11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

アントルメ グラッセ セレスト 

Joyeux Noël!

昨日食べたクリスマスケーキの話題です。
去年同様、今年も10月に入るとすぐにチェックを始め、早々に予約しました。
気が早いと言われそうですが、クリスマスケーキは10月が勝負かと。
特に有名パティシエのものなんかは台数も少なく、予約開始と同時に品切れになるものも汗
一切気を抜けないのがクリスマスケーキの予約だったりします・・・って大袈裟ですが苦笑

さて、今年も去年のオムレット ノルヴェジエンヌ イスパハンと同様、三越・伊勢丹からピエール・エルメのアイスケーキを予約しました。
アントルメ グラッセ セレスト(5,400円)です。

pierreherme-egceleste1.jpg

pierreherme-egceleste2.jpg

pierreherme-egceleste3.jpg

pierreherme-egceleste4.jpg

セレストは“天上”という意味で、パッションフルーツ、苺、ルバーブの組み合わせ。
エルメが子供の頃に過ごしたアルザスの空や太陽をイメージしたケーキらしいです。

内容は上からパッションフルーツのグラサージュ、パッションフルーツ風味ビスキュイ、中のマーブル模様になっているのはピンク色のが苺のソルベ、白いのはパッションフルーツのアイス、茶色いのがルバーブのコンフィで、その下にパッションフルーツ風味ビスキュイ、外側をマカロンで覆っています。

マカロンのグラデーションや表面のグラサージュの綺麗さも見事ですが、エルメの特徴として組み合わせの発想がまた見事だなと思います。
イスパハンのバラ、ライチ、フランボワーズの組み合わせはよくこんなの考えつくなと思いましたが、セレストのパッションフルーツ、苺、ルバーブの組み合わせも酸味と甘さがとても良いバランスで、また中が均一じゃないため食べる度に微妙に味が変わり、食べて幸せになれるような美味しさです。
4号ちょっとのサイズでこの値段なので結構高いのものではありますが、大満足なクリスマスケーキでした。

今度はエルメのアイスケーキじゃないクリスマスケーキも食べたいのですが、店頭渡しのため東京まで取りに行かなくてはならず、北海道在住だとちょっと現実的ではなくいためとても残念なところです。
とは言え、去年もですがとても美味しいケーキのため、来年もエルメのものを取り寄せようかと考えています。
スポンサーサイト
2015/12/25 Fri. 16:00 | trackback: 0 | comment: 2edit