08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

NATURES SOFT-SERVE(上川郡東川町) 

暫く更新が滞っていましたが再開します。
暑い日が続くので前回に続いてソフトクリームの話題です。
東川町にあるネイチャーズへ行ってきました。
実は4月にも行ったのですが光の関係と混み具合で写真がいまひとつだったので、先月再訪して撮り直したのが今回の記事になります。

去年の9月にオープンした店で、場所は東川町の郊外、市街からキトウシ森林公園家族旅行村を目指してその手前って感じでしょうか。
店内はカウンター席6、テーブル席は4人掛けが2、2人掛けが1ですが、いつ行っても混んでいる印象です。
メニューはソフトクリーム2種プラスミックスとアフォガート、あとはスムージー4種にコーヒー5種です。

その中からメインのソフトクリーム2種を食べました。
まずはミルク(400円)。

ntss-mlk1.jpg

ntss-mlk2.jpg

フリーザーはカルピジャーニを使用しています。
美瑛町のジャージー牛とブラウンスイス牛のミルクを使ったもので、それに砂糖のみの無添加のソフトクリームです。
ホロっとした食感でさっぱりとしているのと、甘さは控えめ、独特な味わいの美味しさです。
あとは無添加だけあってとても溶けやすいのが特徴でしょうか。
チョコレートの目玉は無くても良いような気がしますが、インスタ映えなんかを考えると必要なのかもしれませんね。


続いてほうじ茶(400円)。

ntss-hjc1.jpg

ntss-hjc2.jpg

こちらはジャージー牛とブラウンスイス牛のミルクをベースに、三重県伊勢茶を使用したものとのこと。
面白いことにミルクと違ってかなり滑らかな食感です。
ソフトクリーム自体もほうじ茶の風味がしっかりと感じられますが、それに伊勢茶のパウダーがたっぷりとかけられているため、ほうじ茶らしさはとても強いと思います。
ほうじ茶のソフトクリームは他でもありますが、これはかなりレベルの高い美味しさじゃないかと。

以上になります。東川町は独自性のあるソフトクリームを出す店がいくつかありますが、今のところ東川では此処が一番かなと思います。


店はこんな感じ。

ntss2.jpg

ntss3.jpg

ntss1.jpg

どうやらこの店は冬期も営業しているようです。
冬は休んでしまう店が殆どなので、これは嬉しいポイントだと思います。
スポンサーサイト



2019/08/08 Thu. 23:30 | trackback: 0 | comment: 3edit

旭山公園売店 Shop Asahiyama Park(旭川市東旭川町) 其の五 

前回の記事で旭山三浦庭園を紹介しましたが、その際に旭山公園売店でソフトクリームを食べたので紹介します。
この店ではレギュラーのバニラの他、以前の記事で紹介しましたが月替わりのものがあり、今年の7月は初登場のいちごとなります。

ということでいちごをメガ盛りでいただきました。
いちごメガソフト(420円)です。

sashymp-icgm1.jpg

sashymp-icgm2.jpg

かわいらしいピンク色が特徴で、味もジャム的な酸味のあるリアルな苺ではなく、見た目どおりのいちごミルクな甘い味わいで、昔の銭湯で飲んだいちご牛乳的なイメージです。
最近は果物的な苺路線のものが多いと思いますが、こんな感じの甘いいちごミルクも好いなと思います。
この他の月替わりは抹茶やモカ、チョコレートなどビターなイメージなものが多いので、スイートなイメージのいちご味は上手い選択だな、と。

ただ、残念なのはこれのせいで今年はヨーグルト無いんですよね涙
確かにヨーグルトって、コンディションがかなりデリケートでメガ盛りが出来ないとのことなので外されるのは仕方がないのかなとは思いますが、とても美味しいのと最近はヨーグルトアイスが流行っているのもあるので、個人的にはヨーグルトを外したのは失敗なのではなんて思ってもいます。
じゃあ、代わりにどれを外すとなるとそれぞれにファンがいるので難しいところかもしれませんね。


