07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

らーめん三日月(旭川市3条通) 

また5月のことで、旭川のラーメン店の話を。
このちょっと前にライナーネットワークのラーメン特集みたいのが郵便受けに入っていて、やっぱ旭川はラーメン屋が多いなーなんて思いながら見ていたのですが、その中につけ麺が売りの店を見つけて行ってみたのが今回の三日月です。
鉄血のオルフェンズが終わって間もない頃だったので、なんだか店名に惹かれたのもあります。

因みにライナーネットワークは新聞サイズの旭川のフリーペーパーで、各家庭に配られるものです。
旭川に住むとこの他にも何種類かフリーペーパーが配られて、いろんな情報が得られる反面、こまめに片付けないと後で大変だったりします汗

さてこの三日月、なかなか混む店のようで昼時をちょっと外して入ったもののほぼ満席で、一つだけ空いてる席があって座ることができました。
店内は我々が座った2人掛けのテーブルの他、4人掛けのテーブルが2、カウンターが8、あとは小上がりが3だったかな?
並ぶ程ではないものの次々と客が来るので常に満席な状態でした。
「やっぱすげえよミカは」ってところでしょうか。

メニューを見るとラーメン5種類につけ麺が3種類、その他小ライスにチャーシューがトッピングされたにくめしなんかのご飯ものもあります。
にくめしも気になったのですが、その前にソフトクリームなんかを食べていたので今回はつけ麺のみを。
つけ麺はしょうゆ、辛みそ、カレーがあって、ここはやはりオーソドックスなしょうゆを選択。

つけめん(しょうゆ)(850円)です。

rmmkdk-tmsy1.jpg

rmmkdk-tmsy2.jpg

rmmkdk-tmsy3.jpg

rmmkdk-tmsy4.jpg

スープの器が大きめなので少なめに見えるかもですが、麺は普通盛りで一玉半使っているのでそれなりにボリュームはあります。
チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、ゴマがトッピングされています。
麺は太めでラーメンとは異なる麺とのことです。
麺が太めなのは好みではありますが、ちょっと柔らかめなのが私としてはちょっと残念なところです。
もっとコシがあって固めの方が好みではありますが、麺自体の味は悪くないと思います。

スープは濃いめでネギと揚げ玉が利いています。
コクがあって美味しいと思いますが、脂がちょっと強いかなって印象です。
スープ自体に加えて揚げ玉がトッピングされているので余計に脂が強く感じられるのかと。
そのままでは濃いめなので飲むときには一緒に出されたスープで割って飲むのですが、スープは昆布と魚介のような出汁が利いていてつけめんのスープと合わせるとなかなか好い味になります。
以上、悪くはないのですが特別これは美味しい!って程でもないかなって感想です。
ただ、辛みそやカレーのつけめんも気になるところではあるので、それらを食べに再訪するかもです。


店はこんな感じです。

rmmkdk2.jpg

rmmkdk1.jpg

落ち着いた雰囲気の店内と接客も良い感じなのは好印象でした。
この店の他のメニューもですが、他のつけ麺の店も行ってみたいのと、あとは混ぜそばの店もあるようなのでそれらも探してそのうち行ってみようかなと思っています。
スポンサーサイト
2017/08/17 Thu. 02:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

南京楼(旭川市神楽) 

そろそろ旭川の話に戻ります。
もう8月も中旬になるのですが、まだ5月以降のネタが残っていて、順次紹介しようと思います。
ネタが貯まっているのはここ最近ブログの更新頻度が少ないためなのですが、理由の一つはポケモンGOだったりします。
サービスが始まってからずっと欠かさずに続けてはいたのですが、これまでは通勤途中や休日に出掛けるついでに細々とやっていた程度でした。
ただ、最近レイドバトルが始まり、特に伝説ポケモンが登場してからは仕事帰りに連日街を彷徨って帰宅が遅く、ついついブログ更新が疎かになってしまっていました。
レイドバトルをやってみてわかったのは今でもやっている人が結構多いんだな、と。
横浜で行われたイベントも盛況のようだし、旭川でもルギアのために住宅街の中の小さな公園に50人くらいが集まったり、この三連休も多くの人と一緒にバトルしたりと、実はまだまだ勢いがあるようです。

話を戻して5月のこと。
中華料理が食べたくて南京楼へ行きました。
旭川での最初の中華です。
国道237号線沿い、ホーマックの向かいで道の駅あさひかわも近く、場所はわかり易いと思います。
店内はL字型のカウンターが8席と、4人掛けのテーブル席が2です。
予想外に混む店で、特に昼時は早めに入らないとすぐに満席になったり、14:30までのランチタイムを待たずに終了したりとなかなかの人気店のようです。
この日は二人で行って、私は炒飯、連れは海老炒飯、それと一品料理から回鍋肉を注文しました。

まずは炒飯(スープ・新香付)(630円)。

nnknr-ch1.jpg

-- 続きを読む --
2017/08/15 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

餃子コンプリート~餃子すぐるや(札幌市中央区) 其の二 

また札幌の話に戻ります。
月と太陽ブルーイングが2軒目、ラ・ジョストラが3軒目だった日のことですが、その日の一軒目は2月に行ってとても気に入ったすぐるやを再訪しました。
この日は19時の開店後すぐにすぐるやに入って6種類の餃子を全て食べてみようというのが一番の目的です。

前回同様、まずはビール(500円)で乾杯。

gzsgry1705-nmbr.jpg

-- 続きを読む --
2017/08/08 Tue. 23:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

Piece Montee(旭川市3条通) 

