02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’14.4.4から函館で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

カレー屋 いっぺこっぺ(東京都大田区蒲田) 

再び東京での週末のことを。
昼食にカツカレーを食べに蒲田にあるいっぺこっぺへ行きました。
週末はほぼ一人で歩き回っていたのですが、このときは久々に東京の友人と一緒です。

このいっぺこっぺ、以前とんかつ檍を記事にした際にちょっと話題にしましたが、檍の左隣にある姉妹店で、檍のとんかつでカツカレーが食べられる、カツカレー専門店です。

檍へ行ったときはこの店は満席が続いていたものの、行列まではなっていませんでしたが、この日は雨にも関わらず数人が並んでいました。
それでも檍ほどには並んでいなく、10分程度で店内へ。
カウンターのみ7席の小さな店になります。

メニューはカツカレーのみで、ロースカツ、メンチカツ、ヒレカツと選べます。
ロースカツのみ檍同様にロース、上ロース、かたロース、特上ロースと種類があります(リブロースはなくて特上までです)。
今回は私が特上ロース、連れがロースを頼むことにしました。

まずは特上ロースカツカレー(2,300円)。

cryipkp-tjrkcr1.jpg

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2016/12/09 Fri. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

インド料理クリシュナ北見本店(北見市東三輪) 

また連休の話に戻ります。
旭川の次は北見へ。クリシュナへ行きました。
実はこの店、根室にいた頃から気になっていたのですがなかなか行く機会がなく、函館に引っ越してからやっと行くことができました。

函館ではここ最近ネパールカレーの店が増えていて、私の知る限りでも7軒あります。
この手の本場のカレー店って函館に限らずですが、ネパールの店が殆どでインド料理の店って意外に少ないと思います。
今回のクリシュナはスタッフは全員インド人、インドマハラジャの宮廷料理がメインとのことです。

店内は結構広くテーブル席の他に小上がり席もあります。
今回は裏口側から数えて2番目の席に(裏口側の一番奥の席は昼でも暗くて写真を撮るにはどうかなと)。

メニューはかなり豊富で、単品のカレーは21種類、セットやコースもかなり種類がある他、マライやクルフィ等のインドのデザートもありました。
あとは全14種のランチバイキングもあって、これは時間制限なしで800円とかなりリーズナブルな値段です(ディナーだと全18種類で千円)。
その他、カレーなのに青い!オホーツク流氷カリー等のご当地の独自メニューもあって、こちらも有名なようです。

今回はその中からクリシュナおすすめメニューとしてメニューの最初に載っていたクリシュナサービスコース(1,800円)を。

irkrsn-krsnsc1.jpg

メニューではカレー・ナンorライス・前菜・タンドリー料理・サラダとなっていますがさらにデザートとドリンクも付きます。

-- 続きを読む --
2016/06/12 Sun. 23:00 | trackback: 0 | comment: 6edit

Grilled Curry&Smoothie SEAK(函館市昭和) 

連休の食べ歩きがまだまだ残っていますが、そればかり続くのもなんなので函館でのことを。
先週のことですが、歩いていて偶々見つけた店があったので入ってみました。

シーク、看板に“Grilled Curry&Smoothie”と書かれているとおり、焼きカレーとスムージーの店です。
今年の4月にオープンしたばかりの新しい店とのことです。

店内は白を基調に青をアクセントとしたもので、色あいや壁の絵からもエーゲ海のサントリーニ島をイメージしたもののようです。
店内は4人掛けのテーブルが2、2人掛けのテーブルが4、カウンターは5席となっていますが、席数の割に広くなっています。

食事メニューはカレーとお子様ランチのみ、あとはドリンクでスムージーとソーダ、各種通常のドリンクです。
その他スイーツとしてスモア2種がありました。

焼きカレーは基本の具なしでチーズのみのものが1種類で甘口か辛口が選べ、それに11種のトッピングを別料金で追加していくスタイルです。
それと焼きカレーじゃなくてプレーンなカレーにもできるようです。