もう一つ。
これはゴールデンウィークのことになりますが、ギガ盛りパフェ(980円)を食べました。

sashymp-2019gmp1.jpg

sashymp-2019gmp2.jpg

sashymp-2019gmp3.jpg

以前、2017年に紹介したことがありますが、あの後にリニューアルされて、容器が1㍑の計量カップ!になっています。

構成は以前と同様に上から
・コーヒーパウダーが降られたソフトクリーム
・砕いた手焼きワッフル
・ソフトクリーム
・砕いた手焼きワッフル
・ソフトクリーム
・エスプレッソ
・コーヒーゼリー
です。

これ、見た目に目を奪われがちですが内容のバランスがとても好いと思います。
特にありがちなコーンフレークではなくワッフルを使っていることと、底のコーヒーゼリーの苦さとソフトクリームの甘さのバランスなど、なかなかセンスの良い構成だと思います。

それと見た目どおりかなりのボリュームで、一人で食べると今日の昼御飯はこれでいいかなって思えるくらいです。
ソフトクリームを目いっぱい食べたい人も家族や恋人とシェアして食べたい人も満足できるサイズと思います。


おまけでサイズが伝わるようにソフトクリームスタンドと一緒に撮ってみました。

sashymp-2019gmp4.jpg

今思えばスマホと一緒に撮った方が大きさが伝わるんじゃあないかと思いましたが、わかるでしょうか?


珍しく天気が良い日だったのであらためて外観を。

sashymp1907.jpg

丁度看板が今回紹介したいちごとギガ盛りになっています。
2019/07/09 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 4edit

ギリシャヨーグルト 専門店-F-エフ(深川市音江町) 

またまた更新が久々になってしまいましたが、今回もゴールデンウィーク中のことで深川にあるギリシャヨーグルトのFへ行ってきました。
実は去年も行ったことがあって2回目なのですが、写真が今一つだったのと、記事にする時間がなくてそのまま流してしまっていて、今回こそ記事にしようかと。
と、言うか旭川の食べ歩きで写真だけ撮って機会を逃してしまい、ブログで紹介できていないものが結構あったりします汗
旭川での暮らしは多分来年の3月末までなので、できるだけブログを更新しなくてはなんて思っている次第です。

さて、話を戻してF。
砂川のほんだ菓子司の姉妹店になる、店名どおりギリシャヨーグルトの専門店です。
場所ですが、旭川から札幌へ向かうのには高速道路を使わなければ国道12号を只管走るのですが、その12号を札幌へ向かって走る途中、深川に入って待合川にぶつかるちょっと前で左折し、イルムの丘を登ったところにあります。
正直、わかりやすいようなわかりにくいような場所なのですが、セント・マーガレット教会のすぐ隣と書いたらわかりやすいでしょうか。

メニューはアップルパイやギリシャヨーグルトとグラノーラを使ったパフェ、ヨーグルトのソフトクリームやヨーグルトソースをかけたたこ焼きなんてのもありますが、全てギリシャヨーグルトを使ったものになります。
大元のほんだ菓子司はアップルパイが有名ですが、パイ生地を練り上げるのにヨーグルトを使用していて、そのヨーグルトに拘ってできた専門店っとところなのでしょうか?
その中で今回食べたのはヨーグルトパレットとパフェ。
前回記事にしなかったのはヨーグルトパレットを食べなかったのも理由の一つだったりします。

ではそのヨーグルトパレット(1,350円)。

gyF-yp1.jpg

gyF-yp2.jpg

雑誌等でこの店が紹介される際に必ず登場するのがこのヨーグルトパレットです。
まあ、大きくて見た目が派手でインスタ映えもしそうなので、やはり写真に撮るのならこれなのかと思います。
30cm以上あるスレートプレートの上にギリシャヨーグルトを載せ、イチゴ、ブルーベリーをトッピングして凍らせた後、蜂蜜とベリーのソースをかけたものです。
水切りしているので凍らせても濃厚な味わいはそのままで、それに蜂蜜とベリーとの相性が良く、味も見た目も食べ応えも好いものです。
今回は二人でシェアしましたが、他にパフェなんかを食べるのなら丁度良いくらいのボリュームと思います。
一人で食べるのならこれのみで良いと思いますが、そもそも複数人で食べるのが前提な気がします。