紹介しようと思っていた札幌ネタがまだあるのですが、ちょっとここで昨日~日が変わったので一昨日ですね~の旭川でのことを。

週末に駅前の繁華街を歩いていて工事中の店を見つけました。
結構大きな店なのですがどうやらパティスリーのようで、昨日通りかかったら丁度オープンした日だったのでちょっと入ってみました。
それが今回のピエスモンテで新規のオープンではなく、移転してリニューアルしたようです。
以前はパティスリー&ダイニングだったようなのですが、今回はパティスリーとカフェの形態のようです。
暑い日なのでケーキを買って帰るのはちょっとなーなんて思いながらメニューを見ていたら、パフェやソフトクリームがあったのでそれらを店内でいただくことにしました。
店内はなかなか広く、2人掛けのテーブルが6と4人掛けのテーブルが2、椅子は全てソファになっています。
この時は持ち帰りの客は何組か続いて来ていましたがイートインは私一人だけ。
そんな訳で写真が撮り易そうな奥の席に座りました。

まずはソフトクリーム バニラ メープルコーン(350円)。

pecmnt-scmpl1.jpg

pecmnt-scmpl2.jpg

ソフトクリームはバニラ、チョコ、バニラ&チョコのミックスの3種類。
コーンも3種類で、今回頼んだメープルコーンの他ワッフルコーン、ココアワッフルコーン、あとはカップも選べます。
今回選んだのはメープルで、日世のクリスピーメープルコーンが使われています。
これ、洋菓子店のソフトクリームでたまに見かけることがありますが、使っている店は多くないかと。
なかなか美味しいコーンだと思います。
ソフトクリームですが、訊くとベースのミックスはあるけれど乳脂肪分などメーカーと打ち合わせてオリジナルのものを作ったとの話です。
フリーザーが日世なので、日世のOEMということでしょうか?
もっと詳しい話が聞きたかったのですが、開店初日にソフトクリームの配合なんかの詳しい話を訊くと怪しまれそうなのでやめておきました。
話が逸れましたがソフトクリーム。店内は冷房が効いているけれど暑い日だからなのか、フリーザーのコンディションもあるのか、それともこういう仕様にしているのかは不明ですが、かなり柔らかく溶けやすい仕上がりになっています。
洋菓子店のソフトクリームらしい生クリームっぽい味わいで、甘さが結構強く砂糖的な甘さを感じます。


それからパフェを。
パフェは4種類あってその中からピスタチオとフランボワーズのパフェ(780円)を注文。

DSC04781.jpg

DSC04779.jpg

カップの中に苺、マカロン、ホイップクリーム、パンダのチョコ、プレーンなクレープスティックを飾り、その中にピスタチオのアイス、フランボワーズのソルベ、一番下にフルーツグラノーラの構成です。
ホイップクリームは甘さはあるけれどそんなに強くしていないのと、逆にマカロンがしっかり甘く仕上がっているのが良いバランスかと。
ピスタチオのアイスは後味にピスタチオは感じられるものの、そんなに風味は強くないかな。
フランボワーズのソルベは味がしっかりしていて、冷凍のフルーツも入っています。
これ、思うのですが折角フルーツも使っているのだから見せ方をもっと工夫すればいいのにと。
でもオープン初日なので今後改良されていくのかもしれません。
フルーツグラノーラは合わないわけではないのですが風味が結構強いので、砕いたパイ生地とか旭山公園売店のようにワッフルコーンを砕いて使うとかすればもっとアイスの味が活きるのではないかとも思いました。
全体的には悪くないとは思いますが、ソフトクリームもですがこのサイズでこの値段はちょっと高いかなって気もします。
特にパフェは同じ価格帯でかなりハイレベルなものを食べたことがあるので余計にそう感じてしまうのかもしれませんけど。


店内はこんな感じでゆったりと座ることができます。

pecmnt2.jpg

pecmnt1.jpg

どうやら結構深夜まで営業しているようなので、飲み会の後の〆パフェなんかにも使えそうです。
まだオープン初日なのでもう少し落ち着いたら他のパフェやケーキを食べに再訪してみようかなと思います。
2017/08/03 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

月と太陽BREWING(札幌市中央区) 

また札幌での話で、順番は前後しますがラ・ジョストラの前に行った店のことを。
ここが2軒目で、どこかクラフトビールの店をと思って、創成川沿いにある月と太陽ブルーイングへ行きました。

このクラフトビールですが、'90年代に地ビールと呼ばれていた頃にブームになって一度下火になったものの、ここ数年またブームになっていて札幌ではクラフトビール専門のバーや居酒屋がかなり増えました。
マニアックでクセの強いビールが好きな私にとっては嬉しい流行ですが、特に札幌ではクラフトビールと肉バルはどこを選べばいいのかわからないくらいに沢山店があります。
そんな中でこの月と太陽~は全国のクラフトビールの他に自家製のビールまであるのが魅力です。
それもあってか、かなりどころじゃないくらい混む店らしく、飛び込みで入るのは難しいようで予約が必須とのことです。
この日は行く直前に電話してみたのですが、運良く立ち飲み席で良ければ入れるとのことだったので、すぐ行く旨伝え予約しました。

南三条東1丁目の創成川沿いなのでわかり易い場所ではありますが、そんなに目立つ店でもないので意識していないと通り過ぎてしまうかもしれませんが、白い暖簾に外から醸造タンクが見えるのですぐにわかるかと思います。
店内はカウンターが9席と立ち飲み用のカウンターが3、奥はテーブル席が結構あるようです。

立ち飲みのカウンターを案内され、まずは乾杯にビールを注文。
この店ではワインやカクテルもありますが、売りは自家製のものを含む日替わりの10種類のクラフトビールということなので、当然ここは自家製のビールを。
冷吟閑酔 PINT(450ml)(900円)です。

tkttybrwg-rgks.jpg

-- 続きを読む --
2017/08/01 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit