12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ガレット・デ・ロワ~Chocolatier Masale(札幌市中央区) 

1月6日ということで今年も去年同様ガレット・デ・ロワのことを。
毎年正月には食べていますが、去年も書いたとおりとても好きと言うか、洋菓子の中で一二を争うくらいに好きなものなので結構頻繁に食べています。

去年は南区石山にあるエリソンで買いましたが、今年はショコラティエマサールのものにしました。

本当は公現祭の今日に食べると良いのでしょうけれど、去年同様で買って食べたのは1月2日のことです。
この日は朝からパルコの初売りへ行き、目当ての服が半額になっていないかと期待していたものの、残念ながらセール除外品だったけどまあいいかと買い、その後先日記事にしたジャン=ポール・エヴァンで軽く食べてからガレット・デ・ロワを探しました。

ただ、お正月にガレット・デ・ロワってまだあまり広まっていないのか、大通、札幌駅と探しましたが扱ってる店はあまり多くありません。
どちらかと言うと洋菓子店よりはパンの店の方が扱っているように思います。
何店舗か見て結局ショコラティエマサールパセオ店で買うことに。

ガレット・デ・ロワ(2,592円)です。

ccltmslpso-gltdr1.jpg

ccltmslpso-gltdr2.jpg

ccltmslpso-gltdr3.jpg

過去にはショコラ味のガレット・デ・ロワも発売していたようですが、今年はオーソドックスなスタイルのものです。
マサールは店名のショコラティエのとおり、ショコラが得意なのですが、チョコレートを使ったもの以外でもケーキや焼き菓子など、どれを食べても外れのない美味しい店です。
これもパイのサクッとした食感、クレームダマンドの具合、焼き加減など間違いのない出来です。

フェーヴは別添で、代わりにアーモンドが入っています。
去年は私が引き当てましたが、今年は残念ながら身内に。
因みに別添のものはこんなフェーヴでした。

ccltmslpso-gltdr4.jpg

ガレット・デ・ロワの楽しみの一つがこのフェーヴで、コレクションするのも楽しいかと。


今年は新規開拓ではなく手堅い店を選びましたが、美味しかったので満足です。

ccltmslpso.jpg

書いているとまた食べたくなってきたので、近いうちにまた自分で作ろうかと思っています。
スポンサーサイト



2016/01/06 Wed. 21:00 | trackback: 0 | comment: 4edit