11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

洋食とcafé じゅんぺい(上川郡美瑛町本町) 其の三 

昨日から更に遡って11月初めのまだ雪が降る前のこと。
これまでに2回紹介した美瑛町のじゅんぺいでとんかつを食べた話です。
前回の記事でとんかつ定食の松がいつ行っても品切れで全然食べられないと書きましたが、このときは肉の入荷に合わせて行くようにし、しかも事前に予約までしました。
それでもこの日は一人前しか用意できないとのことで、友人と二人で行ったのですが今回は譲ってもらうことに。
当日ではありますが開店前に連絡したんですけどね・・・本当に用意できる数が少ないようです。

それではとんかつ定食(ロースかつ)松 250g(1,580円)です。

junpei-tktsm1.jpg

竹の定食と同様でロースかつ、ライス、みそ汁、サラダ、辛子茄子の構成です。


ロースかつ250g。

junpei-tktsm2.jpg

junpei-tktsm3.jpg

前回の竹も結構な厚さがありましたが流石は限定の松、さらに肉厚なのと脂身も多めです。
竹よりも50g多いけれど大きさはそこまで差がないように見えるので、ほぼ厚さの差になるのかな、と。
前回も書きましたが自家製の生パン粉を使っていて、薄く付いた衣は濃いめの色に揚がっています。
前回は芯が微かなピンク色なくらいの火加減でしたが今回は中心部まで火が入っています。
勿論火が入り過ぎと言う訳ではないので柔らかく美味しい仕上がりですが、前回~もうちょっとピンクが強い方が好みではあります。
塩加減が控えめなのも竹と同様で、そのまま食べるとやや物足りないかもですが、自家製のソースもこの店の自慢なので、ソースと食べるがのが前提の塩加減なんだと思います。


ライス、みそ汁、サラダ、辛子茄子。

junpei-tktsm4.jpg

junpei-tktsm5.jpg

junpei-tktsm6.jpg

junpei-tktsm7.jpg

これらも前回と同じ内容です。
このあたりは柔らかいご飯の店が多い中、固めで粒が立ったご飯が好印象なのと、味噌汁、サラダ、辛子茄子も満足な味わいです。

4度目(かな?)にしてやっと食べられたロースかつの松でしたが、厚さがあって脂身が多い、私好みなとんかつでした。
これでもうちょっと芯が残った火加減と、ソースなしでも良いくらいの塩加減だったらなとも思うところではありますが、十分満足な美味しさだと思います。


junpei7.jpg

junpei6.jpg

今回のとんかつ定食(ロースかつ)松を食べたいと思っている方は、事前に肉の仕入れを確認して予約することをお勧めします、と言うかそうしないと食べるのは無理のようです。
スポンサーサイト
2018/05/01 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

とんかつくにか(札幌市白石区) 

今回は9月の札幌でのことを。
なかなか更新できずにいるため掲載の予定は大幅に遅れています汗

さて、とんかつを食べに白石区川下にあるくにかへ行きました。
この店、かなり前になりますが札幌に住んでいた頃に行ったことがあって、そのときはかなり美味しかったのを覚えています。
その後、場所が遠いこともあってずっと行かずにいましたが、ブログで紹介したことはないなと思って数年振りに再訪した次第です。
場所は川下三条、厚別川のすぐそばって感じの場所です。

店内はカウンター7席、2人掛けのテーブルが1、4人掛けのテーブルが3、4人座れる小上がりもあります。
メニューは昼時だと4種類のランチが870円~890円とお得なのですが、ここはいつもどおりロースかつの一番高いものを注文しました。

ロースかつ定食 260g(1,728円)です。

tnktknk-rkt2601.jpg

tnktknk-rkt2602.jpg

tnktknk-rkt2603.jpg

tnktknk-rkt2604.jpg

260gだけあってなかなか大判なとんかつ、厚さもまずまずです。
因みにこの他に160g(1,188円)もあります。

粗めのパン粉で、やや薄めの色に揚がっています。
芯が微かにピンクな火加減なのが見事です。
塩は強くないけれど、そのままでも美味しい塩加減になっています。
肉は柔らかいけれど歯応えがあって脂身は甘く、くせのない味わいと、かなり美味しいとんかつです。

野菜はキャベツ、トマト、パセリ。
キャベツもパセリもかなり大盛りで、どれも鮮度が高く瑞々しいのがかなり好い感じです。
しかもキャベツは一回のみお代わりができます。
ただ、この量なのでお代わりはしませんでした。


キャベツはドレッシングをかけていただきました。

tnktknk-rkt2605.jpg

軽い酸味と人参の甘さが程よく利いていてなかなか美味しいドレッシングです。


ライス、味噌汁、漬物。

tnktknk-rkt2606.jpg

tnktknk-rkt2607.jpg

tnktknk-rkt2608.jpg

ライスもキャベツ同様、一回のみお代わりができます。
柔らかめに炊き上がっていますが、気になるほどではありません。
味噌汁は豚汁で、豆腐、油揚げ、大根、人参、長ネギと具沢山で、豚肉がゴロンと大きめなのがサービス良いなと思います。
沢庵はやや塩きつめですが、ご飯が進むくらいのしょっぱさで、これも気になるほどではないかと。

全体的に美味しく、コスパとしても悪くないロースかつ定食だったと思います。
また、店主夫婦の接客も愛想が良くてこれも満足な点でした。


店はこんな感じ。

tnktknk2.jpg

tnktknk1.jpg

横に長い造りで、店内のあちこちに豚グッズが置かれていました。
店を右に100mくらい行くとすぐに橋があり、厚別川が流れています。

とても久々に行きましたが、以前の印象と同様に美味しく、札幌でも一、二くらいの満足度だったと思います。
2018/02/06 Tue. 01:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

