09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

塩ホルモン 炭や 旭川店(旭川市5条通) 

また更新が滞ってしまいましたが、今回は先月初めのことで5条通にある炭やへ行ってきました。
1986年創業の焼肉店で、旭川の他に札幌に3店舗、道外にも2店舗あり、とても安くて美味しいので札幌に住んでいた頃は結構食べに行ってました。
ちょっと前に旭川にも炭やがあるのを知ったのですがこの炭や、実は旭川が第1号店とのこと(現在の本店は札幌の琴似店のようです)。
今回は札幌から友人が訪ねて来て焼肉でも食べようかという話になり、そう言えば炭やは旭川発祥らしいよということでそれでは行ってみようという流れで食べに行った次第です。

今回は予約してから入りましたがかなり混む店で、事前に予約しないとタイミングが悪ければ1時間以上待たされることもあるようです。

席に着くと既に七輪が用意されています。

shsmya-201809-1.jpg

石川県七尾市の大成コンロに炭もオガ炭ではなく備長炭なのが拘りを感じさせます。

では注文を。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2018/10/09 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

炉端 町家(旭川市3条通) 

6日には更新するつもりで準備していたのですが、5日深夜(6日早朝かな)の地震でまさかの停電に。
一時全道が停電になっただけあって、滅多に地震なんてない旭川でも結構揺れました。
幸い被害は何もないのですが、停電が翌7日の朝7時過ぎまでと丸一日以上続き、しかもアパート住まいのため停電だと水が出ないというかなり痛い事態に涙
その日は星明りの下、バッテリー残量に気を付けながらスマホを見ているだけな一夜を過ごしました苦笑
地震雷火事親父とは言いますが、筆頭に挙げられるだけあってやはり影響は大きいですね。

しかも今頃はポケモンGOのファイヤーデイが行われている筈なのですが、北海道のみ中止とのこと涙
深刻な被害を受けた地域があることと、余震の可能性を考えるとやむを得ないのかもしれませんが、延期じゃなくて中止とは・・・
色違いファイヤー欲しかったけれど、再び入手する機会は訪れるのでしょうか?


さて、話を戻して久々の更新になりますが遡って4月の話になります。

炉端町家へ行きました。
この店の系列には以前記事にしたことのあるルイーズや、もう一軒、そのうち記事にするつもりでいるビストロわいん家なんかもあって、どちらもお気に入りの店です。
さて、この町屋、私が所属する組織の中でもかなり偉い上司の行きつけの店で一度連れて行ってもらったことがあるのですが、その際にかなり気に入ったので今回身内と二人で予約して再訪してみました。
ジャンルとしては居酒屋になりますがなかなかの人気店で、週末だと予約しなければ入れないのでは思います。

店内はカウンター、テーブル、個室とあって全43席だそうです。
この日はカウンターに座り、前回美味しかった目当てのものと、その他気になるもの何品かを頼んでみました。

まずはビールを注文。
サントリー・ザ・プレミアム・モルツ樽生(540円)とお通し(530円)。

rbtmcy-201804-1.jpg

-- 続きを読む --
2018/09/08 Sat. 14:30 | trackback: 0 | comment: 4edit

成吉思汗 大黒屋(旭川市4条通) 

まだ雪が降る前の札幌ネタが沢山あるのですが、旭川市民なのにここのところ札幌ネタがずっと続いているので久々に旭川の食べ歩きネタを紹介します。
去年の年末のことですがジンギスカンを食べに大黒屋へ行きました。
旭川で一番有名なジンギスカンの店で、一度行こうと思いながらもかなり混むとの話でそのうちと思っていたのですが、友人が旭川に遊びに来るとのことなので良い機会だなと思って予約しました。

開店と同時の17時なら予約できるとのことなのでそれでお願いしましたが、遅刻厳禁で1分でも遅れたらキャンセル扱いになるとのこと。
随分と厳しいなと思いながらも5分くらい前に着くようにしたら成程、納得です。
店が開く前から向かいの待合所に予約客とフリーの客が溢れています。
確かにこれだけの客が待っているのに遅刻したら後回しにされてしまうな、と。
開店と同時に店内に入り、小上がりの席を案内されました。

ggkdky3.jpg

ggkdky4.jpg

七輪の上にかなり年季の入ったジンギスカン鍋です。
では注文を。

-- 続きを読む --
2018/02/28 Wed. 23:30 | trackback: 0 | comment: 4edit

炎屋 榮焼鳥商店(札幌市中央区) 