もう一品。
ギリシャヨーグルト ハスカップソース パフェ(580円)。

gyF-gyhp1.jpg

gyF-gyhp2.jpg

ギリシャヨーグルトをベースにグラノーラ、イチゴ、ブルーベリーとハスカップのソースがたっぷりとかけられています。
グラノーラは札幌のカクキウェンズデイのもの。コーンフレークではなく、グラノーラというのが好印象です。
基本的にギリシャヨーグルトとベリー系のソースはとても相性が良いと思うので間違いのない美味しさです。
因みにこれはテレビ番組の「マツコの知らない世界」で紹介されたとのことです。

以上になります。全体的にやや高めな価格設定かもしれませんが、専門店だけあってギリシャヨーグルトを堪能できる内容です。


gyF2.jpg

gyF3.jpg

gyF4.jpg

gyF5.jpg

gyF1.jpg

店内は2階建てで、1階、2階ともに席がありますが、前回も今回も結構混んでいてほぼ満席な状態でした。
こんな場所なのになかなかの人気店のようです。

夏のうちに再訪して、次回はアップルパイとソフトクリームを紹介できたらと思っています(ホントは前回食べているんですけどね苦笑)。
2019/06/17 Mon. 01:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

宮崎豆腐店(上川郡東川町) 

今回も連休中のこと。
東川町を車で通った際、宮崎豆腐店に「豆乳ソフトクリームはじめました」の看板を見かけました。
しかも以前このブログで紹介したことのあるジャパチーズのソフトクリームとのコラボとのこと。
ほう、これは!と食べてみることに。

豆乳ソフトクリーム(350円)です。

myzktft-tnsc1.jpg

myzktft-tnsc2.jpg

巻き方はお世辞にも上手とは言えませんが、まあ始めたばかりだし慣れていないってことで。
ジャパチーズとのコラボとのことなので、加藤牧場の生乳をベースにこの店の豆乳を使用したものになるのかと。
フリーザーはジャパチーズと同様、カルピジャーニかと思ったらそうでなく、パナソニックのSSF-M220Pになります。
食感は軽めでシャリっと感があるものですが、豆乳のコクのある風味がしっかり感じられるので、バランスは結構良いなと思います。
それにコーンは日世のクリスピーメープルコーンを使用していますが、このチョイスも結構合っているかと。
思ったより個性があって美味しく、これはなかなかのものと思いました。


myzktft1.jpg

豆乳のソフトクリームって他ではあまりなく、豆腐店自家製の豆乳を使用したソフトクリームはオリジナリティがあって東川町らしいチャレンジだな、と。
余談ですが、店主と話して知りましたがジャパチーズは業界内ではジャパさんと呼ばれているようです。
2019/05/21 Tue. 23:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

ジェラッテリア ソッリーゾ(札幌市中央区) 其の四 

またまた日が開いてしまいました。
去年の食べ歩きネタが沢山あるのですが、それらを後にして今回は先週末の札幌のことを。
ソッリーゾのジェラートです。
ブログに登場するのは2015年11月以来とかなり久々になりますが、実際には札幌へ行くとほぼ毎回寄っているので、現在一番リピートしている店と言えます。

さて、今回紹介するのはシチリーピスタチオのシングル(390円)。

sorriso201902-pst.jpg

実はこのときはダブルで別のものを食べていたのですが(写真なし)、連れが今日のピスタチオはこれまで以上に美味しい!とのことなので味見させてもらったら確かに素晴らしい出来。
そんな訳でお代わりとしてシングルで頼むことにしました。

ここのピスタチオ、元々かなり美味しくて数ある札幌市内のジェラート店でも一番じゃないかって言えるくらいのものなのですが、この日はナッツの香ばしさが特に強く、甘さとのバランスも良くて見事な美味しさでした。
訊いてみると、この日はピスタチオをかなり深煎りし、焦げる直前のタイミングで仕上がってかなり上手くいったとのことです。
あまりに美味しくて後からもう一度食べに行ったくらいで、連れとも今日のピスタチオ、世界一美味しいんじゃないかと盛り上がったくらいのものでした。


sorriso201902-2.jpg

sorriso201902-1.jpg

勿論他のものもかなりの美味しさなのですが、美味しい上に4丁目プラザの地下2階という、とても行きやすい場所にあるのが有難い店です。
因みにソッリーゾの右隣に見えているのが前回記事にしたコーヒープラザ西林です。
2019/02/28 Thu. 23:50 | trackback: 0 | comment: 2edit