05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

cantine SEL(札幌市中央区) 

前回の記事でちょっと触れた、その土曜日の夜のことを。
狸小路5丁目にあるカンティーヌ・セルへ行ってきました。
この店、記事にするのは初めてなものの今回で3回目なのですが、最初はどこか軽く飲むのに良い店はないだろうかと大通り~すすきのを歩き回っていてなんとなく目に入った店です。
と、言ってもビルの3階に入っている地味な店で目立つ看板などがある訳でもなく、本当にたまたま目に付いてピンと来て入ったら思いの外好い店で再訪し、3回目の今回は予約して二人で行った次第です。

店主が一人でやっている、カウンター6席とテーブル12席の小さな店でジャンルとしてはビストロになるのかな?
メニューの食材は肉、魚、野菜、チーズも道産のものが主体で、料理もワインも結構リーズナブルだったりします。

さて、この日予約したのはメニューの中に予約限定の食材があって、それが目当てだからです。
その食材は北海道産ウサギ。
1羽仕入れてもらって料理は1品だけの注文でも良いのですが、折角なのでこれをお任せで3種類の料理にしてもらいました。

ワインはグラスやボトルもありますが、グラス3杯、5杯、8杯から選べるおまかせワインsetもあって今回はそれを。
おまかせワインset 5glass(2,950円)にしました。
最初は泡。

cntnsel1805-5g1.jpg

銘柄は聞きませんでしたが、辛口の泡でどちらかというと黒ブドウ系の味かな?と思いました。
なかなか美味しいスパークリングです。


それでは料理。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2018/05/30 Wed. 01:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

2Plats(旭川市神楽) 

ゴールデンウィークに入って気温も上がり、旭川でも街を歩いて視界に雪が入ることはほぼ無くなってきました。
とは言えこのブログではまだまだ雪景色、と言うかこれから雪が多くなる時季に入ります。

今回は12月末の旭川でのこと。
身内と二人でランチに神楽の住宅街にあるフレンチの店、ドゥープラを予約して行きました。
旭川に引っ越して最初のフレンチになります。

ランチのメニューはコースのみで1,800と2,650円の2種類、内容はほぼ同じですが高い方はアミューズと前菜が一皿ずつ多いのと、デセールが付きます。
今回は折角なので2,650円のコースを選択。
その前にまずはアペリティフ・・・と言いたいところですがこの日は車だったのでノンアルコールのものを。
Bioイタリア産シチリアレモンソーダ(600円)です。

2plats-bbosls.jpg

ボッテガバーチブランドのオーガニックレモンソーダで、レモンの風味と自然な甘さが感じられます。

因みにノンアルコールはこの他に富良野産赤ぶどうジュースや旭川の小川商店の柚子ジュースなど拘ったものがありました。
また、ワインは赤白泡ともにグラスで700円、ボトルだと3,500円~13,000円で、5千円~6千円くらいがメインと比較的手頃なものが多いラインナップでした。

続いて料理を。

-- 続きを読む --
2018/04/30 Mon. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

RESTAURANT La tachi(函館市亀田本町) 

先月中旬、まだ道路に雪があった頃のことですが、週末のランチにラ・ターチへ行きました。
前から行ってみようと思ってはいたのですが、行こうと思ったらタイミング悪く休みだったり、営業していれば満席だったりとどうも縁が無かった店です。
このときは事前に電話して予約してから行きましたが、かなり混む店のようで、ほぼ予約で満席汗
途中何組も予約せずに入って断られていて、かなりの人気店のようです。

店内はキッチン前のL字になっているカウンター席のブロックとテーブル席のブロックに分かれていて、今回はカウンター席に。
メニューはおすすめランチ(1,080円)、プチコース(1,750円)、シェフの気まぐれコース(2,300円)の3種類。
フレンチで千円のランチがあって一番高いコースでも2千円ちょっとなのは珍しいと思います。