ちょっと日が空きましたが今度は札幌での話を。
北一条西10丁目の炎屋(ほむらや)へ行きました。
ここ、かなり前と言うか開業時から知っている店で、数年前から記事にしようと写真は撮っていたのですがなかなか機会がなく、写真も没になってしまったことがあります。
今回は5月に再訪したときの話で、今度こそ記事にしようと漸く日の目を見た次第です。

実はここ、私が大好きな洋服のブランド「ヨウジヤマモト」の元スタッフで、当時私を担当してくれた方がヨウジを辞めて起業した店になります。
ヨウジヤマモト、系列のY’sともに担当の方が何人か変わりましたが、この方との付き合いが一番長かったと思います。
当時は単に“炎屋”という名前でしたが、現在は“炎屋 榮焼鳥商店”と名前を変えたようです。
札幌に住んでいた頃は何度か行ったことがあるのですが、根室に引っ越して以降は足が遠のき、数年前に再訪したときには失礼ではありますが正直もう店はないと思っていたので、ちょっと感激しました。
そのときは久々に訪れたものの、驚いたことに私の顔だけじゃなく、名前まで憶えていてくれました。
私、昔からほとんど容姿は変わっていないと思いますが、それでも会うのは10年近く経っています。
客商売の方の記憶力は凄いなと思いました。

さて、それでは5月に行った際の話です。
店内は開店当時と変わっていなく、広めのスペースに正面がカウンター、左に小上がり席、中央と右はテーブル席となっています。
今回は身内と二人で行き、右の壁側にあるカウンターに近い二人掛けのテーブル席に座りました。と、言うかこの席にしか座ったことないです。

前置きが長くなりましたが、注文を。
まずはビールで乾杯。
キリン一番搾り生中ジョッキー(400ml)(432円)、それとお通し(席料込みで324円)。

hmrysys-nb_ots.jpg

-- 続きを読む --
2017/07/14 Fri. 01:00 | trackback: 0 | comment: 3edit

焼鳥専門 ぎんねこ(旭川市5条通) 

引っ越して来るまで知らなかったのですが、旭川には新子焼き(しんこやき)という若鶏の半身を焼いたご当地メニューがあって、戦後から市民に親しまれているとのこと。
これは是非食べてみたいと思い、調べてみると主に焼鳥屋を中心にいろんな店で新子焼きを提供していて、その中でも今回のぎんねこが昭和25年創業の老舗でとても有名なようです。
それではと先月中頃の日曜日のこと、昼から営業しているらしいので、一人昼飲みで行ってみました。

13時からの営業だけれどとても混む店と聞いていたので12時55分くらいに着いたところ、他のグループも2組ほど待っていました。
ただ、暖簾は出ていないものの中から賑やかな雰囲気が?
先客が中を見ると開店前のはずなのに既にほぼ満席です汗
そんな訳で13時前に入りましたが、先にいた2組が入って満席に涙・・・と思ったら1席だけ空いていて、一人で行ったのでうまく入ることができました。
店内は思ったより狭く、L字型のカウンター席が12(うち8席は4人が向い合せ)、それと小上がりに4人のテーブルが2つです。
私は丁度L字の角になった席に座りましたが、特に狭い席で太った人だときついかもしれません。

メニューですが、焼鳥専門の店名どおり、焼鳥がメインで基本が7種類、その他手羽先や野菜の串各種、あとは追加で増えたメニュー?や限定のものがいくつかあり、どれも1串から頼めます。

今回は焼鳥と新子焼きを頼んだのですが、まずはビール(生・594円)を注文。それとお通しになっている季節の漬物 小(108円)です。

ysgnnk-nb.jpg

混んでいるのもあって、焼鳥や新子焼きが出てくるまで結構時間が掛かるので、ビールと漬物をいただきつつ待ちます。

-- 続きを読む --
2017/05/30 Tue. 01:30 | trackback: 0 | comment: 4edit