09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

暮らしと居合と食べ歩き

’17.4.5から旭川で暮らしています。 食べ歩きをはじめとした暮らしのこと、あとは居合の稽古のことなんかを書いています。

たこ焼 お好みボール わや(函館市港町) 其の二 

どうして今頃函館の話を?と思われそうですが、実は先月中旬に函館へ行ってきました。
目的は単に食べ歩きで、函館に住んでいた頃に気に入った店を再訪してみようと思ってのことです。
ただ、今回は一泊二日の強行スケジュールのため予約が不要で気軽に行ける店を何軒か回りました。

まずはたこ焼きのわや。
私、最近たこ焼きに凝っていまして、店内でたこ焼きとビールを楽しめるような店をいろいろ回ったり(そのうち記事にするつもりです)、あとは自分でも食べ歩いた店を参考に出汁の濃さや生地の割合なんかを試行錯誤しながら作ったりしています。
それでいろいろ食べ歩いた結果、函館の店ってどこも結構レベル高かったんだなーと気が付き、それではあらためて食べてみようと思い、函館に着いてまずは昼食にわやへ行ってみました。

函館に住んでいた頃の自分の定位置のカウンター席に座り、早速たこ焼きを注文。
たこ焼 10個(400円)にマヨネーズをトッピング。

tyobwaya-tkyk_m1.jpg

銅製のたこ焼き器で焼いて、熱したスキレットで出てくるたこ焼きです。
焼く前の生地はかなり水分が多く緩め、焼き上がるとふわっとしてトロリとした食感に仕上がります。
ソースはスパイシーな風味で、マイルドなマヨネーズにトロリとしたたこ焼きとの相性も好い感じです。


それともう一つ、たこ焼 10個(400円)をソース等なしで。

tyobwaya-tkyk_01.jpg

tyobwaya-tkyk_02.jpg

tyobwaya-tkyk_03.jpg

何もつけずにそのまま食べると、生地本来の味がよくわかります。
出汁の味がとても強く出ているとろけるような食感の生地で、その中に主役のタコのしっかりした味と食感が主張している美味しいたこ焼きだと思います。


おまけで塩と胡椒を出してくれました。

tyobwaya-tkyk_04.jpg

焼き塩とよくある普通の胡椒ですが、いろいろ試した結果、岩塩や粒の胡椒を挽いたものよりも普通に手に入るこちらの方が相性が良かったとのことです。
函館で一番通ったこけしでも塩と胡椒で食べるのが好みでしたが、それもごく普通のものだったので、その方が合っているのでしょうか。


いつもはビールをいただくのですが、このときは車だったのでウーロン茶(150円)を。

tyobwaya-olt.jpg

ビール用のジョッキで出されるので結構多く、お得感があります。


tyobwaya6.jpg

tyobwaya7.jpg

tyobwaya5.jpg

何度か通って顔馴染になったこともあって店主は私のことを覚えていてくれ、楽しく美味しい時間を過ごすことができました。
スポンサーサイト
2017/10/20 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

わっさむ かぼちゃの王国(上川郡和寒町日の出) 

先月初めのこと、管内をドライブしていて和寒町を通った際に今回記事にするかぼちゃの王国の前を通り、スルーするつもりだったのですが黄色いソフトクリームサインが目に留まり、ちょっと寄ってみることに。

店名どおり南瓜を使った軽食の店で、ソフトクリームの他、かぼちゃのクリームチーズパイ、焼きドーナツやコロッケなんかもあります。
南瓜のコロッケも気になりましたが、今回は目当てのソフトクリームのみ食べました。
ソフトクリームはバニラとかぼちゃ、それにチョコや金時をトッピングしたものがありましたが、ここはやはりノーマルなかぼちゃのソフトクリームを。

かぼちゃソフトクリーム(330円)。

kbcok-ksc1.jpg

kbcok-ksc2.jpg

フリーザーは日世、コーンも日世のローレルトップで、南瓜は地元産の雪化粧という品種を使っているとのこと。
冨士冷菓のパンプキン同様、南瓜のパウダーを使っているのかと思いますが、南瓜の香りが強く、風味もしっかりと感じられます。
食感も南瓜の粉っぽいような感じはなく、かなり滑らかでクリーミーなのが好印象でした。


kbcok.jpg

流石は南瓜の作付けが日本一の和寒町だけあって、南瓜に特化した店もあるんだなーと。
冬期も営業しているとのことですが、ソフトクリームもあるのでしょうか?
でも寒い時季ならコロッケも良いかもしれません。
2017/10/17 Tue. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

洋食とcafé じゅんぺい(上川郡美瑛町本町) 其の二 

ここのところ美瑛ネタが続いていますがもう一つだけ美瑛での食べ歩きを。
先月初めに記事にしたじゅんぺいを再訪しました。
目的はとんかつです。
この店のとんかつ定食は松(250g)と竹(200g)の2種類があって、ここは是非松をと思っていたところでしたが、実はこの前にも一度とんかつを食べようと行ったことがあって、そのときは開店早々に入ったのに竹はできるけれど松はないと言われてまたの機会にしようと店を出たことがあります。
それではとあらためて今回再訪し、開店と同時に入ったのですがまたもや松は品切れとのこと。
訊くと肉の仕入れの関係で月曜日と木曜日なら食べられると思うけれど、週末だとほぼ食べられないとの話です。
旭川から車で30分かけて行って今回も食べないというのもな・・・と思い、竹を頼むことにしました。

とんかつ定食(ロースかつ)竹 200g(1,370円)です。

junpei-tktst1.jpg

ロースかつ、ライス、みそ汁、サラダ、それと前回紹介した海老丼と同様で辛子茄子の構成です。

-- 続きを読む --
2017/10/13 Fri. 07:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

BIEI CAFE 小麦畑と青い池(上川郡美瑛町字白金 ) 

旭川はすっかり寒くなってきてソフトクリームって感じではなくなりつつありますが、もう一軒美瑛のソフトクリームの話を。
と、言うか実はソフトクリームネタがまだまだ残っています苦笑
今回は先月末に行った小麦畑と青い池。略してコムイケと言うそうです。
場所は店名どおりで青い池の近く、美瑛市街から車で青い池へ向かう途中にあります。

ソフトクリームの他、美瑛サイダーやフライドポテト、コロッケ、ソーセージなんかの美瑛町の食材を使った軽食を扱っていますが、このときは昼食後なのもあってソフトクリームを食べるだけにしました。
ソフトクリームは通常のものとハスカップのソースがかけられたものとあって両方いただくことに。

まずはびえい牛乳ソフトクリーム(350円)

kmik-bgsc1.jpg

kmik-bgsc2.jpg

巻き方が残念ではありますがそれはまあ置いといて、びえい牛乳を使ったソフトクリームで、フリーザーはサンヨー、コーンは日世のワッフルコーンになります。
シャリっと結構固めな食感で、あとはサンヨーの特徴だと思うのですがかなり冷えています。
味わいは後味に牛乳っぽさが感じられるもので、なかなか美味しいと思います。


もう一つ、美瑛ハスカップソフトクリーム(370円)。

kmik-bhsc1.jpg

kmik-bhsc2.jpg

びえい牛乳ソフトクリームに美瑛産ハスカップのソースをたっぷりかけたものになります。
大粒の果肉も入った煮詰めたような濃いめな味わいのソースで、固めな食感のソフトクリームとも合っていると思います。
ベリー系の果実味と酸味が美味しく、これはかなり気に入りました。

以上です。車で前を通ったのでちょっと覘いてみようと立ち寄っただけでしたが、意外に美味しいハスカップのソフトクリームを食べることができました。


kmik2.jpg

kmik3.jpg

kmik1.jpg

折角なので綺麗な色の美瑛サイダーや、そのうちの青い池をイメージした青いサイダーにソフトクリームを浮かべた青い池サイダーフロートなんかも食べてみようかなと思いましたが、昼食後なのもあって見送りました。
ハスカップはまた食べたいので来年かな?また立ち寄ったら他のものも食べて記事にするかもしれません。
2017/10/12 Thu. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

美瑛放牧酪農場(上川郡美瑛町字新星) 

昨日記事にしたファームレストラン千代田での昼食の後、折角美瑛まで来たので気になる店へ寄ってみることにしました。

株式会社美瑛ファームが運営する美瑛放牧酪農場、場所は新星の酪農地帯の中、千代田ファームからだと車で10分~15分くらいと言ったところでしょうか?
工場に併設されたカフェでソフトクリームの他、牛乳や飲むヨーグルト、ミルクプリンなんかをいただくことができます。
目当てはソフトクリームで、ここではジャージー、ブラウンスイス、ホルスタインの3種の生乳を使ったソフトクリームで、更にコーンも自家製というのが気になっていて、機会があれば一度食べてみたいと思っていたところです。
そのソフトクリームですが自家製コーン(400円)の他、カップ(360円)、ミニカップ(250円)が選べます。

今回は勿論ソフトクリーム 自家製コーン(400円)を選択。

bhbrnj-sc1.jpg

bhbrnj-sc2.jpg

bhbrnj-sc3.jpg

フリーザーはカルピジャーニの新しい型のもの、それになかなか見られない自家製のワッフルコーンを使用しています。
生乳と砂糖のみで作られたソフトクリームはかなり高めのオーバーランで軽めの食感、甘さは控えめで後味に牛乳感はありますが、あっさりめの味わいです。
ジャージーとブラウンスイスを使っているということでかなり濃厚なものを想像していたのがあるからかもしれませんが、質の良さは感じられるもののインパクトに欠けて期待外れな印象です。

ワッフルコーンは美瑛産の小麦と牧場で作られたバター、生クリームを使用していて、手焼きのため数量限定とのこと。
自家製らしく、厚めの生地で甘さがあり美味しいのですが、手焼きのワッフルを巻いたものなので底に穴が開いていて、早く食べないと溶けたソフトクリームが漏れてくるので要注意です。

美瑛町は以前紹介した丘のミルジェや前回のファームレストラン千代田、あとは変わり種で青い池ソフトなど、美味しくてインパクトも強いソフトクリームが結構あるので余計に印象が弱く感じられてしまうかもしれませんが、勿論美味しくない訳ではなく、軽めで甘さが控えめながらも牛乳らしさが感じられるソフトクリームに食べ応えがあって単独でも美味しいコーンと、この店も悪くないかと思います。


bhbrnj2.jpg

bhbrnj3.jpg

bhbrnj1.jpg

今回はソフトクリームを食べただけですが、ここでは牛乳やバターなんかも販売しています。
なかなか行く機会がない場所ではありますが、そのうち低温殺菌の牛乳も飲んでみたいところです。
2017/10/11 Wed. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit