02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

ポケふた(上川郡比布町) 

お久しぶりですm(__)m かなり久々の更新になります。
帰宅がずっと遅いのと土日も用事が続いてしまい、すっかり此処を放置してしまいました。
と、いうかPC自体もWindowsを10にしてから殆ど触っていませんでした。

ただネタは貯まる一方だし、行先はまだ不明ですが、私が旭川を離れるまでもう2ヶ月を切るくらいまで来てしまったのでそろそろ復活しなければ、と。

まずは今日~もう昨日の話になりますがJRを使って比布町まで行ってきました。
車があるときにしようと思っていたけれど、天気が良かったし、旭川駅~比布駅って片道440円で行けるのでちょっと行ってみようかと思って。

目的は単に駅前にあるポケモンマンホール「ポケふた」です。
ポケモンの絵柄のマンホールなのですが全国的に増えていて、北海道は現在15箇所とのことです。
上川管内には士別市と比布町の2箇所があるのですが、士別はちょっと遠いため今回は比布町のみということで。

ということでポケふた。
比布町はアローラロコンとポッチャマです。

20200208-1.jpg


場所は駅舎を出てすぐ、左手にあります。

20200208-2.jpg

20200208-3.jpg

雪よけ用のテントと箒とスコップまで用意されていて、日本一過保護なマンホールとも呼ばれています。
因みにこのポケふた、ポケモンGOのポケストップにもなっていて、普段はポケストップを回してもギフトが出るとは限らないのですが、今はイベント中で必ずギフトが出るため、回すのなら今がチャンスだったりします。


目的はこれだけだったのであとは帰りのJRで旭川へ戻るだけだったのですが、流石にそれもどうかと思いちょっと町内を歩いてみました・・・と言っても観光地じゃないので観る場所は限られるのと、車じゃないので遠くへも行けないので神社へ行ってみることに。

比布神社です。

20200208-4.jpg

20200208-5.jpg

駅から真っ直ぐ歩いて10分くらいの場所にあります。
私は手前側にあったこの鳥居から入りましたが、後から見たらもう一箇所、赤い鳥居もありました。
明治32年の建立とのことです。

さっと観て戻るとちょうど帰りの列車が出発する数分前だったので、そのまま旭川へ戻りました。


おまけで、帰り道にスマホで撮った写真を。
旭川は今冬まつりの最中なのですが、その関連イベントで「2020年氷彫刻世界大会」が開催されています。
ポケモンGOのAR機能を使って氷像とポケモンを一緒に撮ってみました。

20200208-pg1.jpg

20200208-pg2.jpg

20200208-pg3.jpg

このときは気温が-18℃くらいととんでもなく寒くてあまり時間を掛けられませんでしたが、アイデア次第でとても面白い写真も撮れるので今後いろいろ試してみたいと思っています。
スポンサーサイト



2020/02/08 Sat. 01:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

テオ・ヤンセン展 

20190831-tj1.jpg

8月31日のこと。
9月1日まで札幌芸術の森美術館で開催されていた、テオ・ヤンセン展を観に行きました・・・って、もっと早く記事にしなくてはと思いつつ、完全に旬を逃してしまいました汗
テオ・ヤンセンはオランダの彫刻家、物理学者で、ストランドビーストと名付けられた風力で歩く造形作品が有名です。
そのストランドビーストですが何年か前の中外製薬のCMに登場したのが印象的で、今回その作品が観られるということで行った次第です。

最終日前日なこともあってか、以前記事にしたスター・ウォーズ展程ではないもののかなり混んでいて、なかなかの人気のようです。
さて、このテオ・ヤンセン展ですが嬉しいことに全ての作品が写真撮影OKという気前の良い展覧会です。
ということでひととおり写真を撮ったので紹介します。

-- 続きを読む --
2019/10/09 Wed. 01:00 | trackback: 0 | comment: 1edit

bilancia(旭川市花咲町) 

ちょっと遡って6月のことになりますが、ランチでビランチャへ行きました。
旭川在住のグルメな方皆がおススメするイタリアンで、予約しないと入れないくらいの人気店とのこと。
そんなこともありなかなか行く機会がない店でしたが、去年だったかな?豊岡からメガドンキのすぐ向かいに移転して私の住まいから結構近くなったことから、そろそろ行ってみようかなと予約してやっと行った次第です。

ランチはA(2,160円)、B(2,200円)、C(3,888円)の3種類があり、Cは前日までの予約が必要ですが、AとBは当日の注文で大丈夫です。
因みに
Aは前菜2種類、選べるパスタ、コーヒーor紅茶
Bは前菜2種類、選べるパスタ2種類、ドルチェ、コーヒーor紅茶
Cは前菜2種類、選べるパスタ、魚料理、肉料理、ドルチェ、コーヒーor紅茶
となっています。

今回はパスタをメインに食べたかったのでpranzo-B(2,376円)を選択。

コースの前にグラスで泡を(値段・・・すいません忘れてしまいました。1,296円か1,620円のどっちかです)。

blnc-1906gsekt.jpg

実はメニューには泡はボトルしかないのですが、ダメもとでグラスはないものか一応訊いてみたところ、用意できるとのこと。
用意できる日とできない日があるとのことです。
銘柄はわかりませんがドイツのゼクトで、セパージュはリースリングです。
ドイツでリースリングだと甘口の印象が強いのですが、これは食事に合うしっかりとした辛口のものです。

では食事になります。

-- 続きを読む --
2019/09/09 Mon. 01:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

