10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

新旧プリングルズ其の2+1 

以前、新旧プリングルズと言うことでリニューアル前後のプリングルズを食べ比べた記事を載せましたが、その第二弾です。
身内がリニューアル前のサワークリームオニオンとうすしお味を入手してくれたので再び比較することにしました。

まずはサワークリームオニオン。

pringles-scoon1.jpg

pringles-scoon2.jpg

食感は以前書いたとおり薄くてパリッとした食感から、厚くて重ための食感に変わっています。
これは前の記事にコメントをくれたkさんがメーカーに聞いたところによると、ワレなどのリスクを低減するためとのことらしいのですが、言い訳と言うかそんなことじゃなくて利益を考えた結果なんだろうなと思ってしまいます。

さて、前回は入手できなかったため直接比較できなかった味ですが、やはりかなり変わっています。
旧バージョンはサワークリームの味が結構濃く、これが癖になる味わいです。
新しいものは前と同じ感想になりますが、サワークリームらしい酸味はほとんど感じられずオニオン主体の味になっています。
好みもあるかもしれないけれど残念ながらこれは劣化だよなーと感じてしまいます。

ところで面白いことにパッケージのデザインコンセプトは変わっていません。
新しいものはタマネギの浮き輪?を身に着けていますが、タマネギの浮き輪でサワークリームに沈まないのはサワークリーム風味が減ってタマネギ風味が増していることの暗示でしょうか。


それともう一つ。
どちらかと言うとこっちが今回のメインです。

旧うすしお味と新うましお味、それとナビスコのチップスターうすしお味を比較しました。
前回の記事のコメントでもいただいていますが、巷の評判では「これならチップスターと変わらない」などと言われています。
では実際、この3つはどう違うのか食べ比べをしようと思い揃えてみました。
我ながらくだらないことするなーと思います苦笑

pringles+1on1.jpg

pringles+1on2.jpg

まずは大きさ。
一番大きいのは旧うすしおで、次がチップスター、一番小さいのが新うましおです。
よく大きさがチップスターと変わらなくなったと言われていますが、それは誤解でチップスターの方が一回り大きいです。

色は一番黄色っぽいのがチップスター、旧うすしおが白っぽいけれどやや黄色が入っていて、ほぼ白いのが新うましおです。

食感ですが、これは先に書いたとおりで旧うすしおは薄くてパリッとした食感、新うましおは厚めで重ため、それとチップスターですがこの中間くらいで新うましおよりは薄くてサクサクした食感です。

では味ですが、これが意外でした。
新うましおがチップスターみたいと言われていますが全然違い、3種の中で一番芋らしさを感じるのがチップスターです。
よく新プリングルズがチップスター並に劣化などと言われていますが、皆さんチップスターに謝るべきかと。

塩味は旧うすしおがストレートな感じの塩味、新うましおは甘味のある柔らかい塩味で確かにうましおって感じで、チップスターは自然な塩味って印象です。

因みに味の付いている面も新旧プリングルズで逆になっていますが、これは何か理由があるのかな?
旧バージョンは凸面に味が付いていて、新バージョンは逆に凹面に味が付いています。
チップスターは凹面なので、新しいプリングルズはチップスターと同じ面に味が付くようになりました。

内容量は旧プリングルズが61g、新プリングルズが53gでチップスターは50gです。

原材料は旧プリングルズがじゃがいもで、新プリングルズとチップスターがポテトフレークです。
ただチップスターは材料がシンプルでポテトフレークのみがベースですが、プリングルズは小麦でん粉や米粉も使われています。
もしかしたらこのためチップスターが一番芋らしさを感じるのかもしれません。

以上です。私も新しいプリングルズはチップスターみたいなんて思っていましたが、実際食べ比べるとかなり違っていました。

基本的に安売りしている方を買いますが、期間限定のフレーバーものだとプリングルズで、塩味だとチップスターを選ぶかなと思います。

スポンサーサイト
2015/11/29 Sun. 12:00 | trackback: 0 | comment: 2edit