07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

Piece Montee(旭川市3条通) 

紹介しようと思っていた札幌ネタがまだあるのですが、ちょっとここで昨日~日が変わったので一昨日ですね~の旭川でのことを。

週末に駅前の繁華街を歩いていて工事中の店を見つけました。
結構大きな店なのですがどうやらパティスリーのようで、昨日通りかかったら丁度オープンした日だったのでちょっと入ってみました。
それが今回のピエスモンテで新規のオープンではなく、移転してリニューアルしたようです。
以前はパティスリー&ダイニングだったようなのですが、今回はパティスリーとカフェの形態のようです。
暑い日なのでケーキを買って帰るのはちょっとなーなんて思いながらメニューを見ていたら、パフェやソフトクリームがあったのでそれらを店内でいただくことにしました。
店内はなかなか広く、2人掛けのテーブルが6と4人掛けのテーブルが2、椅子は全てソファになっています。
この時は持ち帰りの客は何組か続いて来ていましたがイートインは私一人だけ。
そんな訳で写真が撮り易そうな奥の席に座りました。

まずはソフトクリーム バニラ メープルコーン(350円)。

pecmnt-scmpl1.jpg

pecmnt-scmpl2.jpg

ソフトクリームはバニラ、チョコ、バニラ&チョコのミックスの3種類。
コーンも3種類で、今回頼んだメープルコーンの他ワッフルコーン、ココアワッフルコーン、あとはカップも選べます。
今回選んだのはメープルで、日世のクリスピーメープルコーンが使われています。
これ、洋菓子店のソフトクリームでたまに見かけることがありますが、使っている店は多くないかと。
なかなか美味しいコーンだと思います。
ソフトクリームですが、訊くとベースのミックスはあるけれど乳脂肪分などメーカーと打ち合わせてオリジナルのものを作ったとの話です。
フリーザーが日世なので、日世のOEMということでしょうか?
もっと詳しい話が聞きたかったのですが、開店初日にソフトクリームの配合なんかの詳しい話を訊くと怪しまれそうなのでやめておきました。
話が逸れましたがソフトクリーム。店内は冷房が効いているけれど暑い日だからなのか、フリーザーのコンディションもあるのか、それともこういう仕様にしているのかは不明ですが、かなり柔らかく溶けやすい仕上がりになっています。
洋菓子店のソフトクリームらしい生クリームっぽい味わいで、甘さが結構強く砂糖的な甘さを感じます。


それからパフェを。
パフェは4種類あってその中からピスタチオとフランボワーズのパフェ(780円)を注文。

DSC04781.jpg

DSC04779.jpg

カップの中に苺、マカロン、ホイップクリーム、パンダのチョコ、プレーンなクレープスティックを飾り、その中にピスタチオのアイス、フランボワーズのソルベ、一番下にフルーツグラノーラの構成です。
ホイップクリームは甘さはあるけれどそんなに強くしていないのと、逆にマカロンがしっかり甘く仕上がっているのが良いバランスかと。
ピスタチオのアイスは後味にピスタチオは感じられるものの、そんなに風味は強くないかな。
フランボワーズのソルベは味がしっかりしていて、冷凍のフルーツも入っています。
これ、思うのですが折角フルーツも使っているのだから見せ方をもっと工夫すればいいのにと。
でもオープン初日なので今後改良されていくのかもしれません。
フルーツグラノーラは合わないわけではないのですが風味が結構強いので、砕いたパイ生地とか旭山公園売店のようにワッフルコーンを砕いて使うとかすればもっとアイスの味が活きるのではないかとも思いました。
全体的には悪くないとは思いますが、ソフトクリームもですがこのサイズでこの値段はちょっと高いかなって気もします。
特にパフェは同じ価格帯でかなりハイレベルなものを食べたことがあるので余計にそう感じてしまうのかもしれませんけど。


店内はこんな感じでゆったりと座ることができます。

pecmnt2.jpg

pecmnt1.jpg

どうやら結構深夜まで営業しているようなので、飲み会の後の〆パフェなんかにも使えそうです。
まだオープン初日なのでもう少し落ち着いたら他のパフェやケーキを食べに再訪してみようかなと思います。
スポンサーサイト
2017/08/03 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

GELATERIA ITALIANA La Giostra(札幌市中央区) 

さて、フローズンヨーグルトソフトクリーム居合を記事にしたところでまた札幌の話に戻ります。

狸小路7丁目にあるラ・ジョストラへジェラートを食べに行きました。
7丁目の端っこでこの界隈の老舗、う月食堂(そう言えばまだ入ったことないな)の隣なので場所はすぐわかるかと思います。
このラ・ジョストラですが、同じ名称の店がすぐ近くにもう一軒あり、元の店は其方の方でジャンルはバールです。
元々はそこでジェラートを提供していたとのことなのですが、去年別に専門店を出したようです。
実はこの店も炎屋同様に何度か食べに行っていて写真も何度か撮っていたのですが、そのうち記事にしようと思いながら機会がなく、5月に再訪して今回やっと記事にできました。

この店、14時~0時半まで開いていて、おやつにちょっとジェラートを食べたいとか、夜に酒の後の〆に食べるなんかにも使えます。
中は長椅子に数人座れるだけの小さな店なのですが、結構人気があって特に日中はいつもそれなりに客がいるイメージです。
ジェラートは日替わりで概ね6~8種類くらいの日が多いでしょうか。
イタリアで学んできた本格的なジェラートらしくフレーバーもイタリアンなものが殆どで、抹茶等の日本的なものは扱っていません。
値段も円ではなくユーロ表記(1€=100円なのでわかり易くなっています)で、店内のBGMもイタリアのラジオ放送、ジェラートの他にエスプレッソやイタリアのワイン、ビールもあったりと、なかなか拘っている店です。

この日のジェラートは6種類。
その中から気になるものをカップで2フレーバー×2の4種類を食べました。
MEDIO(2フレーバー)(460円)でまずはアマレーナとピスタッキォ(+80円)。

gilgstr-amrn-pstc.jpg

ピスタッキォはプレミアムフレーバーになるので80円追加です。
上がアマレーナ、下がピスタッキォです。
以前紹介したことのあるソッリーゾのように綺麗に左右に盛ってくれると両方同時に楽しめるのと、写真映えもするのですが、これは店員さんにもよるのでしょうか?
まずはアマレーナ。
チェリーのシロップ煮×ミルクで、チェリーはとても好きなフレーバーなので迷わず選びました。
チェリーを使ったものは殆どがそうなのですが、これも美味しいけれどミルクが強く、チェリーの風味は淡い感じです。
特に下のピスタチオの風味が強いため、余計にそう感じるのかもしれません。
それとピスタッキォ。
こちらは結構強いピスタチオの風味が出ていて、滑らかさもありかなり上質なピスタチオジェラートかと思います。


もう一つもMEDIO(2フレーバー)(460円)で、今度はスペチャーレ(+80円)とメンタ チョコラータ。

gilgstr-spcl-mntcclt.jpg

スペチャーレは内容は決まっていなく、日替わりのスペシャルジェラートになります。
こちらもピスタッキォ同様、プレミアムフレーバーで80円追加です。
この日のスペチャーレはスフォリラテッラ。
パイ生地の中にリコッタチーズ、カスタード、オレンジピールが入った南イタリアの菓子で、それをジェラートで表現したものです。
リコッタチーズの風味の中にパイのサクッとした食感とオレンジピールのアクセントが美味しく、スペシャルらしい完成度です。
メンタチョコラータはわかり易くいうとチョコミント。
刺激の強いミントではなく、ベースは甘さが結構あって後味に優しいミントの爽やかさが感じられるような味わいです。


ジェラートを食べた後に目に付いたものが。
この店ではジェラートの他にホールのアイスケーキもあるのですが、それらが保存されている冷凍庫の中に美味しそうなものがあって食べてみました。
ジェラート アル カンノーロ(650円)です。

gilgstr-gltacnl1.jpg

gilgstr-gltacnl2.jpg

gilgstr-gltacnl3.jpg

シチリアの伝統菓子、カンノーロをジェラートで再現したもので、パスタ生地で作ったパイの中にピスタチオのジェラートが詰まっています。
パイは堅めでパスタ生地がベースだからか香ばしく、食感も独特です。それにピスタチオのジェラートがとても合っていて、値段は結構高めではありますがこれは美味しいなと思えるものでした。
あと、これ-20℃で凍らせているためかなり固く、数分置いてから食べた方が良いかと思います。

