03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ステーキ道場(旭川市2条通) 

今日はもっと早く更新するつもりだったのですが相棒の最終回だったのでそれを観てから記事を書いています。
先週の加藤清史郎がS11に登場した頃と比べてかなり大人になっていることにも驚かされましたが、今回の青木の結末にも驚きと言うか予想外なものでした。
なんだか来シーズン序盤で退場してしまいそうな感じもありますが、今後の展開が気になるところです。
それと相棒を観終わってネットのニュースでも驚きが。
スティーブン・ホーキング博士が亡くなったとのこと。病状を考えると意外ではないのかもしれませんが、とても残念なニュースでした。

そんな訳で今日はいろいろなことがありましたが本題に戻ります。
肉の食べ歩き記事が続いていますが、今回もまた肉で1月の旭川でのこと。
ステーキ道場へ行ってきました。
此処、去年の11月にオープンしたばかりの店で開店時から気にはなっていたのですがなかなか行く機会がなく、1月末頃の週末に駅方面へ行って、昼食どうしようかと思った際にこの店を思い出して行ってみた次第です。

場所は買物公園通りにある彫刻「サキソフォン吹きと猫」のところを旭川駅を背にして左へ入ったところ。
店内は入口から見て縦に細長いような造りで、手前に2人掛けのテーブル席が2つとカウンターが6席、奥にもカウンター席が3席くらいかな?ありました。
ほぼ満席で一番手前のカウンター席に座りましたが、入口すぐのところでちょっと寒いかもです。

メニューはランプステーキ、旨味牛、ハンバーグの3種類で、ハンバーグは200gと400gの2種類ですが、ランプステーキと旨味牛はそれぞれ180g~ら結構細かく量が選べます。
今回の目当てはステーキで、旨味牛はどんなものだろうと思ったら壁に説明書きが貼ってあって、サーロインに脂肪を注入して霜降りにしたものとのこと。
霜降りのインジェクション加工肉よりは赤身肉が好みなのでランプステーキを1ポンド、それにグラスワインを頼むことにしました。

ランプステーキ 450g(ポンド)(1,944円)です。

stkdj-rsp1.jpg

stkdj-rsp2.jpg

stkdj-rsp3.jpg

ステーキにコーンとほうれん草のソテー、それにステーキソースが付いたワンプレートになります。
注文の際、特に焼き方は訊かれませんでしたがレアで出されるようです。
鉄板がかなり熱いので、ミディアム~ウェルダンが好みなら暫く火が通るのを待って食べるスタイルなのかな?
ステーキは初めからカットされていますが、かなり大きいのでナイフは使うことになるかと。
出来れば切らずに塊で出してほしいところですが、薄切りで大判なものではなく、厚みのある大きな肉なのは好感の持てる点です。
ただ、肉の芯が冷たいのはちょっと残念なところです。
肉は胡椒がかなり強いのと、そのまま食べるのが好みのため結局ソースは使いませんでした。
そこまで上質な肉と言う訳ではありませんが、味も食感も悪くはなく、450gで2千円以下なのはとてもリーズナブルかと思います。

因みに頼みませんでしたがライスはお代わり自由で270円、ガーリックと野菜増量は0円とのことです。
あとガーリックライス(648円)が結構売りのようです。


それとグラスワイン。
カルロ ロッシ(赤・白) グラスワイン(410円)です。

stkdj-gwr.jpg

白もありましたがやはりここは赤かと。
折角のステーキ専門店なのでもうちょっと凝った銘柄があっても良いのにとも思いますが、まあ無難なところでしょうか。
アルコールはこの他にビールやハイボール、サワーなど居酒屋的に種類がありました。

以上になります。
ステーキの店では1ポンドにグラスワインを頼むのが私の中で定番になりつつありますが、安さだとこれまでで一番でしょうか。
ランプステーキの180gだと1,080円でそれにライスを足しても1,500円以下のため、比較的気軽に使える店かと思います。


stkdj2.jpg

stkdj1.jpg

それとこの店、ポイントカードがあって、道場の名前だけに食べた量によって白~師範代まで昇段し、それぞれに応じた特典があります。
いきなりステーキのマイレージと同じようなシステムです。
レジで会計時にカードを作る際、先客を見ると殆どの方が本名で登録していましたが、名前は何でも良いとのことなので私はネットでよく使う名前にしました。
今回が450gで、次の黄色(3.000g)になるまでかなりあるので私が旭川在住中にそこまで行くことはないかと思いますが、大きなステーキが食べたくなったらそのうち再訪してみようかなと思っています。
スポンサーサイト
2018/03/15 Thu. 00:30 | trackback: 0 | comment: 4edit

海鮮肉鮮 STEAK 円山 本店(札幌市中央区) 

まだ去年9月の札幌での話が残っていて、今回はディナーで円山にあるステーキ円山へ行った話です。
もっと早く記事にするつもりが写真がかなり多くて時間が掛かってしまいました汗
この店も以前札幌に住んでいた頃にランチで行ったことはありますが、それ以来の再訪でディナーでは初めてです。

住宅街の奥、円山の麓にある一軒家の鉄板焼きレストランで、すすきのにも店舗がありますが此方が本店になります。
メニューは肉鮮コース、海鮮コース、海鮮&肉鮮コースとあり、ステーキが目当てだったので肉鮮コースを。
肉は北海道産フィレ、北海道産特選黒毛和牛ロース、北海道産特選黒毛和牛フィレの3種類が選べて、北海道産フィレを。
すき焼なら霜降り肉が美味しいと思いますが、霜降り肉よりは赤身の方が好みな上、値段も半分以下のため迷わず北海道産フィレを選択しました。
さらに150gと200gが選べて200gを選択。

肉鮮コース 北海道産フィレコース 200g(6,264円)。
構成はステーキの他、前菜、サラダ、お口しめり、焼き野菜、お食事、デザート、コーヒー(紅茶)となっています。

食事の前にワインを。
マルティーニブリュット ハーフボトル(2,700円)。

knsmrymh-mbh.jpg

スパークリングワインとしてはかなりメジャーな銘柄です。
アペリティフに2人でフルボトルは多いのでグラスのシャンパーニュがあればと思ったのですが、シャンパーニュ含め泡のワインはボトルしかない上にハーフボトルがあるのはこれのみのため、必然的にマルティーニとなりました。
では食事です。

-- 続きを読む --
2018/02/17 Sat. 22:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

ファームレストラン千代田(上川郡美瑛町春日台) 其の二 

先日のソフトクリームの記事の続きです。
11時を過ぎたのでレストランへ入ることに。
このレストランはびえい和牛を使った料理がメインで、ステーキや希少部位のグリルなど魅力的なものもあるのですが、4千円~6千円と結構な値段なのと、それよりもこの日はハンバーグが食べたかったのでびえい和牛のハンバーグを頼むことに。

びえい和牛100%のてごねハンバーグ(ライス又はパン付き)(1,980円)です。

frcyd-tgnhbg1.jpg

-- 続きを読む --
2017/10/10 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

レストラン・ケルン(茅部郡森町) 其の二 

今日は20時から相棒の最終回なので、早めに更新してしまいます。
先々週のことで八雲~長万部方面へ外勤があり、ちょっと遅めのランチでケルンに行きました。
14時半近くの到着になったのですが、店内は満席ではないもののそこそこ混んでいて、相変わらずの人気ぶりです。

今回はオーソドックスなハンバーグ、それに前回同様Aセットにしてみました。

オリジナルハンバーグ(896円)。

rstrkrn-orghmg1.jpg

rstrkrn-orghmg2.jpg

rstrkrn-orghmg3.jpg

rstrkrn-orghmg4.jpg

鉄板で出て、最初はグツグツと音をたてていますが、そんなに跳ねる訳ではないので白い服でも意外と安心です。
生の道産牛を使っていて、部位は肩ロース、ウデ、切り落とし、牛脂のブレンドとのこと。
厚みがあって肉が詰まった食感、肉らしさの強いハンバーグです。
最近の洋食店に多いふわっと柔らかいハンバーグも悪くないのですが、やはり肉感の強い重たいハンバーグは食べ応えがあって美味しいなと思います。

添えられた野菜はポテト、コーン、人参、ピーマン、ハンバーグの下に敷かれたタマネギ。
どれも柔らかすぎず適度な歯ごたえを残しているのが好い感じです。
ただピーマンは緑が綺麗なものの、ハンバーグの付け合せにはちょっと合わないかなとも思います。


Aセットです。

rstrkrn-aset1.jpg

rstrkrn-aset2.jpg

前回同様、ライスとドリンクの組み合わせで今回はマイルドエスプレッソを選択。
前回のアイスコーヒーが薄めだったのでエスプレッソにしたのですが、マイルドエスプレッソの名のとおりこれも薄めで香りも弱めなのが残念なところです。
ハンバーグは美味しいのですが、ドリンクは今一つな気がします。


rstrkrn5.jpg

rstrkrn4.jpg

ここ数日晴天でプラス気温が続いているため道路の雪はなくなりましたが、2週間前のこのときは雪が続いていてこの日もこんな天気でした。
函館とその近郊のハンバーグの中で、自分が食べた限りでは一番肉らしさが感じられるのがこの店だと思います。
2017/03/22 Wed. 19:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

ハンバーグ専門 大賀(函館市宝来町) 

また先週のことで昼食に宝来町にある大賀へ行ってきました。
店名どおりハンバーグの専門店で、以前から気にはなってはいたのですが遠いためそのうち行こうと思いながら2年以上経ってしまいました汗
いい加減食べに行こうと今回行った次第です。

この店、函館では結構有名なハンバーグの店のようで、以前は末広町で白鳳館という名称で営業していたものの、火事で一度閉店したとのことです。
その後2012年に現在の場所で大賀の名称で再開し、現在に至るようです。

さて、店内は縦に長い造り、板張りの床で昔ながらの喫茶店とオリエンタルさが合わさったような雰囲気になっています。
入ってすぐのテーブルに案内されたので正確な席数はわかりませんが、2人掛けのテーブルが2、4人掛けのテーブルが2、もしかしたら私からは死角になっている場所にまだ席があったかもしれません。

メニューですが“ハンバーグ専門”だけあってハンバーグのみ、ランチタイムはデミソースとてりやきの2種類のセットだけとなっています。
今回はデミソースのものを選択しました。
ハンバーグフライドエッグ(デミソース)(1,080円)です。

hbgsmoga-ltfe1.jpg

-- 続きを読む --
2017/02/24 Fri. 18:00 | trackback: 0 | comment: 4edit