NATURES SOFT-SERVE(上川郡東川町) 

暫く更新が滞っていましたが再開します。
暑い日が続くので前回に続いてソフトクリームの話題です。
東川町にあるネイチャーズへ行ってきました。
実は4月にも行ったのですが光の関係と混み具合で写真がいまひとつだったので、先月再訪して撮り直したのが今回の記事になります。

去年の9月にオープンした店で、場所は東川町の郊外、市街からキトウシ森林公園家族旅行村を目指してその手前って感じでしょうか。
店内はカウンター席6、テーブル席は4人掛けが2、2人掛けが1ですが、いつ行っても混んでいる印象です。
メニューはソフトクリーム2種プラスミックスとアフォガート、あとはスムージー4種にコーヒー5種です。

その中からメインのソフトクリーム2種を食べました。
まずはミルク(400円)。

ntss-mlk1.jpg

ntss-mlk2.jpg

フリーザーはカルピジャーニを使用しています。
美瑛町のジャージー牛とブラウンスイス牛のミルクを使ったもので、それに砂糖のみの無添加のソフトクリームです。
ホロっとした食感でさっぱりとしているのと、甘さは控えめ、独特な味わいの美味しさです。
あとは無添加だけあってとても溶けやすいのが特徴でしょうか。
チョコレートの目玉は無くても良いような気がしますが、インスタ映えなんかを考えると必要なのかもしれませんね。


続いてほうじ茶(400円)。

ntss-hjc1.jpg

ntss-hjc2.jpg

こちらはジャージー牛とブラウンスイス牛のミルクをベースに、三重県伊勢茶を使用したものとのこと。
面白いことにミルクと違ってかなり滑らかな食感です。
ソフトクリーム自体もほうじ茶の風味がしっかりと感じられますが、それに伊勢茶のパウダーがたっぷりとかけられているため、ほうじ茶らしさはとても強いと思います。
ほうじ茶のソフトクリームは他でもありますが、これはかなりレベルの高い美味しさじゃないかと。

以上になります。東川町は独自性のあるソフトクリームを出す店がいくつかありますが、今のところ東川では此処が一番かなと思います。


店はこんな感じ。

ntss2.jpg

ntss3.jpg

ntss1.jpg

どうやらこの店は冬期も営業しているようです。
冬は休んでしまう店が殆どなので、これは嬉しいポイントだと思います。
2019/08/08 Thu. 23:30 | trackback: 0 | comment: 3edit

旭山公園売店 Shop Asahiyama Park(旭川市東旭川町) 其の五 

前回の記事で旭山三浦庭園を紹介しましたが、その際に旭山公園売店でソフトクリームを食べたので紹介します。
この店ではレギュラーのバニラの他、以前の記事で紹介しましたが月替わりのものがあり、今年の7月は初登場のいちごとなります。

ということでいちごをメガ盛りでいただきました。
いちごメガソフト(420円)です。

sashymp-icgm1.jpg

sashymp-icgm2.jpg

かわいらしいピンク色が特徴で、味もジャム的な酸味のあるリアルな苺ではなく、見た目どおりのいちごミルクな甘い味わいで、昔の銭湯で飲んだいちご牛乳的なイメージです。
最近は果物的な苺路線のものが多いと思いますが、こんな感じの甘いいちごミルクも好いなと思います。
この他の月替わりは抹茶やモカ、チョコレートなどビターなイメージなものが多いので、スイートなイメージのいちご味は上手い選択だな、と。

ただ、残念なのはこれのせいで今年はヨーグルト無いんですよね涙
確かにヨーグルトって、コンディションがかなりデリケートでメガ盛りが出来ないとのことなので外されるのは仕方がないのかなとは思いますが、とても美味しいのと最近はヨーグルトアイスが流行っているのもあるので、個人的にはヨーグルトを外したのは失敗なのではなんて思ってもいます。
じゃあ、代わりにどれを外すとなるとそれぞれにファンがいるので難しいところかもしれませんね。


もう一つ。
これはゴールデンウィークのことになりますが、ギガ盛りパフェ(980円)を食べました。

sashymp-2019gmp1.jpg

sashymp-2019gmp2.jpg

sashymp-2019gmp3.jpg

以前、2017年に紹介したことがありますが、あの後にリニューアルされて、容器が1㍑の計量カップ!になっています。

構成は以前と同様に上から
・コーヒーパウダーが降られたソフトクリーム
・砕いた手焼きワッフル
・ソフトクリーム
・砕いた手焼きワッフル
・ソフトクリーム
・エスプレッソ
・コーヒーゼリー
です。

これ、見た目に目を奪われがちですが内容のバランスがとても好いと思います。
特にありがちなコーンフレークではなくワッフルを使っていることと、底のコーヒーゼリーの苦さとソフトクリームの甘さのバランスなど、なかなかセンスの良い構成だと思います。

それと見た目どおりかなりのボリュームで、一人で食べると今日の昼御飯はこれでいいかなって思えるくらいです。
ソフトクリームを目いっぱい食べたい人も家族や恋人とシェアして食べたい人も満足できるサイズと思います。


おまけでサイズが伝わるようにソフトクリームスタンドと一緒に撮ってみました。

sashymp-2019gmp4.jpg

今思えばスマホと一緒に撮った方が大きさが伝わるんじゃあないかと思いましたが、わかるでしょうか?


珍しく天気が良い日だったのであらためて外観を。

sashymp1907.jpg

丁度看板が今回紹介したいちごとギガ盛りになっています。
2019/07/09 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 4edit