今回は焼きカレーと食後にスムージーを頼みました。
11時~14時はランチタイムで、カレーにポテトサラダとドリンクが付きます。
私が来店したのは14時ちょうどだったのでランチタイムから外れたかなと思いましたが、ランチ扱いにしてくれました。

まずカレーですが、焼きカレー(680円)にトマト(150円)とチキン(250円)をトッピングしたものを注文。
食後にスムージーを頼むつもりだったのでドリンクを食前にして、アイスティーを選択しました。

順番は前後しますがメインの焼きカレー。トマトとチキンをトッピングして辛口にしたものです。

seak-yc-tmtckn1.jpg

-- 続きを読む --
2016/06/09 Thu. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

ビスターレビスターレ函館店(函館市美原) 

これも2月の食べ歩きですが昨日に続いてまたビスターレビスターレ。
今度は今年の1月22日にオープンした函館店です。

昨日も書きましたが、年末年始にネパールカレーの店が富岡~美原エリアに3軒も続いてオープンし、てそれぞれが歩いて10分以内の距離にある状態です。
その中でも道内に11店舗も展開している大手がビスターレビスターレです。

函館店はケーズデンキのすぐ隣です。
店内は網走の本店と比べるとかなり広く、テーブル席の他に小上がりもあります。

この日は14時過ぎに行ったのですが、オープンからまだそんなに経っていない頃に行ったのもあるからか、この時間でもかなり席が埋まっていました。

メニューは網走本店と同じになります。
今回もランチメニューからBセット(900円)を注文しました。

bstrhkdt-bs1.jpg

-- 続きを読む --
2016/03/30 Wed. 08:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

ビスターレビスターレ網走本店(網走市北6条西) 

昨日一昨日と当日のネタを書きましたが、今日は先月の食べ歩きのことを。
年末年始で函館にはネパールカレーの店がいくつかオープンしました。
以前紹介したヒマラヤダイニングが12月にオープンした後、今年に入ってそこから歩いて10分以内の場所に2軒オープンし、富岡~美原エリアはネパールカレーの激戦区になっていると言えます。

今回はそんな中の1軒、ビスターレビスターレを紹介します。
と、言っても函館店じゃなくて網走の本店です。先月置戸町の鹿ノ子ダムへ行った際に寄ってみました。

このビスターレビスターレ、今年になって函館にもオープンしましたが、網走の本店の他、札幌、旭川、帯広、北見、釧路、美幌、中標津と展開していて、道内のネパールカレーとしては最大手かと思います。
因みにビスターレビスターレはゆっくりゆっくりという意味だとか。

店内はテーブル席のみでそんなに大きくなく、18席ほどのようです。
この日は13時過ぎに入ったのですが、ほぼ満席でした。

メニューには単品のカレーの他、サフランライスとナンが食べ放題のセットメニュー、単品の鶏料理などがあるのは函館で紹介したラーニキッチンやヒマラヤダイニングと同様です。
と、言うかビスターレが先なので他店がこちらと同様と言うべきでしょうか。
セットの種類はこちらの方が充実しているのと、あとはテーブルオーダーで90分食べ放題のプランもあります。

今回は普通にランチメニューから選びました。
そのランチメニューですがA、B、Cの3種類があります。
Aセット(750円)はカリー(チキン野菜)、ライスorサフランライス、選べるドリンク
Bセット(900円)はカリー(日替わり2種類)、ナンorライスorサフランライス、ダル(豆)スープ、サラダ、選べるドリンク
Cセット(1,100円)は選べるカリー(1種類)、ナンorライスorサフランライス、タンドリーチキン、シークケバブ、ダル(豆)スープ、サラダ、選べるドリンク
となっています。

その中からBセットを注文しました。

bstrbstr-bs1.jpg

-- 続きを読む --
2016/03/29 Tue. 22:00 | trackback: 0 | comment: 2edit