01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

海鮮肉鮮 STEAK 円山 本店(札幌市中央区) 

まだ去年9月の札幌での話が残っていて、今回はディナーで円山にあるステーキ円山へ行った話です。
もっと早く記事にするつもりが写真がかなり多くて時間が掛かってしまいました汗
この店も以前札幌に住んでいた頃にランチで行ったことはありますが、それ以来の再訪でディナーでは初めてです。

住宅街の奥、円山の麓にある一軒家の鉄板焼きレストランで、すすきのにも店舗がありますが此方が本店になります。
メニューは肉鮮コース、海鮮コース、海鮮&肉鮮コースとあり、ステーキが目当てだったので肉鮮コースを。
肉は北海道産フィレ、北海道産特選黒毛和牛ロース、北海道産特選黒毛和牛フィレの3種類が選べて、北海道産フィレを。
すき焼なら霜降り肉が美味しいと思いますが、霜降り肉よりは赤身の方が好みな上、値段も半分以下のため迷わず北海道産フィレを選択しました。
さらに150gと200gが選べて200gを選択。

肉鮮コース 北海道産フィレコース 200g(6,264円)。
構成はステーキの他、前菜、サラダ、お口しめり、焼き野菜、お食事、デザート、コーヒー(紅茶)となっています。

食事の前にワインを。
マルティーニブリュット ハーフボトル(2,700円)。

knsmrymh-mbh.jpg

スパークリングワインとしてはかなりメジャーな銘柄です。
アペリティフに2人でフルボトルは多いのでグラスのシャンパーニュがあればと思ったのですが、シャンパーニュ含め泡のワインはボトルしかない上にハーフボトルがあるのはこれのみのため、必然的にマルティーニとなりました。
では食事です。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2018/02/17 Sat. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

とんかつくにか(札幌市白石区) 

今回は9月の札幌でのことを。
なかなか更新できずにいるため掲載の予定は大幅に遅れています汗

さて、とんかつを食べに白石区川下にあるくにかへ行きました。
この店、かなり前になりますが札幌に住んでいた頃に行ったことがあって、そのときはかなり美味しかったのを覚えています。
その後、場所が遠いこともあってずっと行かずにいましたが、ブログで紹介したことはないなと思って数年振りに再訪した次第です。
場所は川下三条、厚別川のすぐそばって感じの場所です。

店内はカウンター7席、2人掛けのテーブルが1、4人掛けのテーブルが3、4人座れる小上がりもあります。
メニューは昼時だと4種類のランチが870円~890円とお得なのですが、ここはいつもどおりロースかつの一番高いものを注文しました。

ロースかつ定食 260g(1,728円)です。

tnktknk-rkt2601.jpg

tnktknk-rkt2602.jpg

tnktknk-rkt2603.jpg

tnktknk-rkt2604.jpg

260gだけあってなかなか大判なとんかつ、厚さもまずまずです。
因みにこの他に160g(1,188円)もあります。

粗めのパン粉で、やや薄めの色に揚がっています。
芯が微かにピンクな火加減なのが見事です。
塩は強くないけれど、そのままでも美味しい塩加減になっています。
肉は柔らかいけれど歯応えがあって脂身は甘く、くせのない味わいと、かなり美味しいとんかつです。

野菜はキャベツ、トマト、パセリ。
キャベツもパセリもかなり大盛りで、どれも鮮度が高く瑞々しいのがかなり好い感じです。
しかもキャベツは一回のみお代わりができます。
ただ、この量なのでお代わりはしませんでした。


キャベツはドレッシングをかけていただきました。

tnktknk-rkt2605.jpg

軽い酸味と人参の甘さが程よく利いていてなかなか美味しいドレッシングです。


ライス、味噌汁、漬物。

tnktknk-rkt2606.jpg

tnktknk-rkt2607.jpg

tnktknk-rkt2608.jpg

ライスもキャベツ同様、一回のみお代わりができます。
柔らかめに炊き上がっていますが、気になるほどではありません。
味噌汁は豚汁で、豆腐、油揚げ、大根、人参、長ネギと具沢山で、豚肉がゴロンと大きめなのがサービス良いなと思います。
沢庵はやや塩きつめですが、ご飯が進むくらいのしょっぱさで、これも気になるほどではないかと。

全体的に美味しく、コスパとしても悪くないロースかつ定食だったと思います。
また、店主夫婦の接客も愛想が良くてこれも満足な点でした。


店はこんな感じ。

tnktknk2.jpg

tnktknk1.jpg

横に長い造りで、店内のあちこちに豚グッズが置かれていました。
店を右に100mくらい行くとすぐに橋があり、厚別川が流れています。

とても久々に行きましたが、以前の印象と同様に美味しく、札幌でも一、二くらいの満足度だったと思います。
2018/02/06 Tue. 01:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

起動 

20180128.jpg

またちょっと日が空いてしまっての更新になりますが、今回は久々の居合の稽古の話です。
今更ですが今日が今年の稽古始め。
これまで週末は殆ど予定が入っていた他、ここのところ土日の体育館は専用使用や行事が入って使えないことが多かったのですが(あとは雪と寒さで足が遠のいていたのもありますけど苦笑)、今日は午前中のみ体育館の空きがあって行くことに。

第4体育室に入ると以前此処での最初の稽古の際にお会いした他流の方が稽古していました。
前回同様に軽く挨拶して私も稽古を。
刀礼後、かなり久々なので素振りと基本を長めにしっかりとやりました。
それから形を。
これも一つ一つ丁寧にやりましたが、途中で単に形(かたち)をなぞっているだけな気がして、実際に人と対峙した場合の刀の動きを意識して最初からやり直しました。
そんな感じで稽古していたら五用と五応をやったところで時間になったので終了。

久々の稽古になりましたが、家で刀は触っていたのと、これはもう習慣ですが頭の中では毎日ああしてこうしてと居合のことを考えているためそれほど違和感はありませんでした。
ただ、やはり稽古不足なため頭で考える動きに躰が付いていっていない印象です。正座も痛いし恥

さて、来週以降の予定と体育館の空き状況を考えると2月は稽古に行けるか不明ではありますが、なるべく間を空けずに稽古したいと思っています。
2018/01/28 Sun. 16:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

Black&White Truffe 波紋 de TOYA 

今回はちょっと遡ってクリスマスケーキのことを。
ここ3年くらいクリスマスケーキはピエール・エルメのアイスケーキを取り寄せているのですが、久々に生ケーキにしてみました。
10月に入ったらすぐに各デパートのサイトやカタログをチェックし、今回選んだのは大丸札幌店。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパのBlack&White Truffe 波紋 de TOYA(12,960円)です。

twht-bwthdty1.jpg

twht-bwthdty2.jpg

お値段なんと1万2千円!カタログの他のものが高くても5千円~6千円程度のため別格のケーキです。
私がこれまで買ったケーキの中でも最も高いものになります。
30台限定ですぐに予約したので買えましたが、そんなに長くはかからずに完売だったようです。
2017年はありませんでしたが、エルメやラデュレのケーキなんかが出ると初日で完売になるそうです。
これは数が30台(それでもかなり少ない方ですが)なのと値段がかなり高いため暫くは残っていましたが、それでも売り切れてしまうのはやはり景気が回復基調にあるということでしょうか。

さてこのケーキ、商品名の“Black&White Truffe 波紋 de TOYA”のとおりホテルから眺めた洞爺湖の青くきらめく波紋をイメージしたものとのこと。
金箔に包まれた球体は洞爺湖中心にある中島ってところでしょうか。
綺麗な青と金の組み合わせはいかにも高そうなケーキって外観です。


中はこんな感じ。

twht-bwthdty3.jpg

本体は表面に青いピストレ、その下のメインの部分はホワイトチョコレートとバニラのムース、中心部は上からレモン風味のビスキュイ、ハスカップと月浦ワインのコンフィチュール、クリームチーズムース、一番下はホワイトトリュフ風味クリスピーとなっています。
使われている食材は殆どが地元のもので、小麦は洞爺湖町産のきたほなみ、塩も洞爺湖町産の小粒海塩でこれはオリジナルのものとのこと、卵も同じく洞爺湖町のもので三四郎卵、それと発酵バター、生クリーム、クリームチーズは登別市ののぼりべつ酪農館のものですが、このケーキのためだけに作られたものとのこと。

ムース部分はバニラビーンズがふんだんに使われていてホワイトチョコレートよりはバニラの風味がかなり強く、甘くてとても滑らかな食感に仕上がっています。
中心部のビスキュイはレモンの風味がしっかりと感じられる味です。
ハスカップとワインのコンフィチュールですが、ハスカップは厚真町の山口農園のオリジナル希少品種、ワインは洞爺湖町の月浦ワインを使ったものとのこと。
酸味はあまり感じられず濃厚な果実味が強い味わいでしょうか。
クリームチーズムースはかなりクリームチーズが美味しく主張していてこれと表面のムースの存在で全体がバニラとチーズのムースな印象に仕上がっています。
下のクリスピーはイタリア産の白トリュフフレーバーを使用しているとのこと。フレーバーオイルを使っているということでしょうか?
トリュフよりもナッツっぽさが強い味わいですが、カリッとよりはしっとりした食感でこれも美味しいと思います。
どれもかなり拘った食材を使っているのと、それぞれのパーツが上手いバランスで絶妙な美味しさになっているイメージです。


それと上部の中島。

twht-bwthdty4.jpg

twht-bwthdty5.jpg

黒トリュフと余市ウイスキーのチョコレートを金箔で包み、中はプラリネとなっています。
黒トリュフはフランス産のもので、ウイスキーはニッカウヰスキーのシングルモルト余市20年、これは現在市販されていなく、ホテルでは1ショット2万円もするものだとか。
ネットで調べてみると現在入手しようとすると1本15万円以上するようです汗
プラリネはかなり柔らかく、とろけるような食感。
ナッツとチョコレートが濃厚ですが、小粒海塩の塩気が結構強く、それに黒トリュフの香りがアクセントになっています。
ただ、それよりもウイスキーの香りとアルコール感がかなり強く出ていて、これのみ食べてもかなり美味しいのと、本体と一緒に食べるとプラリネの塩気とムースの甘さ、それにウイスキーの香りでまた違った味わいになって楽しめます。

大きさは径20cm、高さ4.5cm、約7号ってところでしょうか。
結構大きいサイズなのと使用された食材を考えると、1万2千円という値段は納得というか思ったよりは割高ではないのかもしれません・・・まあ、それでも高いですけど。


因みに箱はこんな感じ。

twht-bwthdty6.jpg

黒一色のしっかりした箱で、ケーキの青と金に合う高級感かと。

かなり贅沢してしまいましたが、綺麗な見た目に負けない美味しさで、満足度はかなり高いクリスマスケーキでした。
2018/01/14 Sun. 02:30 | trackback: 0 | comment: 4edit

ガレット・デ・ロワ~Pâtisserie SHIIYA(札幌市中央区) 

新年を迎え、謹んで初春のお慶びを申し上げます。
平素から当ブログにつきまして深い御理解と暖かい御支援をいただき、厚くお礼申し上げます。
昨年を振り返りますと、3年間を暮らしました函館を離れて此処旭川に異動し、変化と新たな出会いに満ちた一年でありました。
さて、その旭川に目を向けますと・・・って、偉い人の年頭所感っぽく書いてみましたがそろそろ普通に書きます。

年末年始もいろいろと予定が入って更新が滞っていて、まだ秋~冬のネタが沢山あるのですが、今回は先に正月らしい話題を一つ。
毎年のことですが、ガレット・デ・ロワを今年はエピファニーの翌日、1月7日に食べました。

今回選んだのはパティスリーシイヤ、札幌では大人気の洋菓子店で、食べログのランキングでも北海道1位の店です。
今年のガレット・デ・ロワはさて何処にしようと思った際に、そう言えばシイヤでも作っているだろうか?と思い付いて電話で訊いてみたところ、チョコレート、マロン、ピスタチオの3種類を作っているとのこと。
チョコとマロンは14cmと17cmがありますがピスタチオは14cmのみ。
それが1日各1台限定とのことです。
丁度店が開く頃に電話したのでどれも選ぶことが出来、ピスタチオを予約して買いに行きました。

ガレット・デ・ロワ ピスタチオ(1,700円)。

ptshiiya-gltdrpst1.jpg

ptshiiya-gltdrpst2.jpg

ptshiiya-gltdrpst3.jpg

ちょっとパイが膨らんで空洞が出来ているところはありますがなかなか綺麗に仕上がり。
いろいろな店のものを食べましたが、綺麗さだと去年のパティシエ・シマは別格だと思います。

さて、パイはかなりパリッとしていて香ばしく焼かれています。
クレームダマンドにピスタチオを使っていて、こちらはしっとりとした食感、パイのパリッと感とうまく合っていると思います。
味ですが、ピスタチオの風味は強くはないものの、 杏仁霜が使われているのか杏仁の風味が結構強く出ています。
これは好みが分かれるところかもしれませんが、私は結構気に入りました。
因みにガレット・デ・ロワと土台の紙はアプリコットジャムで留められています。これが意外に好いアクセントになっていて美味しかったと思います。


それからフェーヴ。

ptshiiya-gltdrpst4.jpg

王冠型のブリオッシュを模したものです。
最近は殆どの店がフェーヴは別添で代わりにアーモンドが中に入っているのですが、この店は今どき珍しくフェーヴそのものが入っています。
今年は二人で食べましたが私が引き当てました。
去年は一人でしたが最初のピースで当たったので、2年連続の当たりとなります嬉


ptshiiya1.jpg

流石は№1の人気店だけあってかなり混んでいて、店内を撮るのは断念しました。
予約しなければガレット・デ・ロワを入手するのは無理かと思います。
イートインのコーナーもあったので、そのうち普通のケーキで記事にしたいなと思っています。

それでは今年も宜しくお願いしますm(__)m
2018/01/11 Thu. 01:16 | trackback: 0 | comment: 0edit