ドライブインさわ(苫前郡苫前町字力昼) 

函館の記事が続きましたがここで道北の苫前町でのことを。
先月初め、ダムカード集めで留萌方面まで行ったついでに、さわへとんかつを食べに行きました。
ここはうに丼がとても安く食べられるのも魅力なのですが、かなり厚い肉のとんかつ定食があり、それがずっと気になっていていつか行こうと思いながら流石に遠くて行けずにいた店です。
場所は国道232号、オロロンライン沿いで場所はわかりやすいものの、旭川からでも結構距離がありました。

二人で行きましたが、着いたのが15時ちょっと前だからか客は我々のみ。
店内は4人掛けのテーブル席が4、それと4人の小上がり席が2で、ちょっとぶっきら棒に感じられるところはあるものの、決して愛想が悪い訳じゃない女将さん一人で切り盛りしています。
時期的にうに丼はやっていなく、迷わずとんかつを注文しました。

とんかつ定食(900円)。

drvisw-tkts1.jpg

-- 続きを読む --
2017/11/11 Sat. 22:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

洋食とcafé じゅんぺい(上川郡美瑛町本町) 其の二 

ここのところ美瑛ネタが続いていますがもう一つだけ美瑛での食べ歩きを。
先月初めに記事にしたじゅんぺいを再訪しました。
目的はとんかつです。
この店のとんかつ定食は松(250g)と竹(200g)の2種類があって、ここは是非松をと思っていたところでしたが、実はこの前にも一度とんかつを食べようと行ったことがあって、そのときは開店早々に入ったのに竹はできるけれど松はないと言われてまたの機会にしようと店を出たことがあります。
それではとあらためて今回再訪し、開店と同時に入ったのですがまたもや松は品切れとのこと。
訊くと肉の仕入れの関係で月曜日と木曜日なら食べられると思うけれど、週末だとほぼ食べられないとの話です。
旭川から車で30分かけて行って今回も食べないというのもな・・・と思い、竹を頼むことにしました。

とんかつ定食(ロースかつ)竹 200g(1,370円)です。

junpei-tktst1.jpg

-- 続きを読む --
2017/10/13 Fri. 07:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

自由軒(旭川市5条通) 

暫く家を空けていて久々の更新になります。
ネタがかなり貯まっていて記憶が薄れる前に記事にしなければと思いながらもなかなか更新出来ずにいますが、年内にはなんとか全て消化したいと考えています。

さて、7月に遡りますが平和通買物公園沿い(実際にはちょっと奥に入りますが)にある自由軒へとんかつを食べに行きました。
1949年創業の老舗の定食屋で、旭川では元々有名な店のようなのですが、テレビ番組の「孤独のグルメ」で取り上げられたことから現在は全国的にも有名な店なのではないでしょうか。

このときは仕事帰りに寄ってとんかつを食べに行きました。
事前にネットで調べてとんかつが美味しそうだったのと、看板に焼肉 とんかつとあるだけあって、これは期待できそうです。
店内はそんなに広くはなく、カウンターが7席、4人掛けのテーブルが3と2人掛けのテーブルが1となっています。
ただ、その他に2階にも席があるようで、こちらは宴会にも使えるみたいです。

メニューは結構バラエティに富んでいて気になるものもいくつかある他、孤独のグルメで井之頭五郎が頼んだものに因んだ五郎セットなんてものまでありましたが、ここは迷わずとんかつを。
とんかつ ロースかつ 味そ汁・ライス付(1,400円)です。

jykn-rkts1.jpg

jykn-rkts2.jpg

jykn-rkts3.jpg

そこそこ厚さのあるロースかつで、衣は細かいパン粉が薄く付いていて、色は濃いめにカリッと揚がっています。
そのせいか、網なしで直接皿に置いているのに底がふやけないのが好いなと思います。
肉は芯が微かに赤く、絶妙な火加減なのが見事です。
火加減もですが油切れも良くて衣の剥がれもなく、とても上手な揚げ方だと思います。
塩と胡椒は適度に利いていて、ソースなしでも十分な美味しさの塩加減なのと、肉もロースらしく脂身が適度にあってしかも美味しいのがこれまた好いなと。
ポテトサラダはマカロニも入っていて、キュウリやニンジン、卵が大きめに切られているのが特徴でこれもなかなか好いのと、キャベツも瑞々しくて美味しいと思います。


ライス、味そ汁、漬物。

jykn-rkts4.jpg

jykn-rkts5.jpg

jykn-rkts6.jpg

ご飯は柔らかめ。何軒か旭川市内の飲食店を食べ歩きましたが旭川ってご飯が柔らかめな店が多いなって印象です。
固めなご飯が好きな私としてはちょっと残念ではありますが、こっちではその方が好まれるのでしょうか?
味噌汁は写真ではわかりませんが小さく切られた豆腐とネギのみのシンプルなもので、出汁が強く出ていて家庭的な味わいが好印象です。
漬物はご飯が進むくらいの適度な塩加減でこれも結構好みでした。

以上です。流石は看板にとんかつと掲げている老舗の人気店だけあって、とんかつ専門店ではないのに旭川ではトップレベルの美味しいとんかつだと思います。


jykn2_20171001233607bea.jpg

jykn1_20171001233608d08.jpg

古い店ですが、気さくな店主に美味しい料理で常連客が多いのも納得なのと、テレビの影響がまだ大きいのか観光客も結構来るようでなかなかの人気店です。
実はもう何度か通っていてロースかつ以外にもいろいろ食べていまして、まだ先になりますがそのうち再訪記事を紹介するつもりです。
2017/10/02 Mon. 22:00 | trackback: 0 | comment: 4edit