01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

俊子へのチキンカツ 

7月まで放映されていたTBSのドラマ「天皇の料理番」、まだ9月で今後の新番組も残っていますが私は今年1番のドラマだったと思います。
ストーリーも面白かったのですが、毎週登場する料理が美味しそうで自分でも真似してみたいものが結構あって、いろいろとかなり魅力的なドラマでした。
さらに番組の公式サイトでは今週の逸品というコーナーでレシピを紹介していて、これは是非と作ってみた次第です。

今回は第3話に登場した、篤蔵が俊子のために作ったチキンカツをレシピどおり作ってみました。

tnrrb-tck1.jpg

tnrrb-tck2.jpg

tnrrb-tck3.jpg

鶏胸肉が骨付きじゃないのと、生のパセリがなかったので添えていないこと、あとは自分で食べるため切っていないこと以外はほぼ忠実に再現してみました。

イタリアンのトマトソースと違って人参、ベーコン、小麦粉、チキンブイヨンなどかなり手間がかかるトマトソースです汗
チキンブイヨンは市販のものではなく、その日のお昼ご飯としてKFCを買ってきて、その骨と野菜、ブーケガルニ等でわざわざ作ってみました。

劇中では宇佐美に野菜の炒め方が足りないと言われていたので、勿論そこも注意して下拵えしたのもあり、ソースの味も鶏の火加減も申し分なく、手間がかかった甲斐はあって我ながらかなり美味しくできました嬉

因みにソースには野菜をかなり使うのですが、濾すために煮込んだのに使わない野菜が勿体なく、写真を撮って半分食べた後にその野菜を載せて具沢山のソースにしました。

手間を考えると作るのに躊躇してしまいますが、美味しかったのでまたそのうち作ってみたいと思います。
2015/09/23 Wed. 15:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

ヴァローナのアイスクリーム 

201507-ci3.jpg

炭焼きステーキを食べた後にデザートとして自作のアイスクリームを食べました。

材料はいたってシンプルで、チョコレートでヴァローナのグアナラ、生クリーム、牛乳、練乳、グラニュー糖、以上です。
アイスクリームのレシピだと卵が入ることが多いと思いますが、卵なしで作っています。
材料はこれだけですが、練乳を使うのと卵なしでできるのは冨士冷菓で教えてもらいました。

あとこれも冨士冷菓で習いましたが、材料を混ぜたら冷凍庫へ、30分くらい凍らせたらまた混ぜて~を何度か繰り返します。

今回混ぜるのに大活躍してくれたのが去年の忘年会でビンゴゲームをやったときに当たったハンディブレンダー。
ケーキや料理のソースを作るときなんかにも使っていますが、かなり重宝しています。

因みにですが凍らせる前のものと何度か混ぜて凍らせたものです。

201507-ci1.jpg

201507-ci2.jpg

流石に冨士冷菓には及びませんが、思った以上にアイスクリームな仕上がりで美味しくできたと思います。
ただ、作る手間と材料費を考えると店で買った方が効率もコスパも良いと思いました苦笑
2015/09/05 Sat. 14:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

はこだて和牛の炭火焼き 

201507-hkdtwg5.jpg

201507-hkdtwg7.jpg

201507-hkdtwg8.jpg


暫く札幌の食べ歩きが続いたのでここで7月の函館ネタに戻ります。
と言っても家で肉を焼いた話ですが。

かなり前に贅沢だけど一度やってみたかった企画ということで、根室市にあるフレンチレストラン、グラン・シェフの1万円ディナーや釧路市にある洋食店、山はたのヒレステーキを食べた記事を載せたことがありますが、これも前から一度やってみたかったことで、久々のやってみたかった企画、“牛塊肉を炭火で焼く!”です。

これまでにも塊肉を買ってきてフライパンで焼くというのはたまにやっていましたが、炭火焼きとなると道具がないので七輪を買うところからになってしまいます。

と、言うことでホームセンターに行って七輪を見ると中国製のものが2千円前後で売っています。
国産のものだと4千円くらいだったかな?国産だと重さが全然違い、とても軽く感じます。
使っている珪藻土の違いでしょうか?
では、とデパートにも一応行ってみると、とても素敵なものが!
株式会社キンカのバーベキューコンロです。

プレートに大きく“日本製”って書かれているのがなんか好いなと。
8千円近くするからどうしようかと悩んだのですが、七輪と違って大型なため大きな塊肉を焼くのにもピッタリだし、軽いし見た目も良いし・・・と言うことで思い切って買うことに。

あとは折角なのでちょっと高いのですが備長炭を買って、これで道具はOKです。

次は肉ですが、これは最初から決めていて田家町にあるお肉のつしまではこだて牛のもも肉を。
グラム580円のもので、約800gの塊です。

肉も焼くための道具も揃ったので、まずは炭熾しです。
折角の良い肉を焼くので焚き付けを使わず炭だけの火で、と思ったのですが実は私、アウトドアとはあまり縁のない人間でして、炭熾しも他人任せであまり自分でやったことはありません恥
それなのに焚き付け無しでうまく炭を熾せるかと思いましたが、ここでクレームブリュレなんかのカラメリゼに使っているガスバーナーが大活躍してくれました。


201507-hkdtwg1.jpg

201507-hkdtwg2.jpg

結構時間がかかりましたが炭も良い感じになったし、肉を焼きます。

201507-hkdtwg3.jpg

肉は常温にしておいて、味付けは塩と胡椒のみです。
塩はテキサスの岩塩で焼く直前にすり込んで、焼き上がる頃に粒の黒胡椒をミルで挽いて降りました。
ところでステーキの焼き方で塩と胡椒のタイミングって料理の本やシェフによって様々なのですが、実際はどれが正解なんでしょう?


焼くのも結構時間がかかりましたが、♪ウルトラ上手に焼けました~!って言いたくなるくらい美味しそうにできました。

201507-hkdtwg4.jpg


大きさの参考までにワインのコルクと一緒に撮ってみました。

201507-hkdtwg6.jpg

味は流石と言うか、肉が良いのもありますが炭で焼くとガス&フライパンとは本当に違い、冗談抜きに美味しくできました嬉
脂が炭に落ちて煙で肉に風味が付くのがこれまた美味しくなる要素かと。
塩と胡椒、肉の味だけで料理な要素はほとんどありませんが、食べていて笑みがこぼれてしまうくらい大満足なものになりました。

準備と後片付けが面倒なのと、換気扇と窓のあちこちを全開にしても煙が凄いことになってしまいますが、これはまた是非やりたいメニューです。
今度は肉を小さめにして、牛肉のブロックに豚肉のブロック、それと鶏肉を用意して3種類炭火焼き食べ比べなんてやってみたいと思います。


あとは肉を購入したつしまですが、2階で焼肉レストランをやっています。

onktsm.jpg

こちらもそのうち食べに行ってみたいと思っています。
2015/09/02 Wed. 22:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

チキンとフレッシュトマト・バジルのリゾット 

ctbrst1.jpg

ctbrst2.jpg

今日の夕食です。

前にも同じようなリゾットを記事にしましたが、その時以来気に入って自分が作るリゾットでは定番になっています。

今回は鶏を大きめに切って一緒に煮込んだのと、育てているバジルが結構大量に育ったので贅沢に使っているのが違いでしょうか。
鶏肉は固くならないように時間を計算して遅らせて投入しています。

煮込んだものも生のものも地物のトマトやバジル(自分で育てているのでバジルもある意味地物でしょうか)、パルミジャーノ・レッジャーノなんかは前回と同じような使い方です。

そんなに手間がかからないものですが、我ながら見た目も味も美味しくできたと思います。


ところで、BSの「小さな村の物語 イタリア」を観ている方じゃないとわからないネタかもしれませんが、家でリゾットやパスタなんかのイタリアンを作っていると“L'APPUNTAMENTO”のメロディが頭の中に流れてきます。



「五稜郭タワーが見えるアパートに一人で住んでいるiceicelc、でも昼になると孫たちが遊びに来るので寂しくはない」みたいな・・・って、私まだまだ孫がいるような年齢じゃないですけど。


追記
BS繋がりで今夜のTop Gear観ましたが面白過ぎです。久々にテレビで思いっきり笑いました。
録画したので近いうちまた観ようと思います。
BBC製作でこの3人ではこのシーズンが最後になるのがとても残念ですが、今一番のオススメ番組です。
2015/08/16 Sun. 21:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

いただいたアスパラでトマトソースのスパゲッティを 

1505-att1.jpg

1505-att2.jpg

職場で上司の実家で作ったというアスパラをいただきました。

どうやって食べようかと考えていたところ、今日スーパーに寄ったら青森産のちょっと高めの鶏肉が半額になっていたものがあって、青森産と言えば家に田子町産のニンニクがまだあったなー、それにタマネギにトマト缶、ハーブ類もあるなと思い、トマトソースを作って鶏とアスパラを具材にしたスパゲッティにすることにしました。

タマネギとニンニクをオリーブオイルで炒めてホールトマトを煮込んでソースを作り、それにエシレバターを少し加えてコクを出しました。
アスパラと鶏肉は白ワインで蒸し焼きにすることに。
その汁とトマトソースの油分を乳化させてパスタを絡めて完成です。

毎朝オリーブオイルを惜しげなく使う俳優風に言うと「今日はこれで決まり!アスパラと鶏肉のトマトパスタです」ってところでしょうか。

我ながらかなり美味しくできましたが、生のハーブがあればもっと見た目も良くなったかなと思うところです。

あとホールトマトを一缶使ったのでソースは一人で食べるには多く、明日も何かトマトソースを使ったものを作らないとです。
2015/05/27 Wed. 22:00 | trackback: 0 | comment: 2edit