07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

白と金 

white-gold-berg.jpg

ビール系のアルコールの中で私はサッポロのホワイトベルグがかなり好きだったりします。
今回、限定でゴールドベルグが発売されたので(と言っても発売は4月のことですが)、飲み比べてみました。

ところでサッポロと言えばですが、急な出張が入り火曜日から札幌へ行ってました。

結構急に決まったのと仕事がずっと入っていたので、食べ歩き的にはあまりできなかったのですが、折角の札幌なのとタイミングが良かったので今回は連日のように映画を観に行きました。

札幌に到着した火曜日は「ターミネーター:新起動/ジェニシス」。
水曜日はこの日公開の「ジュラシック・ワールド」。
木曜は休みで金曜はこれまたこの日が初日の「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」の3作品です。

3作品とも面白く大迫力で満足できましたが、ターミネーターとジュラシックワールドはストーリー面でネガティブな感想も結構あるようです。
確かに前作との矛盾点や細かい突っ込みどころはありますが、この手のアクション大作は細かいことなんて気にせず大迫力の映像を楽しむべきだと思ったりします。

どちらも1作目を観ておくとより楽しめる演出があるのはファンには嬉しいなと。
ただ、ターミネーターに関してはジョン・コナーとカイル・リースのキャスティングだけは残念に思いました。
特にカイル、1作目の彼がカッコ良かっただけに、ってのが苦笑

ミッションインポッシブルは全作円盤を買っているくらい好きなのですが、今回もスタントなしのアクション、毎回楽しみな秘密道具?も面白く、ブルーレイが早く欲しいな、と思います。

また、どれも今後続編が作られそうなラストで今後が楽しみです。

・・・と、関係のない前置きがかなり長くなりましたが、飲み比べの話に戻ります。

今回、ホワイトとゴールドを両方買って同じようにグラスに注いでみました。
同じ勢いで注ぎましたが、ゴールドベルグは泡立ちがかなり豊かです。
色はややゴールドの方が濃いようにも見えますが、ほとんど区別がつかないように思います。

ホワイトベルグはベルギー産の麦芽を使い、上面発酵で作られたホワイトビール的な雰囲気とオレンジピールにコリアンダーの香りが利いていて、リキュールに分類されるものながらクラフトビールっぽい味わいがかなり好みです。

ゴールドベルグですが、ホワイトビール的なホワイトベルグに対して名前のとおりゴールデンエールをイメージした味わいになっていて、アルコール分もホワイトの5%に対して6%と高めになっています。
コクはこちらの方が強いですが、柑橘の香りが強いホワイトと比べると万人向けで普通になったなって印象です。

悪くはないのですが厳しく言うとこれだと他のビールや発泡酒でもいいんじゃないかって思ってしまいます。
私としては独特の風味のあるホワイトベルグの方が好きかなという印象です。

ところで、このシリーズの黒が出ればいいのになんて思ったりします。
スタウトやポーターをイメージしたブラックベルグを是非発売してほしいところです。
スポンサーサイト



2015/08/09 Sun. 21:00 | trackback: 0 | comment: 2edit