かなりイタリアに拘った店でどれも美味しく、特にジェラートは先ほど名前が出たソッリーゾとここが札幌では2強じゃないかなと思える質の高さです。
因みに以前食べに行った際、イタリア人らしい男性が一人でピスタッキォを1フレーバーで食べていたのを2度ほど見たことがあります。
そんな風景もイタリア的だなと。

gilgstr2.jpg

gilgstr3.jpg

gilgstr4.jpg

gilgstr1.jpg

札幌へ行った際にはまた立ち寄りたいのと、この店にはジェラートじゃない本来のスフォリラテッラも扱っているので、今度はそれをワインと一緒に食べるのもいいななんて思っています。
2017/07/26 Wed. 01:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

旭山公園売店 Shop Asahiyama Park(旭川市東旭川町) 其の三 

札幌ネタをいくつか続けて記事にしようかと思っていたのですが、ちょっとタイムリーなネタを先に紹介します。
先月紹介した、メガ盛りのソフトクリームが食べられる旭山公園の売店を再訪しました・・・と言っても先月、今月と数回食べに行ってるんですけどね。
どちらも目当ては期間限定のソフトクリームです。

まずは6月の限定でチョコレート。
毎回ですがメガ盛りでいただきました。
メガ盛りチョコソフトクリーム(420円)です。

sashymp-mgcsc1.jpg

sashymp-mgcsc2.jpg

チョコレートは人気商品だそうで、6月の他、10月にもやるそうです。
濃いめの色ですが味も色のイメージと同様で、しっかりとしたチョコレートの風味が感じられます。
ソフトクリームに多いミルクチョコな感じではなくて、ビターなチョコって味わいでなかなか美味しく、人気があるのも納得なチョコソフトかと。


それと今月のものを。タイムリーというのはこちらの話になります。
今月はフローズンヨーグルトソフトクリームで、これは美味しそう!と、始まってすぐに食べに行きました。

フローズンヨーグルトソフトクリームのメガ盛りソフト(420円)です。

sashymp-mgfysc1.jpg

sashymp-mgfysc2.jpg

ソフトクリームには珍しいヨーグルトのフレーバーです。
こちらは日世が新しく開発したフローズンヨーグルトミックスを使ったもので、これまでもヨーグルト風味のソフグルトミックスはあったのですが、規格がラクトアイスのソフグルトとは違い、植物性乳酸菌(ラブレ菌)が入っていて種類別名称がはっ酵乳(殺菌)となっています。
これ、実は結構画期的な商品かと。
食感はとても滑らかで軽め、ヨーグルトの味わいがとても美味しく、ヨーグルト独特の酸味もしっかりと感じられます。
かなり気に入ってしまいメガ盛りをお代わりしたのと、その数日後また食べに行ってしまいました。

ただ、残念なことがあって、写真ではとても上手に巻かれているのですが、とても柔らかくてすぐに傾いてしまい、この店の売りである真っ直ぐ綺麗に巻かれたメガ盛りができないため現在はメガ盛りをやっていないのと、数量も少なくあと数日で終わってしまうとのことです。
かなり美味しかったので残念ではありますが、この柔らかさのせいか滑らかさがある上に絶妙なオーバーランとなって、味も食感も見事な出来になっていました。


それともう一つ、フローズンヨーグルトのシリーズで、アップルヨーグルトワッフル(400円)をいただきました。

sashymp-ayw1.jpg

sashymp-ayw2.jpg

こちらは手焼きのワッフルにフローズンヨーグルトソフトクリーム、それに林檎のジャムがかけられています。
林檎は果肉がたっぷりで、林檎の香りと酸味もあってヨーグルトととても合っています。
ワッフルのサクッと感も好いアクセントとなっていて、シンプルながら完成度の高いものになっていると思います。

この店では月替わりで限定のソフトクリームを出していて、来月は生メロンパフェ、9月が抹茶、10月が再びチョコレートとのことなのですが、このままヨーグルト続投でいいんじゃないかってくらいに美味しいと思いました。


sashymp1707.jpg

美味しいソフトクリームが食べられるのと、近隣の美味しい店の情報やソフトクリームのマニアックな話も楽しいので、来月以降も限定ものを食べに再訪しようと思っています。
2017/07/20 Thu. 02:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

Japacheese Asahikawa(旭川市7条通) 

昨日に続いて意外な場所のソフトクリームの話を。
旭川駅前を通る平和通買物公園内、駅側から見て一番外れの方のブロックにジャパチーズという、一昨年の12月にオープンした小さなチーズ工房があります。
引っ越して来たばかりのときに買物公園を歩いていて見つけた店で、その場所でチーズを製造、販売していて、美味しくて何度か買ったことがあるのですが、この前店の前を通るとソフトクリームの看板が!

