06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

手打ち蕎麦きたわせ(函館市杉並町) 

先月末頃の週末の話です。

お昼に蕎麦を食べようと思い、ネットで見つけて気になっていたきたわせへ行ってきました。

このお店、店名を蕎麦粉の品種「キタワセ」にしていたり、メニューに書いてある解説を読むと使用している水や食材、特に野菜は店主が野菜ソムリエでもあるようでいろいろと拘っているようです。

野菜は加賀れんこんや和田農園のごぼう、オロフレトマト、スノーホワイトチェリバレーの鴨、ニューカレドニアの天使の海老など、どれも気になるものばかりで何を食べようか迷いましたが、自分の定番で最初のお店では天せいろってことでそれを・・・と思ったらそれも何種類かありまた迷います苦笑

その中で珍しいのもあって特に気になったたこ天せいろにしてみました。

それとこのお店、夜は居酒屋的なメニューも提供するからかワインリストもあり、これまた特に気になったフランス産シードルを食前酒としてグラスで頼んでみました。

シードル・ヴァル・ド・ランス・クリュ・ブルトン・ブリュット(500円)。

ktws-cdr.jpg

林檎らしい甘さもありますがスッキリした味わいの辛口のもので食事に合わせても悪くないと思います。


それと名物たこ天せいろ(1,450円)

ktws-mtts1.jpg

ktws-mtts2.jpg

ktws-mtts3.jpg

蕎麦は外一で蕎麦粉90.9%につなぎ9.1%のほぼ蕎麦粉のみのものとのこと。
比較的太めの蕎麦で蕎麦の香りも感じられて好印象でした。

つゆは甘い辛いなどの特徴だと中間的な感じに思いますが悪くはないかと。

それと天ぷら。たこだけかと思ったらごぼうの天ぷらも嬉
たこ6個にごぼう3個です。

メニューによると「驚きの柔らかさ。たこの概念がかわる逸品。」とのことですが確かに柔らかいたこでした。
たこも美味しかったのですが、主役のたこよりもごぼうの天ぷらが美味しくてこちらの方がインパクトが強かったように思います。

天つゆの他に岩塩が出されて、塩で食べるのが好きな私にとっては高ポイントでした。

蕎麦の量は普通ですが天ぷらと食べると結構満腹になります。


それから食後ですが蕎麦茶のソフトクリーム(350円)を頼んでみました。

ktws-sbcsc1.jpg

ktws-sbcsc2.jpg

これもネットで見つけて気になっていたものです。

ソフトクリームはさっぱりして軽め。
滑らかよりはシャリっとした食感です。
言われないと蕎麦茶の風味とはわからないですが、香ばしい感じで美味しいと思います。

あと蕎麦の実のヌガーが添えてあり、これが好いアクセントになっています。
これは白鳥町にあるケーキ屋さんのボン・ガトー・マリスと共同製作とのこと。


店内はカウンターの他、円いテーブルがあり、2階にも席があって結構混んでいました。

お店は入口が2ヶ所あり、大きな通りに面している方の入口から入りましたがどうやらそっちは裏口で正面は別の入口です。
裏口から入ったので気が付きませんでしたが、正面にはソフトクリームの看板があり、店内に入らなくても買えるようです。

ktws4.jpg

ktws3.jpg

ktws2.jpg

ktws1.jpg

比較的高めな値段設定に思いますが、総合的には満足できました。
今回食べなかった海老天もそのうち食べてみたいと思います。
スポンサーサイト



2014/07/11 Fri. 01:00 | trackback: 0 | comment: 2edit