02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’14.4.4から函館で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

手打そば おぐら(松前郡松前町) 

12月に出張で同僚と二人で松前、福島方面へ行ったときのこと。
昼は鮪とか海鮮ものをと思ったのですが生憎目当ての店が休みorz
それでは蕎麦にしようということで松前町のおぐらへ行きました。

松前町では結構有名な蕎麦屋のようです。
店内はそこそこ席数があり、2人掛けのテーブルが3、4人掛けのテーブルが1、それと10人のグループで座れるテーブルが1となっています。
注文ですが、初めての店では天ざるにすることが多いのと、この店は松前海苔をたっぷり使った蕎麦も売りのようですが、この日はなんか気分的にざるそばを。
ざるそば(800円)です。

tsogr-zrsb1.jpg

tsogr-zrsb2.jpg

tsogr-zrsb3.jpg

ざるそばの他に小鉢が添えられているのがちょっと嬉しいポイントです。
蕎麦は長流江戸打ち技法とのこと。
蕎麦にも流派があるのかと思いましたが、どうやら札幌の長庵が蕎麦打ち道場をやっていてそこで学んだようです。
それで長流なのかと。
未確認ではありますが、以前紹介したいしくらも卒業生らしいです。

さて、そのざるそばですが、結構固めに仕上がっていて蕎麦の風味も悪くないと思います。
つゆは醤油が強めの中に出汁の味が出ているやや辛口のもの。
量もまずまずかと思います。

小鉢は蜜柑と昆布です。
かんぴょうで巻かれた昆布は中に鰊でも入っている(中に魚が入ったのはあまり好きではありません)?と思いましたが、プレーンなもので結構美味しかったです。
蜜柑は悪くはないけれど蕎麦と昆布の組み合わせに合うかな?って気もします。


それと蕎麦湯。

tsogr-zrsb4.jpg

蕎麦猪口が別に出てくるのが好印象です。

観光地な場所柄と小鉢が付くのもあるからか、ざるそばで800円はちょっと高めかなって気もしますが、内容は悪くないと思いました。


おまけで同僚が注文したなめこそば(950円)。

tsogr-nmksb1.jpg

tsogr-nmksb2.jpg

道南産のなめこと細竹を甘汁で炊き上げたものと、山菜と油揚げが入っています。


tsogr2.jpg

tsogr1.jpg

あまり行く機会がない場所ではありますが、このエリアで蕎麦だとこの店なのかなと思います。
スポンサーサイト
2017/01/25 Wed. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

蕎麦の館 がびの(函館市昭和) 

また最近のこと。
昼食に蕎麦を食べにがびのへ行きました、と言うか故あって今日も含めて3週連続で行ってます。

住宅街の中にある店ですが、函館商業高校の裏手のため場所はすぐにわかると思います。
ただ、営業時間が11:30~14:30と限られていて、外勤でもない限り実質土日のどちらかしか行くことができません。
さて、店内はカウンター6席の他、2人掛けのテーブルが2、4人掛けのテーブルが4だったかな?そこそこ広くて余裕のある造りになっています。

メニューは天ぷらや蕎麦前はなくて蕎麦のみです。
それももり、たぬき、鶏、豚、鴨それぞれのセイロに、温かいものだとかけ、ニシン、鶏、豚、鴨それぞれの南蛮のみとかなり限定されています。
あとは蕎麦湯ゼリー、蕎麦がき、そば粉シフォンケーキのデザート類となっています。
それと3週連続で通った訳になりますが、この店ではメニューは少ないものの、4+1種類の蕎麦粉を週替わりで使用しています。

まずは2週間前。
特別そばセット(1,100円)を注文。

gabino-htc-tbs1.jpg

-- 続きを読む --
2016/12/03 Sat. 20:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

手打ち蕎麦きたわせ(函館市杉並町) 其の二 

まだまだ東京ネタが残っているのですが、立川編が落ち着いたのでここでちょっと最近の函館での食べ歩きネタをいくつか紹介します。
まずは先週のこと。
昼食に蕎麦をと思い、以前紹介したことがあるきたわせへ久々に行ってみました。

以前の記事で海老天もそのうち食べてみたいと書きましたが、今回はその海老天を食べることにしました。
海老天せいろと天使の海老天せいろの2種類があって、今回は天使の海老にすることに。
さらに天使の海老1本と4種の季節野菜のせいろと、天使の海老3本と2種の季節野菜のせいろの2種があります。
海老1本は物足りないなと思いつつ、この店は野菜の天ぷらが美味しいんだよなーと思い、海老1本と野菜4種のものに海老を1本追加してもらうことにしました。

