11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ラデュレとピエール・エルメ・パリ、イスパハン食べ比べ 

前回、前々回とラデュレ、ピエール・エルメ・パリの両方でイスパハンを軸にケーキを食べた記事を書きましたが、イスパハンがメインなのにどちらもあっさりと紹介しただけなのは今回の記事のためです。
3年前に東京へ行った際は準備までしながら結局書けなかったイスパハン食べ比べを漸く書くことができました。

まずはラデュレのイスパハン(1,004円)。

ldr-ispahan1.jpg

ldr-ispahan2.jpg

ldr-ispahan3.jpg

構成はローズのマカロンビスキュイ、ローズクリーム、フランボワーズ、ライチ。


次にピエール・エルメ・パリのイスパハン(972円+10%のサービス料)。

php-ispahan1.jpg

php-ispahan2.jpg

php-ispahan3.jpg

構成はローズマカロン、ローズクリーム、ライチ、フランボワーズ。

見た目は若干違いますが、どちらも元々ピエール・エルメが創作したものなので基本的な構成は同じです。
フランボワーズが上に飾られて、薔薇の花びらに露のようなナパージュが施されているのも同様です。
ナパージュの滴はラデュレは三つ、エルメが一つです。


内部と断面を。
まずはラデュレ。

ldr-ispahan4.jpg

ldr-ispahan5.jpg


そしてエルメ。

php-ispahan4.jpg

php-ispahan5.jpg

ラデュレは中心にもフランボワーズが使われています。
エルメは中心はライチのみのためライチの量はエルメが多くなっています。

では食べ比べた感想を。
食感は見た目どおりでもありますが、ラデュレのマカロン生地は厚さはありますがサクッと軽めで、エルメはしっとりした柔らかめな食感になっています。
甘さと薔薇の香りはエルメが強いため、全体的にさっぱりした印象なのがラデュレ、濃厚で甘いのがエルメって印象です。
それぞれの素材の持ち味を活かしているのがラデュレで、甘さが強く、トータルで完成されているのがエルメってところでしょうか。

どちらが上かと言うとこれはちょっと難しいところで、好みの傾向でどっちが好きかは分かれるのではないかと思います。
食感だとラデュレ、香りだとエルメかな、と。
これ、ラデュレのマカロンで中をエルメにするとパーフェクトなイスパハンになるのではって気もしますが、それぞれの持ち味があるので、それぞれこれで良いのかもしれません。
それはそれとして、どちらも食べて損はないと断言できる美味しさでした。
スポンサーサイト



2016/12/14 Wed. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit