10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

Jolly Jelly Fish from CALICALI(函館市宝来町) 

夕食に1982年創業の有名店、ジョリージェリーフィッシュへ行ってきました。
勿論目的は函館ソウルフードと呼ばれているステーキピラフです。

この店、いつもジョリージェリーかジェリージョリーかどっちだったかわからなくなります恥
今はこの文章書いているので流石に覚えましたけど。
あと、フロムカリカリと付くのも初めて知りました。

宝来町の千秋庵総本店や割烹冨茂登(この2軒もそのうち食べて記事にしたいところです)の並びにあるアメリカンな外観の店なので場所はわかりやすいかと思います。

実はゴールデンウィークにランチで行こうとしたことがあったのですが、混んでいたのと昼営業から外れてしまいそうな時間だったのとで断念したことがあります。
この日も週末の夜だったのでそれなりに混んでいましたが、2階のテーブル席に一つ空きがあったのでそこに座ることができました。

では注文を。
夜も営業しているためアルコール類も結構あり、ワインも10種類ほどありました。
まずはその中からスパークリングワインをグラスで。
グローブ ストリート プライベート キュベ ブリュット(グラス600円)です。

jjffcc-gspcb.jpg

アメリカンなイメージのお店だからかカリフォルニアのワインが中心のラインナップで、これもカリフォルニアの辛口です。
ナッツが付くのは結構嬉しいポイントかと。


それと食事。
元祖ステピ(1,200円)です。

jjffcc-gstp1.jpg

jjffcc-gstp2.jpg

ステーキピラフを略してステピなのですが、商品名もステピになっています。
・焼き方(ミディアム、ウェルダン)
・量(S、M、L、メガ)
・ソース(オリジナル、和風、トマト)
・トッピング
と選べて、今回はごくノーマルなものを。
ミディアム、M(200g)、1982年から変わらずのオリジナルソース
の組み合わせにしました。

ピラフの上にタマネギが敷いてあり、その上にカットされたステーキの構成です。
それにコーン、ポテトサラダ、ミニトマト、レタスが添えられています。
内容は違いますが根室のエスカロップオリエンタルライスを思い出させる一皿です。

味ですがピラフはバターライス的な味でタマネギ、牛肉との相性は良いかと思います。
ソースはメニューによると「トラピストバターが香る秘伝のてりやき風ソース」とのこと。
トラピストバターはわかりませんでしたが、醤油ベースの濃いめのソースは悪くなかったと思います。

総合すると、正直ごく普通だし、値段考えると高いな、と。
テレビで紹介されるような有名メニューだけあって期待値が高かったのもあるかもしれませんが、肉の質や味などを考えると、構成が似ているオリエンタルライスが950円(2012年当時)なので1,200円は高いなって印象です。

jjffcc2.jpg

jjffcc3.jpg

jjffcc1.jpg

ただ、函館にいるうちに一度食べてみたかったので満足な夕食ではありました。
他のソースやチキンやポークのステピもあるようなので、それらも機会があれば食べてみたいところです。
スポンサーサイト



2014/11/26 Wed. 21:00 | trackback: 0 | comment: 2edit