01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ぷらっとカフェ 駅茶屋(常呂郡訓子府町) 

先日記事にした鹿ノ子ダムまでドライブの途中、訓子府町を通った際に訓子府のたれカツ丼を思い出し、折角なので食べていくことに。
たれカツ丼、この地域独特のカツ丼で、カツを卵でとじた通常のカツ丼と違い、ご飯に刻んだ海苔を散らしてその上にカツを載せ、醤油ダレをかけたもの。
イメージとしては新潟のたれカツ丼と似た感じのものです。

この地域では昔からカツ丼と言えばこのスタイルらしく、最近作られたご当地メニューと違い、根室のエスカロップや帯広の豚丼等と同じく古くから地域に根差したもののようです。

訓子府のたれカツ丼の元祖は昭和24年に創業した福よしと言われています。
折角なのでその店に行こうとしたら間が悪く休み涙
なので、雑誌等でよく紹介されている今回の駅茶屋へ行くことにしました。

名前のとおり旧訓子府駅舎に入っている店です。
メニューはやたら豊富で丼や定食の他、ステーキにカレー、ラーメン、そば、うどんにパスタ、ピザ、パフェにケーキ・・・それらも定番のものに加えマニアックなものまで、さらに刺身に天ぷらまでありました苦笑
ドリンクやアラカルトも多いので夜は居酒屋としても営業しているのかと。

兎に角いろんなものがありますが目当てはカツ丼です。
ここのたれカツ丼は2種類で、かつ丼の他、この店オリジナルの駅茶屋かつ丼があります。
因みにそれぞれをひれかつにしたものと、この地域以外では通常の卵でとじたものもありました。

今回注文したかつ丼 みそしる・つけもの付(730円)。

pcekcy-ktd1.jpg

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



2016/02/18 Thu. 01:00 | trackback: 0 | comment: 4edit