天使の海老天せいろ(天使の海老1本と4種の季節野菜)+天使の海老1本(1,600円+350円)です。

tsktws-tes_1.jpg

-- 続きを読む --
2016/11/28 Mon. 23:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

板そば池田や 序葉久(亀田郡七飯町) 其の二 

東京ネタがまだ20以上残っているのですが、ちょっとお休みして先に東京へ行く前の函館ネタをいくつか紹介します。
東京の話が全て終わってからと思っていたのですが、もう冬に入っているし、後からだと季節感が違い過ぎるかな、と。

そんな訳で8月のことを。
久々に以前紹介した七飯町の序葉久に行きました。

古い民家を改装した雰囲気の良い店で、このときは平日の昼に行ったのですが、満席で暫く待たされました。
以前もそうでしたが、なかなかの人気店のようです。

注文ですが、前回食べた鳥天が食べたいと思いつつえび天も食べたいし、鳥飯も美味しそう・・・とメニューを見ていると丁度良いものがありました。
平日限定のメニューで序葉久セット(980円)、通常だと板そば(小)なのですが、+90円でサイズを(並)にしています。

jhq-jhqs1.jpg

板そば(並)、鳥飯、天ぷら、小鉢の構成です。


まずは板そば。

jhq-jhqs2.jpg

太くて食べ応えのある蕎麦で、常陸春そばの新蕎麦とのことです。
蕎麦の香りはそこまで強くはありませんが、太めで固い蕎麦は結構好みです。
そばつゆは前回書いたとおり辛口寄り、出汁も利いていますが少なめではあります。


鳥飯。

jhq-jhqs3.jpg

この店の名物とのこと。
鶏の風味が強く、ご飯も固めでなかなか美味しいと思います。


季節の天ぷら。

jhq-jhqs4.jpg

海老、鶏肉、舞茸、ピーマンの4種類です。
もうちょっと欲しいところですが、そこそこカラッと揚がっているのと、セットメニューだし海老、鶏、舞茸など食べたいものがひととおり網羅されているのは悪くはないな、と。


小鉢。

jhq-jhqs5.jpg

日替わり、週替わりとのことで、ポテトサラダでした。
蕎麦にはあまり合わないように思いますが、味はまずまずかと思います。

千円前後の値段でいろいろ食べられて、量もそこそこあるのでコスパの良い内容だと思います。


このときはテーブル席ではなく座敷の席に通されました。

jhq5.jpg

jhq6.jpg

ちょうど座敷の客がいなくなったので撮ってみました。
雰囲気が良いのと、テーブルが各席違うのが面白いですが、テーブル自体はちょっと狭いかな?


jhq4.jpg

かなり久々の再訪でしたがなかなか満足なランチになりました。
2016/11/13 Sun. 23:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

ひのでそば(札幌市中央区) 

昨日に続いて先月の札幌でのこと。
ずっと昔から知っていて、大通り方面へ出た際には必ず目にしているものの、これまで入ったことのない店に行きました。
ひのでそば、店名ではピンと来ない方も多いかもですが、ポールタウン大通側の入口を正面に見て右側、文教堂入口のところにある立ち食いそばの店です。
入って今更ながら気が付いたのですが、日之出ビルに入っているからひのでそばなんだな、と。

いつもそこそこ混んでいるのですが、この日は朝早かったのもあってたまたま誰もいなかったので写真を撮りつつ入ってみることに。

メニューはそばとうどんで、それぞれかけ、ざる、月見、ちくわ、わかめ、天ぷら、天玉とバリエーションがあり、その他冷しラーメンなんかも扱っているようです。

今回はやはり基本のかけそば(290円)を注文。

hndsb-kksb1.jpg

hndsb-kksb2.jpg

関東風の濃いめのつゆに麺は手打ちじゃないよくある蕎麦と、いかにも立ち食いそばって感じのものです。
ネギが結構多めなのは高ポイントかと。

蕎麦や出汁の香りを堪能しつつゆっくり味わうようなそばとは違いますが、こういうファストフード的なそばもなかなか美味しいなって思うのと、頼んだらすぐ出てきてさっと食べてさっさと出るってスタイルも味があってたまには好いなと。

それにしてもこの時代にかけそば290円、一番高い天ぷらを使ったもので440円や、冷しラーメンでも450円とかなりリーズナブルなのも嬉しい点です。


hndsb1.jpg

私が店に入ったときですが、どの時間帯でも常に何人か客がいるので、人がいない状態の写真は珍しいかと思います。


hndsb2.jpg

ただ、食べている最中にどんどん客が来て出る頃にはそこそこ混んでいる状態でした。
昔から市民に愛されている店なんだなと思います。
2016/08/06 Sat. 01:00 | trackback: 0 | comment: 0edit