08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

暮らしと居合と食べ歩き

’14.4.4から函館で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ローストビーフ大野 秋葉原店(東京都千代田区外神田) 

とんかつ檍へ行った翌日、今度は秋葉原での昼食のことを。
実は他に目当ての店があったのですがなかなかの行列で、私も並ぼうとしたらなんと今並んでいる人で昼は終了とのことorz
・・・ではどこかないかと秋葉原を歩いているとかなり行列ができている店を発見。
これだけ並んでいる店ならそこそこ美味しいだろうし、ブログネタにもなるかなと私も並ぶことに。
それが今回記事にするローストビーフ丼の店、ローストビーフ大野です。

ところで、今ってローストビーフ丼が流行っているのでしょうか?
東京ではローストビーフ丼で話題の店がいくつかあるようで、ここ数日のネットのニュースでも今話題のメニューと取り上げられていました。
因みに札幌では肉バル系のいくつかの店が扱っているのと、函館ではまだ少ないようですが何軒かあるようです。
北海道はこれからなのかもしれません。

さて、話を戻しますが昼時なのもあるからか30人近く並んでいて、40分くらい待って店内に。
1階は入口のみで店は地下にあります。
店内はカウンターが10席と2人掛けのテーブルが3だったかな?

この店も行列がある程度進むと店員が注文を取りに来るので、比較的早く出てきます。
行列慣れしている店はどこもこんな感じなのでしょうかね。
メニューはとてもシンプルで、和牛ローストビーフ丼定食とローストビーフ丼定食、それぞれの肉増しで、ご飯の大盛りは無料となります。あとはドリンク類です。

今回注文したのはメインのメニューになっている和牛ローストビーフ丼定食(漬け物、スープ、薬味付き)(1,620円)です。

rstbfono-wgrbd1.jpg

rstbfono-wgrbd2.jpg

rstbfono-wgrbd3.jpg

rstbfono-wgrbd4.jpg

rstbfono-wgrbd5.jpg

ローストビーフが高く積まれていて、見た目のインパクトはなかなかのものです。
丼は小さめなので一見量が少ないのかと思いますが、深めの丼でご飯の量は見た目以上にあります。

卵とマヨネーズが上に載っていて、これは注文時に載っているけれど大丈夫か訊かれます。
私はそのままお願いしましたが、もしかしたら苦手なら無しにできるのかもしれません。

肉は薄切りですが大きくてなかなかの美味しさかと。
ソースは甘めで、これはもうちょっと辛めの方が味が締まるのではと思いました。

卵やマヨネーズ、あとは薬味やテーブルに備え付けられたピンク岩塩で味の変化を楽しめるのですが、逆に言うと肉自体に塩気がほとんどないため、それらがないと飽きてくるかなって感じました。
この中で気に入ったのは薬味として添えられたクリームチーズの味噌漬けと山わさびで、山わさびは元々相性が良いので間違いはないのですが、チーズが思いの外合います。
これらはもうちょっと量があってもいいのにと思いました。
ただ、結局は岩塩を降って食べるのが一番好いかなって感想です。

スープはネギのみのシンプルなテールスープで、これも悪くはなかったと思います。

量は見かけに反して物足りない訳ではなく、丁度良いくらいかなって印象でしたが、足りないって方だとご飯が無料で大盛りにできるのと、あとは肉増しを選ぶと肉が2倍になるのでかなり満足な量になるかと。
肉増しは和牛だと2,820円、普通の肉増しだと1,740円(通常は1,080円)なので結構値段が上がります。


rstbfono3.jpg

rstbfono2.jpg

こんな感じでかなり並んでいて、ピーク時は道路の反対側にも並んでいました。


rstbfono1.jpg

後で時間をずらして店の前を通ったら客が並んでいなかったので丁度良いなと撮ってみました。

東京の人気店は基本的に予約が必須なのと、予約できない店は1時間でも並ぶ覚悟がないと入れないのだなとこの2日間で感じた次第です。
スポンサーサイト
2016/09/28 Wed. 20:00 | trackback: 0 | comment: 4edit