これはと食べてみることにしました。
牛乳ソフトクリーム(350円)です。

jpcashkw-gnsc1.jpg

jpcashkw-gnsc2.jpg

チーズと同じく、旭川市東鷹栖にある加藤牧場の生乳で作られた、無添加、卵不使用のソフトクリームとのこと。
この店もフリーザーはカルピジャーニ、コーンは日世のNo.1フレアートップコーンです。
オーバーランが高めなのか軽めな食感で、シャリっと感は結構強めです。
甘さは結構ありますがしつこくはなく、美味しい甘さってイメージで、後味にミルクの味わいが感じられます。
砂糖はてんさい含蜜糖を使っているとのことですが、その甘さなのでしょうか?
ここもなかなか美味しい牧場系のソフトクリームです。


おまけでもう一つ。
あぶりチェダー(200円)を食べてみました。

jpcashkw-abrchd.jpg

この店で販売しているチェダーチーズを串に刺してバーナーで炙ったもので、シンプルに火を通しただけのものですが、これがなかなか美味しかったです。


因みに元になっているのがこれです。
チェダー(540円)。

jpcashkw-chd.jpg

家にバーナーがあるので真似してみようかなと思い買ってみました。


チーズ、アイスともに拘りが感じられるのと店主の愛想も良く、好印象な店でした。

jpcashkw1.jpg

チーズも好いですが、買物公園を歩いていてちょっと休憩にソフトクリームを、ってときにもオススメな店です。
2017/06/15 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

KONA SURF(旭川市緑町) 

今月初めのこと。
何度か紹介したベローズフィールドビーチへハンバーガーを食べに行ったのですが、食べ終えて店を出るとソフトクリームの張り紙に気が付きました。
あれ?ソフトクリームなんてあったのか、全然気が付かなかったと思ったらベローズフィールドビーチではなく、下のサーフショップのようです。
こんなところにソフトクリーム?と思って入ってみるとちゃんとフリーザーがあり、ソフトクリームやっていますとのこと。
訊くと去年の秋から始めたようで、この店のオーナーと美瑛ファームのオーナーがスノーボード絡みで付き合いがあって、その関係でソフトクリームを始めたとのこと。

それではと早速ソフトクリームを注文しました。
KONA SOFT(350円)です。

konasf-kns1.jpg

konasf-kns2.jpg

美瑛ファーム(美瑛放牧酪農場)の生乳と砂糖のみを使用した無添加のソフトクリームで、フリーザーはカルピジャーニの最新機種とのことです。
コーンは定番、日世のNo.1フレアートップコーンです。

張り紙によると「ミルク本来の風味とコクがあり、一口目はとてもクリーミーで濃厚!なのに後味さっぱり!」とのことですが、確かにコクのある味わいで、バター飴のような甘さがあります。
ミルク感もあってなかなか美味しいソフトクリームです。
食感は固めでシャリっと感が強く、以前札幌のミライストカフェで食べたブラウンスイス牛のソフトクリームに似た食感かなと思います。
カルピジャーニのイメージではない食感ですが、オーバーランの割合と材料の配合や使用しているミルクでも変わってくるのでしょうか?
まだ始めたばかりで、機械も標準の設定で手探り状態とのことなので、今後滑らかさや味わいも変わってくるのかもしれません。


ジャンルでいうとスポーツ用品店か洋服の店に当たり、店内はカフェスペースがある訳ではなくソフトクリームのみ提供していますが、思ったより大変だったようで、フリーザーを設置するためにそのスペースをかなり改装することになったとか。

konasf2.jpg

konasf1.jpg

飲食店ではないので張り紙に気が付かなければずっと存在を知らなかったままだと思いますが、意外な場所で牧場系のソフトクリームを食べることができました。
これから夏に向かう季節なので、2階でハンバーガーを食べた後にデザートとして1階でソフトクリームを食べるという楽しみ方ができるかと思います。
2017/06/14 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit