01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

自作のザッハトルテ 

20150210-st1.jpg

20150210-st2.jpg

昨日の記事でデメルのザッハトルテを紹介したところですが、今日は自分で作ったザッハトルテを記事にします。

なんだかカラオケでプロが歌った直後に同じ曲を自分が歌うような大胆さですが恥、実はデメルのザッハトルテを取り寄せたのも食べたかったのが半分と、あとは自分で作る前に参考にしたかったのがあります。

もうすぐバレンタインですが身内と友人くらいしかもらえる当てもないですし、食べたいものは自分で作ってしまおうということでチャレンジしました。

実は本格的なケーキを作るのは初めてで、今回もガレット・デ・ロワ同様、お菓子作りが得意な友人にいろいろアドバイスをもらっての製作です。

折角なので材料は可能な限り良いものにして、チョコレートはヴァローナでカカオ70%のグアナラ、小麦粉はドルチェ、バターはエシレ、卵は瀬棚、モリガキ農園の自然有精卵って感じでかなりの豪華仕様です。

20150210-st3.jpg

それと通常はアプリコットジャムを使うのですが、前から食べようと思って使っていなかったバラのジャムがあり、これで作ったらどうだろうってことでバラのジャムで作りました。

20150210-st4.jpg

ジャムの塗り方はホテルザッハー式で、スポンジを真ん中でスライスし、表面と中にも塗りました。

あとはネットや本、友人からのアドバイスを参考に作ったのですが、一番のポイントはグラズールを作る際の温度でしょうか。
108℃まで加熱し95℃まで冷ますのですが、この温度が結構大事とのことなのでわざわざ温度計まで買ってきて慎重に作業しました汗
おかげでザッハトルテならではの砂糖のシャリっとした食感はそこそこ出せたと思います。

仕上げはスポンジに溶けたグラズールを一気にかけて成形するのですが、下手に表面を均そうとすると失敗しそうなので上面はそのまま、側面はちょっとだけ触りましたがこれもほぼかけっぱなしです。

味はやたら良い素材を使ったのと基本に忠実に作ったつもりなので初めてにしては十分及第点じゃないかと。
バラのジャムも思ったより好い感じで美味しいと思います。
今後の課題はやはり成形でしょうか。デメルと比べると美しさでは及ばないですし涙

デメルの飾りを食べずに取っておいたのでのっけてみました。なんとなくそれっぽく見えます。

20150210-st5.jpg

何度か作れば慣れて綺麗なものができるかと思うのですが、手間と後片付けの大変さを考えるとリクエストでもされない限り当分は作らないかと思います苦笑
スポンサーサイト



2015/02/12 Thu. 21:00 | trackback: 0 | comment: 2edit