12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ジャン=ポール・エヴァン 三越札幌店(札幌市中央区) 

明けましておめでとうございます。

昨年同様に年末年始は札幌で過ごし、昨夜函館に戻ってきました。
暫く此処を放置していましたが今年も宜しくお願いします。

さて、新年最初の記事は今年最初の外食の話を。
1月2日にジャン=ポール・エヴァンへ行きました。
去年の9月に三越地下にオープンした店で、ショコラティエとして世界的に有名なエヴァンのブティックということで一度行きたいと思っていたのですが機会があまりなかったのと、あとはなかなかに高い店なのでそのうちにと思っていたところです。

店内は二つに分かれていて、右がカーヴ ア ショコラで左がバー ア ショコラ・・・要は右が売店で左がカフェです。
店内でのお互いの行き来ができるのはスタッフだけなので、カーヴからバーへ、またその逆も一度外へ出ないと行き来はできません。
今回はバー ア ショコラで期間限定のメニューをいただきました。

店内はカウンター5席と二人掛けのテーブルが4つとそんなに広くはありません。
初売りの日なのでかなり混んでいるのではと思いましたが、客はそれなりに入っているもののすんなりと座ることができました。

まずは私が注文したMenu Galette des rois Paris-Tokyo(ムニュ ガレット デ ロワ パリ-トウキョウ)(1,512円)。

jphvnms-mgdrpt1.jpg

jphvnms-mgdrpt2.jpg

jphvnms-mgdrpt3.jpg

jphvnms-mgdrpt4.jpg

1月2日~13日までの限定のメニューで、お正月っぽくガレット デ ロワとショコラ ショ マッチャのセットになります。
そのガレット デ ロワですが、ショコレティエらしくチョコレートを使ったものと、さらに抹茶を使ったものの2種類から選べます。
今回は抹茶を使ったガレット デ ロワ マッチャを選びました。
ベースのパイは上半分がショコラ風味、下半分はプレーンなものです。
中にはショコラが入った抹茶風味のクレームダマンドで、上に抹茶が降られています。

濃厚なショコラの風味と抹茶の香りは流石ジャン=ポール・エヴァン!・・・と言いたいところですが、チョコも抹茶もあまり強く感じられません。
しかもショコラを使った生地のせいでガレット・デ・ロワに大事なアーモンドの風味も弱いと思います。
綺麗に作られているのと、ショコラの滑らかな食感は流石だと思いましたが、どの要素も全体的に風味が弱いかなと思います。

それとチョコレートドリンクのショコラ ショ マッチャですが、こちらも抹茶の要素は弱いかなと思います。
ただ、コクと甘さ、ショコラの風味は流石ジャン=ポール・エヴァンと言えます。
これはとても美味しいかと。


続いて連れが頼んだものです。
単品の組み合わせでMont-Fuji(モン フジ)(674円)とAfricain(ショコラ ショ アフリケン)(882円)。

jphvnms-mtfj1.jpg

jphvnms-mtfj2.jpg

jphvnms-ccafrc.jpg

まずはモン フジ、これも限定のもので1月11日までの金、土、日、祝日だけのものになります。
モン-ブランだと白い山という意味ですが、モン-フジなので富士山です。
内容はピスタチオ風味のモンブランです。
モンブランクリームの下はクレームシャンティとピスタチオのペースト、土台はアーモンド入りのムラングになっています。

こちらもガレット デ ロワ同様なのですが、メインになる栗の風味が弱いな、と。
ただ、ピスタチオの風味が濃厚なのと、あとムラングのサクサクした食感は好いなと思います。

それとアフリケン。
メニューによると「ミルクを使わずショコラと水だけで作る男性的でスパイシーな飲み物」とのことですが、まさにそのとおりでビターなショコラにとてもスパイシーな味わいです。
特にスパイスがかなり利いていて、チョコレートドリンクなのに後味がちょっとカレーを思わせるようなスパイシーさです。
甘さの中にショコラが感じられるショコラ ショ マッチャに対して、ビターでスパイシーなショコラのアフリケンですが、これもとても美味しいなと思います。

全体的な感想だと以前東京で食べたラデュレやピエール・エルメのような感動を期待していたものの、ドリンクはとても美味しいと思いましたが、ケーキはそれほどインパクトは感じられませんでした。
ショコラショはどちらもとても美味しかったので、ケーキもチョコレート主体のものかショコラを選ぶべきだったのかもしれません。
そのうち再訪しようと思っているので、そのときにはジャン=ポール・エヴァンらしい、ショコラ主体のものを食べようかと思います。


jphvnms2.jpg

jphvnms1.jpg

最後に店内ですがガラス張りなのと、この前を通ると皆見ていくので結構目立ちます。
あとは客が帰った後の片付けが遅く、暫く放置しているのが気になりました。
これはスタッフが足りていないのか、まだ慣れていないのもあるのでしょうか?

ケーキ単品で600円以上、ドリンクだと一杯千円前後するような店なので、そのあたりの雰囲気やサービスにも気を使ってほしいなって思いました。
以上です。

それでは今年も地味ながら食べ歩きや居合の稽古を中心にブログを続けますので、あらためて宜しくお願い申し上げますm(__)m
スポンサーサイト



2016/01/04 Mon. 23:00 | trackback: 0 | comment: 0edit