12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

想いやり生乳 

今回はちょっと珍しい牛乳の話です。
以前、TSUTAYA北見店に入っているヴィーダカフェで想いやりソフトを食べた話を記事にしましたが、今回はその材料となっている想いやり生乳を入手したので飲んでみました。
想いやりソフトを食べた際、そのうち牛乳も飲んでみたいと思っていたのですが、今回私の友人がそのときの記事を読んでわざわざ入手してくれたものです。

想いやり生乳(180ml、518円)。

omiyrsn.jpg

中札内村の有限会社想いやりファームが製造する日本で唯一の加熱殺菌をせずに飲める搾ったままの生乳で、種類別は“特別牛乳”となっています。
成分は無脂乳固形分8.5%以上、乳脂肪分3.3%以上、生乳100%です。

瓶は紙の蓋で昔ながらのスタイル、開けると上部が分離してクリームが浮いているのが好い感じ。
さて、味ですがかなり重たくて濃厚な牛乳をイメージしていましたが全く逆で、牛乳独特のクセや臭みが全くない、とてもあっさりとした味わいで飲み口もさらっとしています。
ただ、牛乳のコクや甘さはしっかり感じられます。
これまでの牛乳のイメージで飲むと不思議な感じですが、とても美味しい牛乳です。

無殺菌だけあって雑菌はほぼないため、賞味期限が過ぎても腐敗臭がない限り何日後でも大丈夫とのことです。
また、牛乳を飲んでお腹を壊してしまう方でも飲めるとのことで、財布には厳しいですがそれ以外はとても優しい牛乳です。
これは飲むことができて良かったなと思えるものでした。
因みに大きさはこの180mlと720ml(1,728円)の2種類があります。
牛乳としてはかなり高価なのと、出荷されている量も少ないようなのでそうそう簡単には買えませんが、今度は大きいものをジョッキで飲んでみたいなと思います。
スポンサーサイト



2017/01/06 Fri. 23:00 | trackback: 0 | comment: 4edit