今回はその中からシェフの気まぐれコース(2,300円)を選択。
オードブル、スープ、お肉料理またはお魚料理、パンまたはライス、デザート4種の盛り合わせの構成です。
まずはオードブルで寒ぶりのカルパッチョ。

latachi-ckc1.jpg

-- 続きを読む --
2017/03/29 Wed. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

méli mélo(札幌市中央区) 

12月の食べ歩きネタがいくつかあるので紹介します。

まずは札幌でのこと。
出張で札幌へ行った際、ランチはどこかフレンチにしようと思ってそこそこの有名店に予約の電話をしたのですが、ラストオーダーの1時間前に行くつもりだけれど雪のせいでもしかしたらちょっとだけ遅れるかもしれない旨伝えたところ、来てほしくないような態度で感じの悪い対応です。
実際には遅れることはないだろうけれど念のためと思って伝えたのですが、もうラストオーダーまでには来られないんでしょ、やめておいたら?って態度のため、歓迎されない店にわざわざ行くことはないと思い「すいませんそれなら結構です」とやめました。
私が好きなレストラン評論家の言葉で「性格の悪い料理人の店にうまいものなし」というのがありますが、まさにそんな感じかなとその言葉を思い出してしまいました。

そんな訳で店が決まらないまま札幌に到着し(予定の時間どおりに着きました)、暫く歩き回った後で大通り周辺のフレンチを検索していて見つけたのが今回のメリメロです。
ここは電話したところ、とても感じの良い対応で(それが普通ですが)、これから行きますとこの店にすることに。

前置きが長くなりましたが今回のメリメロ、南3西3のメッセビルの2階に入っています。
このビルはかなり昔ですがカフェコムサが入っていたことがあり、中に入ったのはそれ以来かもしれません。
店内は2人掛けのテーブルが3と4人掛けのテーブルが1で広くはないけれどお洒落なカフェっぽい雰囲気です。
2組ほど客がいましたがどちらも常連客のようでした。

ランチは3千円と5千円のコースの2種で今回は3千円のコースを選択。
Menu Déjeuner(3,240円)です。

melimelo1612-md1.jpg


その前にまずはグラスでシャンパーニュを注文。
シャピュイカルトノワールトラディションNV(1,296円)。

melimelo1612-gccnt.jpg

グラスが歪な形に見えますが、写真のせいではなくて実際こんな形です。
名前は忘れてしまいましたが作家ものとのこと。他の食器やカトラリーなんかも結構凝っているのが好印象です。
シャンパーニュは抜栓して時間が経っているからなのかもしれませんが、風味としてはシャンパーニュよりはちょっとカヴァっぽい感じ?が。
ただ、シャンパーニュらしい味わいも感じられました。

では料理を。

-- 続きを読む --
2017/01/09 Mon. 03:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Madame Toki(東京都渋谷区鉢山町) 

昨日紹介したベル・エキップ~マダム・トキへ友人と二人でディナーに行きました。
フレンチはとても好きなのでこれまでにいくつか行きましたが、今回はマノワール・ディノ以来の久々のグランメゾン。
東京へ行ったらどこか一軒は行こうと思って函館にいる頃に予約しておきました。

ベル・エキップな外観の門を抜けて店内へ。
王様のレストランのテーマ曲が頭に浮かびます。

ディナーのメニューはA、B、Cの3つのコースがあって、今回はメニューの内容が魅力的だったBを選択。
Menu B(13,000円)。なお、サービス料10%が別途かかります。

mdmtk-1610mb1.jpg


定番ですがまずはアペリティフとしてグラスのシャンパーニュを。
ゾエミ ド スーザ ブリュット デジラブル ミレジム グランクリュ ブラン ド ブランの2003年(2,500円)です。

mdmtk-1610gcmp.jpg

本数限定とのことで、ヴィンテージのシャンパーニュを選んでみました。
ブランドブランらしく柔らかい泡立ちに濃厚で重たい味もヴィンテージらしい美味しさです。

それでは料理をメニューどおりに紹介します。

-- 続きを読む --
2016/12/19 Mon. 07:00 | trackback: 0 | comment: 2edit