08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

きくよ食堂(函館市若松町) 

一度行きたいと思いながらなかなか行かずにいた函館の海鮮丼を食べに行きました。

ただ、同じジャンルの店が沢山あってどの店にしようかかなり迷います。
迷った結果今回は多分一番有名かと思われるきくよ食堂へ行くことにしました。

昭和31年創業の老舗で、ご飯を炭炊き蒸し釜戸で炊いているというのが気になったポイントです。

朝10時頃に行ったのですが結構混んでいて、途中相席になりました。
海外からの客も結構いましたし、流石有名店です。

海鮮丼は各種ネタを一種類~数種類の組み合わせで注文することができます。

今回頼んだのはうに・ほたて丼と、おすすめの一品料理になっていた真イカの活いか刺身。

まずはうに・ほたて丼(2,268円)

kkysd-uhd1.jpg

kkysd-uhd2.jpg

kkysd-uhd3.jpg

ムラサキウニとホタテの丼、それにふのりの味噌汁と漬物が付きます。

炭炊き蒸し釜戸のご飯ですがかなり柔らかめの炊き上がりになっています。
硬めのご飯が好きな私にとってはちょっと残念なポイントですが美味しいご飯とは思います。

うにですが、塩水のみの無添加とのこと。これに特製のたれです。
これは流石美味しいと思います。

ただ、ほたてが残念な感じです。
悪くはないのかもしれませんが厚さ、質ともにちょっと前に食べた青森の三國と比べると見劣りしてしまいます。


それと真イカの活いか刺身(1,500円)。

kkysd-ktis1.jpg

kkysd-ktis2.jpg

函館なんだからってことでちょっと高いですが活いかの刺身を頼みました。
これはまあ当たり前に美味しいかと。

以上、概ね満足はできましたがコスパを考えるとどうかなって印象はあります。
場所柄、観光客向けの価格設定なのはわかりますが、質もそれで納得できるものを提供してほしいところです。

kkysd2.jpg

kkysd1.jpg

ネタによっては旬なんかもあるので時期を変えて再訪したいのと、そのうち他店も行って比べてみたいと思うところです。
スポンサーサイト



2014/09/23 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit