作家ものとのこと。他の食器やカトラリーなんかも結構凝っているのが好印象です。
シャンパーニュは抜栓して時間が経っているからなのかもしれませんが、風味としてはシャンパーニュよりはちょっとカヴァっぽい感じ?が。
ただ、シャンパーニュらしい味わいも感じられました。

では料理を。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



2017/01/09 Mon. 03:00 | trackback: 0 | comment: 0edit