07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

La Giostra(札幌市中央区) 

前回に続いてラ・ジョストラ、今回はジェラートではなく本店のバールへ行きました。
場所はジェラートのラ・ジョストラのすぐ近く、狸小路7丁目にある狸スクエア内です。
この狸スクエア、下町っぽい雰囲気ではありますが、このラ・ジョストラをはじめ気になる店が集まっています。
他の店もそのうち行ってみたいと思っているのですが、それは置いといてラ・ジョストラ、こちらもジェラテリア同様、イタリアらしさに拘った店で、メニューもイタリアのバールっぱくアルコールとコーヒー主体で、食事はアンティパストが殆どです。
店内は狭く、立ち飲みのカウンターとテーブル席があって、立ち飲みだとメニューによって50円~100円安くなります。

このときは二人で食事に行ってここで3軒目のため、軽くアンティパスト2種くらいをつまみながらビールって感じでいただきました。
立ち飲みの方が安いんだよなと思いつつも昼からかなり歩いているため、今回はテーブルに着席で。
まずはビールで乾杯。
ビッラ・モレッティ(GRANDE・900円)です。

lgstr-brmrtg.jpg

私も連れもワインが好きなのでこの手の店だといつもは泡のワインを頼むことが多いのですが、この日は暑いのもあってビールな気分だったのと、モレッティの瓶は飲んだことがあるものの、生ビールは初めて見るなと思い、モレッティを選択しました。
プレーンな味わいの比較的軽めなビールで、食前酒でも食事にも良く合うと思います。


それでは食事。
まずはパスタフリッタ(500円)。

lgstr-pstfrt1.jpg

lgstr-pstfrt2.jpg

lgstr-pstfrt3.jpg

パスタにツナとリコッタチーズを詰めて揚げたものが6個。
衣はスパイシーで、マイルドなツナ、チーズにうまく合っていてビールにとても良いおつまみです。
添えられた生パセリも好いスパイスになっています。
東京のアンビグラムでもツナを使ったアンティパストを食べましたが、イタリアンってツナの使い方が上手いなと思います。


続いてパスタメニューからボローニャ風ラザニア(780円)。

lgstr-blnlsn1.jpg

lgstr-blnlsn2.jpg

lgstr-blnlsn3.jpg

3種類の豆とジャガイモが入ったラザニアで、なんとなくイタリアの家庭料理っぽい雰囲気のものです。
ミートソースの挽肉が大きめで、カップヌードルの謎肉っぽい食感です。
パスタ自体はもうちょっと固めの方が好みではありますが、トータルではなかなか美味しく、私も連れも豆が使われたヨーロッパの家庭料理っぽいものが好きなのでこれは結構気に入りました。

こんな感じでしっかり食事した訳ではなく軽く食べて飲んだだけでしたが、これが本来のバールの使い方なんじゃないかと。


いつもはとても混む店らしいのですが、この日は入った時間が閉店に近く遅かったからか他に一組の客がいるだけでした。

lgstr2.jpg

lgstr1.jpg

他に食べてみたいものが沢山あったのですが、それらはそのうち再訪してからと思います。
スポンサーサイト
2017/07/29 Sat. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

ピッツァ亭(上川郡東川町) 

続いて東川でのこと。
東川町にはなかなか来る機会がないためもう一軒行こうということで、隣のピッツァ亭へ。
ここもフリーペーパーで見つけて行ってみたかった店です。
饂飩でそこそこ満腹ではありましたが、ピッツァくらいなら大丈夫かなということでちょっと時間を置いて入りました。
この店も千幸ほどではありませんが結構混むようで、4人組の客が入れずに待っていました。

店内はカウンター2席に2人掛けのテーブルが4、4人掛けのテーブルが2、このときは2人掛けのテーブル席に座りました。
店名がピッツァ亭だけあって、メニューはピッツァのみで10種類、それにドリンクです。
そのピッツァ、ナポリピッツァの定番の他にパンチェッタとレモンやサルシッチャと青唐辛子なんかの気になるものもありましたが、やはりここは定番のマリナーラとマルゲリータを。

まずはマリナーラ(1,000円)。

pizzatei-mrnr1.jpg

-- 続きを読む --
2017/07/06 Thu. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

レストラン どうなんde's Ocuda Spirits(上磯郡木古内町) 其の二 

おぐらで蕎麦を食べたときと同じく、12月に出張で松前、福島方面へ行ったときのこと。
出張は泊りで、夜は木古内町のどうなんde'sにしました。
6月に外勤で木古内町へ行った際にランチで利用して以来なので、半年ぶりの再訪です。
この日は3人でのディナーで私と同僚、もう一人はその同僚の学生時代からの古い友人で、彼は私が根室にいた頃に同じ職場だったことがあります。
意外な繋がりがあるものです。

ディナーのコースは11月から始まったばかりで、3,800円、4,800円、6,800円の3種類のシェフのおすすめスペシャルコースとなっています。
今回選択したのは真ん中の4,800円のコースで、冷菜・温菜・スープ・パスタ・魚・メイン・ドルチェの構成です。
因みに3,800円だと前菜・スープ・パスタ・メイン・ジェラート、6,800円だと冷菜・温菜・スープ・リゾット・パスタ・魚・お口直し・メイン2種・ドルチェとなっています。

まずは乾杯と食前酒に泡を。
C.F.G.V.社のオペラ・デュミ・セック(1,100円)です。

dndsos-1612opr.jpg

200mlの瓶で、各自1本ずつ頼みました。
ブラン・ド・ブランと書かれているのでセパージュはシャルドネかと思ったらユニ・ブランとマカベオとのこと。
デュミ・セックの名前のとおり甘口ではありますが、ほのかな甘さといった味わいでしょうか。

では、料理を。

-- 続きを読む --
2017/01/29 Sun. 23:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

AMBIGRAM(東京都港区南麻布) 

東京での仕事も終わりに近付き、東京滞在中の最後の週末のことを。
一人で予約して南麻布にあるイタリアン、アンビグラムへランチに行ってきました。
場所は地下鉄日比谷線の広尾駅から5分くらいの場所です。

店内は結構席数がありましたが昼時なのもあってほぼ満席。
予約していなければ入れなかったと思います。

このときは土曜日のみのコースランチ(4,104円)を注文。

まずはグラスのスプマンテを。
アルメリータブリュット(1,296円)です。

abgrm-bsalmrt.jpg

シチリアのもので、そう言えばシチリアのスプマンテって飲むの初めてです。
柔らかく広がる泡としっかりした味わいが美味しく、これはなかなか好いなと。


では料理を。

-- 続きを読む --
2016/12/22 Thu. 13:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

PIZZERIA CAPOLI(東京都新宿区新宿) 

これも東京での休日の話で、昼食に友人と新宿のカポリへピッツァを食べに行きました。
友人から教えてもらった店で、ここも以前記事にしたラ・ピッコラ・ターヴォラと同様、真のナポリピッツァ協会の認定店です。

実はこの前日の夜にも行ったのですが、時間が遅かったせいで生地が1枚分だけで品切れとのことで断念し、早速翌日の昼に再訪しました。
開店直後に入ったら既に数組並んでいましたが、店内が広いため比較的すんなり入れました。

さて注文を。ピッツァの他にアンティパストやパスタ等美味しそうなものもありましたが、気になっていたピッツァが3種類あったのでピッツァ3枚を注文。
まずは世界最古のピッツァ マストニコラ(1,080円)。

pzrcpl-mstncr1.jpg

-- 続きを読む --
2016/12/11 Sun. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit