01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

食事処 一福(常呂郡置戸町) 

昨日の駅茶屋に続いて実はもう一軒たれカツ丼を食べに行きました。
今度は置戸町の一福です。

訓子府のたれカツ丼の元祖は福よしと言われていますが、事実は未確認ながらこのスタイルのカツ丼は今回紹介する置戸町の一福の方が古いという情報があって、折角ダムへ行く途中に通るんだし、寄ってみようということで行きました。

置戸町市街の赤十字病院の斜め向かいにある結構大きな建物の昔ながらって雰囲気の店で、昭和27年から営業しているなかなかの老舗のようです。
店内も広い小上がりに凝った造りの内装と、老舗らしさが感じられます。
メニューは丼もの、定食、おにぎり、蕎麦、ラーメンとこれまた昔の食堂って感じのものです。

注文ですが勿論かつ丼(830円)を。

1fuku-ktd1.jpg

1fuku-ktd2.jpg

1fuku-ktd3.jpg

こちらのかつ丼は程よいバランスのカツが載せられています。
カツの醤油ダレは駅茶屋のように後からかけるものではなく、揚げた後タレにくぐらせているようです。
肉はそんなに厚くはありませんが、衣の感じは上手に揚がっていると思います。
醤油ダレは濃くて甘い味わいの鰻丼なんかを思わせるようなもので、これだと海苔との相性も良いかと。
ご飯自体は駅茶屋の方が上かなと思いますが、全体としてはこっちの方がたれカツ丼としては好みです。
ただ、かつ丼はそんなに量はないので量を食べる方にはちょっと物足りないかもしれません。


味噌汁と漬物が付きます。

1fuku-ktd4.jpg

1fuku-ktd5.jpg

味噌汁は昆布の出汁が結構利いていて、ネギととろろ昆布です。
味噌汁も漬物も好印象でした。

あと写真は撮っていませんが、食後にお菓子をどうぞと東ハトのハーベストを一袋くれました。
ちょっと嬉しいサービスです。


地味な感じはしますが、老舗らしい好印象なカツ丼でした。

1fuku2.jpg

1fuku1.jpg

実はこの店、不定休で開けていない日も結構あるとの話なのでタイミング良く入れて良かったなと思います。
スポンサーサイト



2016/02/19 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit