02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

選手交代 

20160306-RX100M3.jpg

金曜日のことです。
以前から愛用していたリコーのCX6がまた故障しました涙
去年の7月と同様、またピントが合わなくなったのと今度はボディが震えるように。
ボディの震えは軽く叩くと直ることがあるのと、あとは何故かモードをマクロに合わせるとピントが合って撮ることはできるので料理の写真に使えないことはないのですが、流石に厳しいなと。

また修理に出そうかとも考えましたが、これで3回目なのでそろそろ買い替え時なのかなと思い新しいものを買うことにしました。

そんな訳で昨日買ってきたのがソニーのDSC-RX100M3です。
写真はCX6でマクロにして震えを叩いて止めて撮ったものです。

これとパナソニックのDMC-LX100のどちらかにしようと思い、実は絞りやシャッタースピード、露出なんかをダイヤルでマニュアル操作できてしかもRX100M3より寄って撮ることができる上、値段も安いLX100にかなり傾いていたのですが、ポケットに入らない大きさが難点だったのと、RX100M3を触ってみると各種設定が思ったより直感的にすんなりできたので、大きさを取ってコンパクトなボディのこっちに。

もう一つ、カール・ツァイスのレンズなのが魅力的だったのもあります。
昔、まだ銀塩カメラを使っていた頃にコンタックスのT3を愛用していた時期があって(今でも家に眠っていますが)、それで撮った写真の綺麗さが強く印象に残っています。
そのイメージが強くて今のレンズの実際はどうなのかはわかりませんが、カール・ツァイスのレンズというだけで良さそうと思ってしまうところがあります。
それも理由の一つになるかと。

ところで最近のデジカメって買って日付等の設定をしたらまずはパソコンと繋いで本体のアップデートからなんですね汗
その他タイムラプスや多重露光なんかの撮影を簡単にできるソフトを購入してインストールできるようになっていたり、Wi-Fiを使ってスマホからリモート操作でピントやシャッターを切ることができるのも驚きです。

今月一杯くらいは記事にしていない食べ歩きネタがあるのでまだブログには登場しませんが、これからはこれを新しい愛機として写真を撮るつもりです。
スポンサーサイト



2016/03/06 Sun. 22:00 | trackback: 0 | comment: 2edit